理想の学童保育

0

    北海道の学童保育を紹介する記事が北海道新聞に載りました。
    「理想の学童保育がある」として、『かんたらもっち」のことが紹介されていました。20年以上前に、作った時には『学校が終わったら子供を見る責任は親にある』と言われたり、「子供のいっぱいいる家だな」「なんかのしゅうこか」と言われたこともありましたが、今では社会的に認知され、公的な支援も当初よりはだいぶ増えました。ただ、子供を預かるということではなく、(家庭、学校のほかにもう一つここが自分の場所だと思える場所に」すること、「親たちが、自分たちの子供のための場づくりをする」ことを大切に考えてきました。
    親がいて、子どもがいて、組織があれば、そこで起こる問題は、20年前も今も変わらないなぁと感じています。でも、長いようで短い『子供との時間』、悩みながら楽しみながら、みんなで一緒に場づくりをしていってもらえればと思います。
    今は「長老」というなんの権限もない役に退きましたが、私にとっても大切な場所です。

    13335603_1043343125744861_3204905119913355714_n.jpg

    13418768_1043343145744859_6249813505190577616_n.jpg13346584_1043342975744876_3182457036396121153_n.jpg

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    links

    profile

    書いた記事数:1908 最後に更新した日:2017/08/14

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    categories

    selected entries

    archives

    recent comment

    recent trackback

    • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
      io-nakano
    • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
      ほっとする居場所
    • 12/28 ぞうさんの最後の納品した車椅子
      知識陣 健康

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM