商売あがったり

0

    めいのやっちまっただ
    じゅんきとなっつと、私の4人でびっくりドンキーにやってきました。おいしくハンバーグをいただき、デザートまで食べ、まったりしながら、元気はいつ結婚するんだろうという話になりました。すると、めいが、「結婚したらいいさ。家族ができたらいい歌いっぱいできるよ。そしたら商売あがったりだ〜。」とおもいっきりの笑顔で言ってから、「あれっ、それはだめか?う?私って本当にことばしらないんだわ」と、ゲラゲラわらいだしました。何を、言いたかったのか、よくわからないでいると「あがるんだからいいんだと思ってた。」と言いながら、輪をかけて笑い転げています。なんと娘は「商売あがったり」が、あがるからいいいいことなんだと思っていたのです。そんな娘をもった私に私は「あがったりだー」と心のなかでさけんでいました。


    りかこのやっちまっただ

    0

      りかこのやっちまっただ

      明日、福島の子ども達がやってきます。
      なんだかんだ夜までバタバタと準備をしていました。
      私は明日のウエルカムパーティーの景品をドン・キホーテに買いに行き、TSUTAYAで「フォークダンスの曲の入っているCDありませんか?」と聞くと、フォークソングのコーナーに案内されました。...
      10時半ごろ家に帰ると、まだみんな起きていました。
      りかこが「さぁ、きりないからみんな寝るよ〜」と声をかけた途端、突然、パーンという音と「キャー」という悲鳴がしたので、振り返ると、粉まみれのりかこが立っていて、笑いながら「小麦粉持ちながら、虫をたたいたら粉まみれになったぁ〜」と笑っています。そして、今度は「あれ〜、昨日もしょうが買ったのに今日も買って来ちゃった〜、それも大きいやつ〜。大事な炭としょうゆは忘れるし〜」と叫んでおります。
      福島キッズ大丈夫か〜!

      P7262881.jpg


      めいのやっちまっただ

      0
        めいのやっちまっただ

        りかこは、恥ずかしすぎるから書かないでと懇願していましたが、どうせりかこは読まないので書きます。

        それは、りかことめい夫婦と4人で、久しぶりにジンギスカンを食べていた時です。もうすでになんの話からその言葉がでてきたのかも思い出せないのですが、めいが「それは、ノープログレムだよね」と言いました。一瞬、みんなの箸が止まって、顔を見合わせると「あれ、違った?ノー、ノー、ノープログラム!」と答えました。こうなるとみんな意地でも正解を言いたくなくなります。「試しに、もう一度言ってみ」と私が言うと、「えーっと、ノー、ノー、ノープログ、プログ・・・・ロム!」と答えます。みんな、なにも答えず、首を降るだけです。すると「ノー、ノープロブ、ブ、ブ・・・ラム」になり、全員ドリフのコントのようにずっこけました。そして、その後も様々な組み合わせが4、5個並べられ、みんな半ば興味を失いかけている時、めいが、大きな声で、自慢気に「ノープロブレム!」と答えました。私は、心の中で「問題ありすぎだろ」と突っ込んでいました。ちなみに、言葉の意味を知っているかどうかは怖くて聞けませんでした。

        10/9 あっ!! 車が落ちる

        0
           おとじろうのやっちまっただ

          今日、ある理由があり、
          私を含め3人でキャラバンに乗り込み近くの池を見に行くことになりました。狭い用水路の脇の道を通り目的地で用をたし、帰ろうと思い、車をバックさせました。後を見ながらバックしていたのですが、突然、ズルッという感覚と共に車が横に滑ると右側に大きく傾きました。『あっ!!』と叫んだ3人は反射的に体を左側に倒しました。ズルッと滑ったその下は、深さ2m近い用水路となっております。もし、万が一落ちれば、確実に車の大破と共に大怪我の危険性もあります。3人は、、振動を与えないように左のドアを開け、左に身体を倒したまま、そろりそろりと逃げるように降りました。
          これがその時の状況です。
          DSC_0735.jpg
          別な車で引っ張り出すことも考えましたが、変な力がかかる横転すらしかねない感じです。ここは、プロに頼むことにして、保険会社のロードサービスに電話をしました。
          そして、1時間後に来たのは、パジェロとユニックです。先ず、パジェロが前に引っ張り出すため、キャラバンの前に停まり、牽引しました。すると、後輪がズルッとさらに横に滑りました。
          「ダメ、ダメ、ダメ」と、運転していた作業員の方が降りてきて、今度はユニックで吊り上げることになりました。
          これが、前方から見た感じです。

          DSC_0736.jpg

          それからは、お手並み拝見とばかりに作業を前から見学です。
          DSC_0737.jpgDSC_0741.jpg

          前輪にロープを引っ掛け持ち上げます。
          DSC_0742.jpg そして、今度は後輪にロープを引っ掛けます。
          DSC_0743.jpgDSC_0744.jpg
          そして、見事に道路に戻りました。
          DSC_0745.jpgかくして、保険の無料ロードサービスの範囲を超え、4万2千円を支払うことになりましたが、危機を脱出することができました。
          良かった。良かった。でも、お財布には痛かった。


          仕事がおわり、カワゴンが、モバイルハウスの戸や窓を作り終え、「それでは失礼します」と外へ出て行きました。そして、すぐピンポンと音がして、玄関に出るとカワゴンが「やっちまいました〜〜。
          バッテリー上げてしまいました〜」と立っています。これは、サービスを呼ばなくても大丈夫です。さっそく、家の車のバッテリーにつないでエンジンをかけました。これは『カワゴンのやっちまっただ〜』ですが、なんとも「かわいい」そして、「いたくない」やっちまっただ〜に思えました。





          9/19 りかこのやっちまっただ3連発

          0
             昨日、おとといと、今まで念願にしていても行けなかった『新得空想の森映画祭』に、私たち2人と若い子4人の6人で行ってきました。
            DSC_0607.jpg
            そのこともいろいろと書きたいのですが、最近は『りかこのやっちまっただ』がなくて淋しいという話を小耳に挟んだので、今日は、『りかこのやっちまっただ』3連発でお送りします。


             りかこのやっちまっただその .ギ

             ある朝、カワゴンがやって来て、「車を移動するのでカギを貸して下さい」と言いました。「あっ、ちょっと待ってて」と言いながら、玄関にいるカワゴンを後にして、部屋に戻って行き、「あら〜、どうしてないんだ」と言いながら、あちこち捜し始めました。「昨日履いてたGパンのポケットに入ってるはずなんだけど」と言いながら、1階の事務室に居る私にまで「かぎ知らない?」と聞いて、又玄関に戻って行きました。「おかしいなぁ、Gパンどこかしら」と言いながら、「昨日のGパン家中捜してもみつからない」と玄関に現れたところで、カワゴンに「まさか、履いてませんよね?」と聞かれ、ポケットをさわり、突然ケラケラ笑い出したそうです。そうです。昨日履いてたズボンを又今日も履いてただけだったようです。その話を聞き「先ず、ポケットさがさんかい」と、私は心の中で突っ込んでいました。
             そして、2発目は、その同じ日のことです。


             りかこのやっちまっただその
             針


             りかこが、階段をトントントンと降りてきて、1階の工房ぞうさんの事務室兼縫製室に降りてきました。縫製担当のB子さんが、たまたま針に糸を通そうとして、苦労していました。同じ『ROU眼』で、その悩みがわかるりかこは、「あっ、『ROU眼』の人でも簡単に糸が通せる針があるよ。この間買ったんだわ。もってくるかい?」と言いました。「いや、大丈夫。なんとかなる」とB子さんが言ったのですが、「いや、持って来てあげるわ」と言ってトントントンと2階に上がって行きました。私は「どんな針なんだろう」とちょっと楽しみに待っていると、又トントントンと階段を降りてきてケラケラ笑いながら「ごめん、なかった。」と一言。「えっ、ないの」と私が言うと、「そう、ない、やっぱり買うのやめたんだった」ときっぱり。私は「『ある』『ない』はともかく買ってないんかい!!!!!ちょっと期待した私とBさんのあの一瞬の気持ちを返せ〜〜」と、思い切り、心の中で突っ込みました。


             りかこのやっちまっただその つけとろ

             それは、おとといの新得町での出来事です。せっかく新得に来たのだから、おそばを食べようということになり、地元の人に紹介されたそば屋さんへ行きました。6人でテーブルに着くと、さっそく店員さんが、暖かいお茶を運んできてくれました。ありがたく、そのお茶をすすって、ひとごごち着くと、なんとなくみんなで話をしていました。しばらくすると、店員さんが、又やって来て「お茶のおかわりはいかがですか?」と聞いてくれたので、「お願いします」と言い、のどの渇いていた私は、おいしくいただきました。その後も「お客様は?」と次々とみんなに聞いてゆき、それぞれ断ったり、頼んだりした後、最後に、りかこに向かって「お客様は?」と店員さんが聞くと、間髪いれずに、りかこが「つけとろ!!」と自信満々に言い放ちました。それまでの和やかな空気が「えっ」と一瞬凍りついた後、みんなで大爆笑です。間違っては、いないんです。何を頼むかを一番真剣に考えていた証ですから。それにしても、「なんも話を聞いとらんのかい。」と私は心の中で突っ込んでいました。それからしばらく、みんなで『つけとろ!!』で盛り上がりました。今度らいるに来た方は「コーヒーのおかわりはいかがですか?」とりかこに聞かれたら『つけとろ!!』と答えてみて下さい。
             
            ちなみに『つけとろそば』とは、とろろにおそばをつけて食べるおそばです。

            1

            links

            profile

            書いた記事数:1907 最後に更新した日:2017/07/01

            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << July 2017 >>

            categories

            selected entries

            archives

            recent comment

            recent trackback

            • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
              io-nakano
            • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
              ほっとする居場所
            • 12/28 ぞうさんの最後の納品した車椅子
              知識陣 健康

            search this site.

            others

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM