豚丼とビールと新しい命

0
    娘の出産

    豚丼とビールと新しい命
    りかこ記

    来たよ、来たよとにゅるっと顔が現れた。なんてきれいな顔なんでしょと思っているうちに、全身が出てきて、二人が受け止め合っている。おちんちんついてる!という声が聞こえてきた。どうやら無事に産まれたよう。
    朝7時半頃、「明け方3時頃から陣痛が始まった」と電話が入った。もう10分間隔だというのでこれはすぐ行かねばと焦った。今日は小ぴ。先ずはかわごんに事情を説明し、一日をかわごんが引き受けてくれた。有難いな〜と思いながら湯本家に音次郎と向かった。車に乗りながら色んなことが頭を駆け巡る。朝ドラ最終回なのに...今日の小ぴ大丈夫かしら?ひょっとしたら小ぴ始まる頃に産まれるんじゃない?とか。着いてみると、本物の陣痛じゃないかもしれないからもう少し様子をみることにしたという。なんだなんだ焦って損したわ〜。じゅんきがお休みの分、小ぴに励みましょう!と気持ちを切り替え家に戻った。

    お昼頃、二人が現れた。ずっと10分間隔の陣痛が続いているという。気が紛れるならここにいたらいいさ。お母さんたちと談笑するめい。こどもと遊びながら、なんだか落ち着かない感じのじゅんき。飯炊き名人が炊いてくれたご飯を感激しながら食べ、時々「イテテ」としばらく痛みに耐えてはまたおしゃべりを繰り返すめい。そんなことをよそに、小学生達は遊んでいる。こどもやお母さん達と外で過ごしている娘を見ながら幸せなお産だな〜と思う。夕方近くなりいよいよ痛みも本格的になり自宅に戻る二人。

    小ぴが終わり、晩御飯の材料を持って湯本家へ向かう。さてさてこれからどうなるのか、少しドキドキしてきた。明日は満月らしい。やはりこんな夜に新しい命は産まれて来やすいのか?湯本家に着くと、めいはまだ余裕ある表情。先ずはご飯の準備にとりかかると、助産師の高槻さんが現れる。ちょっとほっとする。めいの状態を診て「まだしばらくかかるから焼肉でも食べてきたら?」というアドバイスにびっくり。半分行きかけたがなんとなく時間が過ぎてしまった。結局家で食べることになり、音次郎と買物へ。豚肉と生姜を買って豚丼じゃ〜。急いで作って、さあ召し上がれと一口入れたかどうかというところでもうだめだと布団に向かう。ついにきたかと思うにつれ、めいの声が大きくなり、騒がしくなって行く。めいらしいな〜。お産は半端ない痛みだから、それを乗り切る方法を見つけておいた方がいいよとアドバイスしたが、そんな話には耳を傾ける感じもない娘。なんだか脅かしているようで悪者っぽい。ひょっとしたら案外軽く乗り切るのかもと思ったりしていたが、そう甘くはないようだ。「どうだまいったか」と意地悪い気持ちが浮かぶ。ひどい母!

    痛みがどんどん強くなっているのか、叫び声がどんどんけたたましくなっている。先ずは高槻さんにお任せしよう。めいが食べられなかった豚丼を口にした。そういえばお腹がすいていたんだ。食べているうちになんだかビールが飲みたくなり、近くに住む弟にビールを持ってきてもらう。一人でビールを空けながら今週も無事終わったな〜と一息。めいの雄たけびがずっと響いている。高槻さんが「子宮口はまだ3センチ」だと告げるまだか〜。もう一本ビールをあける。ウソ〜なんでこんな時にビール飲めるのかな〜?ビールを飲むなんて思いもしなかった。めいの「痛い、痛い」の叫びが増している。そろそろか...高槻さんが調べるが「まだだね」とシビアな一言。台所に行き高槻さんに「どうですか?」と尋ねると、「まだ子宮口6.5センチです。緊張強くてなかなか開かないかも...どうしたらいいかな〜」ありゃま〜そんなに力入れすぎたら後が続かないよと心の中でつぶやく。

    叫び続けるめいを抱き抱え、「そうか痛いか、痛いよな〜。大丈夫だ、大丈夫だよ。こつぶも頑張ってるよ」と一生懸命受け止め、励まし続けるじゅんき。その介助ぶりは素晴らしい。まさに理想の夫!こんな夫がいるんだね〜。めいの力一杯の叫びと同じように、力一杯受け止めるじゅんき。なんて素晴らしいんでしょう。高槻さんがめいの足にテルミーをかけだした。思わず私もめいの体をさすりだした。高槻さんにテルミーを渡され片方の足にテルミーをかける。「太い足だな〜」とフッと笑いそうになりながらテルミーをかけ続ける。高槻さんが場所を離れようとすると「行かないで!」と叫ぶめい。これはもう私が高槻さんの助手になるしかないと高槻さんの指示で動き回わっていた。窓越しの月明かりがなんともキレイだ。

    夜中0時が過ぎた。気づくと静かになっている。いつしかめいは我にかえっようにこつぶを迎えるための態勢に入った様子。二人抱き合いながら「もうすぐだよ」と声をかけ、呼吸を合わせている。もうすぐ会える気がしてきてわくわくしてきた。20分位たっただろうか。頭がちらっと見えたと思ったら顔がにゅるっと現れた。「きた、きた、きたよ〜」さあもう少し。全身が現れて、じゅんきが受け止めた。あ〜ついに来た。やってきましたね〜、ついにこの世の中に。じゅんきとめいで喜びに浸っている。めいがイロイロと落ち着くまで赤ん坊は裸のまま、じゅんきの胸に肌を合わせて2時間ほど静かにしていた。きっと幸せだろうな〜。めいが産まれた後、親子3人で過ごした神聖な時間を思い出していた。これからこの家族も新しい時代が始まって行く。「頑張れ〜」。

    朝方4時頃、薄暗い中、自宅に戻った。「なんだか不思議な位感動しないね、どうしてだろう?」と話しながら家に着いた。お湯につかって、布団にもぐり込んだ。「やれやれ、無事終わった」。それにしても感激とか、感動とかの感情が湧かない。何故?ただそこに新しい命があるという事実だけ。
    「新しい命がそこにある」。私達夫婦の元にも20数年程前にこども達が二人やって来て一生懸命共に生きた。いつの間にか巣立って行き、私達夫婦は老いて行く。若い夫婦の下に、またこどもがやって来て必死に生きて行く。そうやって命は繋がれて行くのですね。20数年前、「こんな時代にこどもを産んでいいのだろうか」と思った。今またこんな時代にと思うかもしれないが、どんな時代も子を産んで育てるという営みはかけがえのないこと、自然なことなのだと思う。どの時代も若い人達が新しい時代を切り開いて行き、そこに希望がある。この新しい命と共に始まる新しい物語を深く深く味わって行こう。この春からぴっぱら周辺で新しい命がたくさん産まれた。この小さき人達をみんなで育んで行こう。感動がなかったと思っていたら、何日かしていろんな場面が甦ってきて、「楽しかったね〜」と夫とつぶやき、一部始終を思い出しては笑った。そんな時間を共有させてくれてありがとう。たった一人の赤ん坊が周りを幸せな気分にさせてくれ、私達親と子をまた繋げてくれる。小さな君達はなんて大きな存在なのでしょうね。

    12033043_809550529163965_2265367472764862105_n.jpg12031991_905680172844491_2167066064846609010_n.jpg
     

    『写真』撮ってもらいたいんだけど

    0

      おとじろうの娘の自宅出産体験記

      『写真』撮ってもらいたいんだけど

      おとじろうに『写真』撮ってもらいたいんだけど」とめい。「いいよ」と私。「いいカメラ欲しいんだよね」とめい。「よし、じゃぁ、オトジが出産祝いに買ってやるから、カメラは自分で決めろ」と私。「赤ちゃんが出てくるとこを撮ってね」とめい。「いや、それはいやだわ。なんで?」と私。「だって私も見てみたいもん」というめいの屈託のなさにあきれつつ、カメラマンを命ぜられたのは、出産の1ヵ月ほど前の事でした。

      ...

      20年以上前、めいがりかこのおなかにいることが分かった時に、なるべく自然な形で出産にしたいと考え、図書館で「水中出産」など、本をいっぱい借りて読みましたが、当時の旭川では、そんな風に考える人は少なく、「とにかく立ち合いができる病院」を探すのがやっとでした。そして、65歳の助産師さんが自宅の一室を分娩室にした渡辺助産所と出会いました。陣痛が始まり、助産所に着いたとたん破水し、渡辺さんに「あんた拭いときなさい」と言われたり、隣のベッドで仮眠をとる渡辺さんのいびきに「なんか起こすの申し訳ないね」と話したり、「あんた、おなか押して」「あー、もういいわ」「あー、そんな汚い手で触るんでないの」と怒られながらも、生まれ出て泣き叫ぶ我が子に「大丈夫、大丈夫、怖くないよ、怖くない」と、何度も声をかけ、渡辺さんがいなくなってから3人で過ごした夜明け前の神聖な時間は、今もしっかり覚えています。だから、めい達の「自宅での出産」というワクワクする出来事に、『役割』をもらったことはとても嬉しい事でした。

      めいの陣痛が本物だとわかり、助産士の高槻さんを待ちつつ、りか子とじゅんきが湯本家で出産の準備している間に、めいが選んだsonyのカメラをヤマダ電機で買ってきました。めいは時折来る陣痛に顔をゆがませながら、「赤ちゃん生まれるとこ撮ってね」と言います。「いや、だからそれは無理」「なんで?」「だって、恥ずかしいもん。」と答えながら、めいが入った後のお風呂に入ることにしました。裸でお湯につかりながら「恥ずかしいってのはやっぱだめなんじゃないか。めいも希望してるんだし」と突然思い、お風呂を出るとすぐ「よし、俺撮ってやる」と宣言しました。

      湯本家は、台所の他に、リビングとその奥の部屋が主な生活の場となっていて、今回はカーテンで仕切られたその奥の部屋が分娩室になっています。赤ちゃんがまぶしくないように、ローソクが一本立っているだけで、明かりが足りないから動画は無理だとわかり、高感度撮影に設定して写真を撮ろうと思い、あわてて取扱説明書を見ながらのカメラのお勉強を始めました。

      カーテンの向こうからは、めいの「痛い〜、もう無理〜。なにこれ〜」という叫び声が聞こえます。りかこのためにビールを持ってきたりかこの弟が「めいが赤ちゃんを産むなんて、それだけで感動だ」と、突然泣き出しました。めいとじゅんきと高槻さんの邪魔をしないように、本当に出産の時だけ中に入ればいいと思っていた私も、様子を見ておこうとカーテンをめくりました。すると、めいはスクワットの態勢でじゅんきに抱きつき、じゅんきは立ち膝でそれを受け止めながら、「はい、だいじょうぶ。だいじょうぶだよ〜。こつぶも生まれたがってるよ〜」と、ぴっぱらで子ども達に声をかけるように励ましていました。私は、せいぜい手をつなぐか、「ヒーヒー、フーフー」と一緒に呼吸をしながら話しかけるぐらいしかできませんでしたが、寄り添うという意味ではこれ以上ない体勢です。そして、重力を利用した一番産みやすそうな体勢に思えました。

      それからは、私もろうそくのあかりの中、一緒に彼らの頑張りを見守ることにしました。「早く会いたいよ〜、早く抱きたいよ〜」と、めい。「もうすぐだよ。もう会えるよ」と、励ますじゅんき。「あっ、なんかわかった気がする。こつぶに合わせればいいんだ」とめいが言った時、高槻さんが「ほら、これ頭だよ」と言い、めいも手を伸ばし「あっ、これ!わかった!」と叫びましたが、高槻さんが「それ、私の指」と言いました。

      私は、録音機のスイッチを押し、いよいよカメラマンとしての本番に備えます。「誰が受け取るの?」「じゅんきに受け取ってほしい」とめいが言っていると、頭だけが出てきて、口を開け「おんぎゃー」と泣きました。私は、必至でシャッターを押しましたが、暗いは、揺れるは、じゅんきと高槻さんが邪魔だわで、撮れてるのか撮れてないのかわかりません。それでも、へその緒がつながったまま抱きしめるめいと、寄り添うじゅんきのスリーショットとタオルにくるまれる赤ちゃんが、しっかり目を開けてこちらを見ている顔のアップは、我ながらよく撮れたなと思います。

      ろうそくの明かりの中、じゅんきが寝ながら胸に赤ちゃんをのせ、ほっとした様子で見ているめい達に「ほんと、ご苦労様でした」「あんたらえらい」「赤ちゃんの初抱っこは、明日にします」と、心の中で言い、静かに帰ってきました。車の中で、「ローソクの明かりは、赤ちゃんにとって安心なのかもね。あんまり泣かなかったし、目もすぐ開いたね。みんなに見守られての自宅での出産って、ほんといいもんだね」とりか子と話をしていました。

      出産3週間ほどして、めいが「そういえば、私、あの時の写真見ていない」と言うので、みんなでパソコンの前に座り、上映会をしました。そして、そこには、朝駆けつけた時の私達の写真から湯本家を出るまでの貴重な一日が記録されていました。が、出産の最中の写真は、暗い中怪しい儀式をしているようで、「みんなには見せられないね」とめいが言いました。そして、めいがきっと感動するだろうと思っていたその瞬間の写真は、めいの大きなお尻の方がインパクトが強すぎて、沈黙の後、全員が大爆笑をしたのでした。チャンチャン。
      s-12017563_905514866194355_8252258369978854972_o.jpg
       


      娘のめいの所で長男が誕生しました。

      0
        長い間ブログの更新をせず、失礼いたしました。
        9月27日の夜中0時33分42秒!娘の所で、無事男の子が生まれました!
        なんと自宅出産でした。
        感動でした。

        とりあえず、写真をUPします。
        DSCN6057.jpg12017563_905514866194355_8252258369978854972_o.jpg12031991_905680172844491_2167066064846609010_n.jpg12033122_905680186177823_1150682384602624613_n.jpg12036701_905680122844496_8414145480457733938_n.jpg12038155_905680199511155_7655481974720200619_n.jpg12065719_905680092844499_9117172010825438466_n.jpgs-DSC00117.jpgs-DSC00128.jpgs-DSC00135.jpgs-DSC00144.jpgs-DSC00151.jpgs-DSC00175.jpg
         

        ル・マン

        0
           

          PA012646.jpg今日は、どうでもいい話をひとつ

          お昼を食べた後の午後、ぞうさんで働いているA君が、興奮気味に雑誌をみせてくれました。それは、『ハンドメイド バイシクル BOOK』という日本のハンドメイドの有名な自転車を紹介する雑誌です。

          PA012645.jpg彼が、指さすその先には、私が大学に入学してすぐ買って今は物置の奥で眠っている自転車が紹介されていました。
          それは、1978年発売のミヤタの『ル・マンツーリズムLT-550-D』という自転車で、いずれは「アメリカ横断』したいと思って、当時8万円ほど出して買った緑の自転車でした。
          記事を読むと、その自転車を作った人達の想いと技術の素晴らしさが書かれていました。

          二人で、早速、物置に確認しに行くと、まさにその写真と同じ自転車でした。もうすでに、もげてしまった前の泥除けに着いていたライトの後、ボトル差し、後 輪に着くダイナモ、ギアチェンジのシンプルな2個のレバー等々、もうボロボロで古い自転車と思っていたその自転車が、昔乗っていた時の感触と共に愛おしい ものとして、私の中によみがえってきました。

          PA012649.jpg『アメリカ横断』は無理でしたが、通常の生活の足と共に、四国1周、日本縦断、北海道横断、東北縦断等々、苦楽を共にしたことを思い出し、休憩時間には、古いアルバムを取り出して、これが私で、この自転車がこれだよと、思い出を交えて、みんなに夢中で話PA012648.jpg

          していました。

          もう30年以上前の話ではありますが、懐かしく、そして、今の自分を作ってくれたその時代をノスタルジックに、温かい気持ちで思い出しました。


          PA012650.jpg皆さんにとってはどうでもいいことですが、まだ、髪も黒々とし、足の太ももが筋肉でパンとしていた時代の写真を紹介します。

          もう決してやらない、ピースをしながらにこやかに手を挙げているのは、自転車で富士山に登り、

          PA012647.jpgゴールの5合目の駐車場に登り切った時の達成感に満ち溢れた私をとらえた貴重な写真です。

          あ〜、楽しかったなぁ。


          さだまさし 君は歌うことができる

          0
             嬉しい話です。
            さだまさしの新曲『君は歌うことができる』のミュージックビデオに、な、なんと息子のバンド『the Sheep』の写真が登場しました。それも、谷村新司の後です。
            『君は歌うことができる』と認められたようで、すんごい嬉しい。
            観てみてください。1分何秒かくらいのところです。

            荷物からあふれおちたよ母の愛

            0
               
              荷物からあふれおちたよ母の愛 

              朝、りかこから、横浜にいる息子の元気に送る荷物をつめてと頼まれました。
              が、パンパンに詰められた段ボールの蓋がなかなか閉められません。
              中身をみると、ピーマンが入っていました。
              このまま無理をすると確実にピーマンがつぶれてしまうと思い...
              私は断腸の思いでピーマンを5個だけ取り出しました。

              そして、テーブルに転がるピーマン5個に母の愛を感じたというお話。

              P1080170.JPG

              役場の窓口に

              0
                 今日、鷹栖の役場に住民票と印鑑証明を取りに行ったら、なんと役場の窓口に、こんなものが立っていました。それも、3か所ある窓口全部にです。用事があって訪れる人たち全員が、「なんだこれ」と目に入る感じです。誰が立ててくれたのかはわかりませんが、こんなことをしてくれた『人』と、そして、それを許してくれる『鷹栖町役場』に感謝です。感謝の気持ちと「このアルバムだけで終わるなよ!」と祈るような気持ちで、役場を後にしました。
                IMG_20140709_130926663.jpg

                BBR 放送時間: 毎週日曜日 深夜1時05分〜

                0
                   北海道のTV局 HTVの深夜番組 『BBR 放送時間: 毎週日曜日 深夜1時05分〜』の7月のオープニング曲として、息子の元気のいるバンド THE Sheepの『春、はじまり』が、PVと共に、流れています。唐沢寿明の顔のすぐ後に、元気達が出てきました。
                  https://www.facebook.com/suemitsu.manami?hc_location=timeline

                  今日から『大阪ツアー』だそうです。
                  がんばれ〜。

                  【大阪ツアー 3DAYS!】
                   Finalizing vol.13」
                  日程 : 2014.7.8(火)
                  時間 :OPEN18:00 / START18:30
                  場所 : LIVE SQUARE 2nd LINE
                  料金 :前売り¥2,000 / 当日¥2,500 (1drink別)
                  出演 :nicoten、 the sheep、buriki、COLOR LIFE、and more...

                   
                  ◆ESAKA MUSE もうすぐ10周年COUNT DOWN -6-」
                  日程 : 2014.7.9(水)
                  時間 :OPEN18:00 / START18:30
                  場所 :江坂MUSE
                  料金 :前売り¥2,000 / 当日¥2,500 (1drink別)
                  出演 : the sheep、PICKLES、アルコサイト、and more...
                   
                  「GLAD TO SEE YOU」
                  日程 : 2014.7.10(木)
                  時間 : OPEN18:00 / START18:30
                  場所 : 心斎橋FANJ
                  料金 : 前売り¥1,800 / 当日¥2,300(+1drink ¥600)
                  出演 : the sheep、ピーターパン・シンドローム、辛子明太子、ノノ、バウンダリー
                  ロコビッチ&DEAL OF CLOWN&Resistance To Infectionリリースツアー
                  日程 : 2014.7.12(日)
                  時間:OPEN17:00 / START17:30
                  場所 : 柏DOMe[千葉]
                  料金 : 前売り¥2,000 / 当日¥2,500(+1drink¥500)
                  出演 : ロコビッチ、DEAL OF CLOWN、Resistance To Infection、FARWELL、Blank.、
                     BEANSPROUTS、the sheep

                  「BLUE LAND」
                  日程 : 2014.7.14(日)
                  時間:OPEN18:30 / START19:00
                  場所 : 晴れたら空に豆まいて[代官山]
                  料金 : 前売り¥2,300 / 当日¥2,800(+1drink別)
                  出演 : the sheep / MARI / ねこね、こねこね。/ natural mountain

                   
                  「Re:Re:Listen!!」
                  日程 : 2014.7.30(水)
                  時間:OPEN17:30 / START17:30
                  場所 : LIVE labo YOYOGI[代々木]
                  料金 : 前売り¥2,000 / 当日¥2,500(+1drink¥600)
                  出演 : Nuchi / arrival art / THE SALA / ÷1 / the sheep / and more...
                  O.A:YU-NA

                  息子の元気のいるバンド『the Sheep』のライブ情報

                  0
                     明日15日 東京代官山「晴れたら空に豆まいて」
                    6/17 札幌mole
                    6/18 札幌サウンドクルー
                    6/19 札幌duce
                    6/20 タワー札幌ピヴォ店にてインストアライブ
                    6/22 鷹栖町ハレバレパレット
                     よろしくお願いいたします




                    act:
                    the sheep(沖縄)

                    なんか生き方に不器用そうだし、はっきり言って全然かっこよくないけど、
                    なんかやたら楽しくて、一生懸命で、友達にしたくなるやつ。
                    日本の最北から最南の大学にやってきた元気を中心に
                    「どこか温かくて、どこか懐かしい。」個性的な4人が集まったアットホームバンド。

                     2011年8月に大学が一緒の元気と末光、
                    ネットのバンドメンバー募集で知り合った仲嶺でthe sheep結成。

                    2012年2月に下地が加入し、4人で本格的な活動を開始する。
                    宜野湾や那覇を中心にライブ活動を続け同世代を中心に注目され始め、
                    11月には自主制作のCD「SheepS」をライブ会場限定で発売、
                    レコ発イベントで120名を動員する。

                     12月に行われた、沖縄au主催のauオキナワミュージックグランプリにて
                    グランプリを受賞。
                    その副賞として同イベントの審査員長でもある音楽プロデューサー亀田誠治氏の
                    プロデュースで沖縄auのCMソングとしてレコーディングを行なう。
                    この夏でソールドアウトとなった自主制作CDに続く初のアルバムを2014年春の
                    全国リリースを目指して現在レコーディング中。

                     都会的とかハイパー感とかまるで無し。
                    デジタルな匂いもパワフルな暑さもカリスマ的な世界もまるで無し。
                    どこにでもいる不器用さ丸出しで生き方にも恋愛にも不器用。
                    そんな4人組が紡ぐ歌。
                    だけどひたむきで一生懸命なメロディーは、あれ?何だか心に染みてきます

                    3/26 CD手に入りました

                    0
                       親ばかですが…
                      息子がやっているバンド、『The Sheep』のアルバム 『春、はじまり』を旭川のイオンのタワーレコードに注文して2枚手に入れました。本来なら100枚くらい買って、欲しい皆さんに配りたいところですが、それでは息子のために良くないと思い、グッとこらえました。
                       TSUTAYAでも、タワーレコードでも、注文すれば手に入ります。amazonでも注文できるようですが、誰かの「アマゾンで買ったら、税収は日本に入らないんだよ」という話を聞いてから、ちょっと躊躇するようになりました。タワーレコードやTSUTAYAで注文して買うと、店員さんが「この歌、ひょっとして人気あるのかい」と思って、店頭にいっぱい並べてくれるようになるかもしれません。注文する際には、「FMで流れているのを聞いて、気に入った」もしくは「HBCで流れているのを聞いて気に入った」と付け加えると、より効果があるかもしれません。旭川のレコード店で買う時には、「旭川北高出身の‥‥」「沖縄auグランプリの‥‥」等々の言葉を添えていただきますと、さらに効果が増すと思います。
                       ちなみに、なんと旭川の「こども冨貴堂」に注文して、買うこともできることが判明いたしました。元気の歌が、小さい時からお世話になっている「こども冨貴堂」さんの売り上げにいくらばかりかの貢献ができるとしたら、こんな嬉しいことはありません。私は、とりあえず10枚こども冨貴堂に注文してしまいました。
                       とにかく、買い方はいろいろです。みなさまよろしくお願いいたします。親ばかは親にしかできない」という言葉を胸に、
                       ほんと、親ばかで申し訳ありません。
                       
                      P1190121.jpg

                      P1190124.jpg

                      先日、仕事をしていたら、突然、ハレバレパレットの話が出てきました。カワゴンが『ハレバレパレット』の宣伝のために、HBCラジオで収録してきた番組です。慌てて、スマホで、動画で録音しましたので、ユーチューブにUPしました。録音最中に、テーブルの上に置いていたので、画面が真っ暗になったり、電話がかかってきて、音が小さくなったりしますが、後半に、工房の窓から見える雪の映像や、工房の中の様子も少しだけ映っていますので、よかったら見てみてください。
                      ちなみに、カワゴンは、放送日のことをすっかり忘れていて、りかこ達と共に、山の林にぴっぱらの下見に行っていたので聴けませんでした。



                      links

                      profile

                      書いた記事数:1887 最後に更新した日:2017/02/14

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>

                      categories

                      selected entries

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
                        io-nakano
                      • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
                        ほっとする居場所
                      • 12/28 ぞうさんの最後の納品した車椅子
                        知識陣 健康

                      search this site.

                      others

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM