同じ思いの仲間がいることはやっぱりうれしい

0

    ぴっぱら乳ぴ通信NO29より転載
    同じ思いの仲間がいることはやっぱりうれしい
    めい記
    先日苫小牧にある『青空自主保育 木もれ陽の会』さんに遊びに行ってきました。ここには保育士さんはいなく、乳幼児の子どもを持つお母さん方が主体で運営しています。週に一度、近隣の自然公園や畑などに遊びに行き、みんなで1日を過ごすというもの。私が行った日は、晴れてはいても風が冷たく、普段なら「今日は外で遊ぼうか〜」と言えるような日ではなかったのですが、お母さんも、子どももみんなソリすべりや雪山づくりなど、雪遊びを楽しんでいました。みんな毎週この時間が楽しみで、「こもれびに来たいから子どもを産みたい!」と言うお母さんもいるんだとか。仲間がいるっていいな〜、やっぱり外遊びはたのしいよね〜。子どもたちの力を信頼し、時に見守り、そして一緒に思いっきり遊び、自然を満喫しているお母さん達がいることが、とても嬉しく、勇気づけられる時間でした。
    最近北海道でも東川、中富良野、稚内などなど少しづつ森のようちえんが増えています。「子どもたちの力を信じ、自然の中で過ごすことを大切にしたい」そんな大人が少しづつ増えているような気がします。ぴっぱらに来てくれているみんなも、どんな思いでここを選んでくれたのか、いつかゆっくり話せたらなぁ。
    『青空自主保育 木もれ陽の会』ブログ等あります。よかったら検索してみてください♪

    P1302889.jpgP1302885.jpgP1302879.jpgP1302899.jpgP1302877.jpgP1302874.jpgP1302867.jpgP1302862.jpg


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    links

    profile

    書いた記事数:1906 最後に更新した日:2017/06/13

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    categories

    selected entries

    archives

    recent comment

    recent trackback

    • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
      io-nakano
    • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
      ほっとする居場所
    • 12/28 ぞうさんの最後の納品した車椅子
      知識陣 健康

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM