パラパラ祭りとキャンドルナイト

0

    ぴっぱら通信NO343から転載


    じュんき記
    身の赴くままに
       年が明けて、久しぶりに会うこどもたちがどこか落ち着いているように見える。なにがあったんだろう。それはよくわからないけど、4月のはじまりには思いもよらなかった雰囲気を感じる。いや、相変わらずといえばもちろんそうなのだ。落ち着かない時もあれば、それぞれによく笑い、よく怒り、よく泣き、まあみんないたって相変わらずだ。ただ、なんというか、ひとりひとり、くっきりしてきた。芯が太くなってきたとでもいうか。それと、この仲間たちでつくる生活全体の空気が、だいぶ出来上がってきたのだろう。とうとう今年度も、この段階がやってきた。いよいよ始まる、一年間の最終ステージだ。ここからまた、これまでにはなかったようなドラマがどんどん生まれていく。大人もこどもも、自分らしさを開け放ち、身の赴くがままに踊りだすこの季節。さあ、みんなでぴっぱらしよう!共に生きよう。この道を走り抜けよう!

     

      耳を澄ませて
    雪の上にねっころがって空を見ると、びっくりするくらいしんと静かで、なんだかどきっとする時がある。地球はまわってるんだなあ、とか、自分もその一部なんだよなあ、とか、あ、俺の心臓うごいてる、とか。忘れそうになっていたことをはっと思い出すような感じ。そうして、一息ついてるうちに、あー、なんか俺あわててたんだなあ、とか、おこってたんだなあ、とか、そんなことをふと思う。自然の大きさをみれば、人間の騒がしさなんてちっぽけなもんだ。耳を澄ましてみても、遠くの方で覚えのある声がかすかに聞こえるばかり。山も、空も、林もみんなしんと静かで、僕たちの全部をすっぽりと包んでくれている。あー、穏やかだ。周りがやかましいと思ってたのは、自分がやかましかったからなんだなあ。遠くの方でかすかな声が呼んでいる。「じュんきー、あそぼーよぉ!」よし、そろそろ行くか。むっくりと起き上がって、手を振り返す。

    写真は昨年末のパラパラ祭りとキャンドルナイト

    PC224009.jpgPC223998.jpgPC223944.jpgPC223931.jpgPC223903.jpgPC222307.jpg15590529_1497625913599776_3771627356087950942_n.jpg15626327_1497626430266391_8043813265647854126_o.jpgPC222253.jpg15590181_1497626113599756_1473322490844175087_n.jpg15542335_1497626306933070_7612990476912769130_n.jpgPC224048.jpgPC224046.jpgPC224030.jpgPC224018.jpgPC222370.jpgPC222328.jpg


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    links

    profile

    書いた記事数:1887 最後に更新した日:2017/02/14

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    categories

    selected entries

    archives

    recent comment

    recent trackback

    • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
      io-nakano
    • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
      ほっとする居場所
    • 12/28 ぞうさんの最後の納品した車椅子
      知識陣 健康

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM