名寄市立短大児童学科

0

    先週の金曜日に名寄市立短大児童学科の学生さん45人が参加した総合実習の合宿で、手品と紙芝居、そして、歌を歌ってきました。かれこれ10数年毎年読んでいただいています。が、原発事故の会った2011年からは、半分の時間で私の作った物語『ぼくは原発君』を読んだりして、『原発』の話をしてきました。
    今年も、6月に福島へ行って聞いてきたお母さん達の話、自分の原発に対する思い、そして、国立競技場の話をしました。
    とにかく、若い人達に考える機会をもってほしいと思っています。
    皆さん、本当に真剣に聞いてくれました。
    その後、女子大生からのFACEBOOKへの友達申請もありました。...

    こういう授業、こういう学校、こういう先生たちが大事にされる世の中であってほしいと心から思います。
    11694741_519185004905453_3946850929058025145_n.jpg11009198_519185061572114_2302538745048182781_n.jpg


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    links

    profile

    書いた記事数:1908 最後に更新した日:2017/08/14

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    categories

    selected entries

    archives

    recent comment

    recent trackback

    • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
      io-nakano
    • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
      ほっとする居場所
    • 12/28 ぞうさんの最後の納品した車椅子
      知識陣 健康

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM