小学生ぴっぱら通信 第107号より転載

0

    小学生ぴっぱら通信 第107号より転載

    空き地のような場所

    かわごん記

    今年度も新しい1年がはじまりました。新しいメンバーが9名加わり、30名近くなった小学生ぴっぱら。2升炊きの羽窯1つではもうご飯が足りず、羽窯2つを使って昼食を作っています。人数が多いとむかえる大人の緊張感もありますが、それ以上に子どもたちがどんどんつながって、子どもの世界がどんどん広がっていく感触がありました。午後のひと時、H(6年)が一人水たまりで泥をいじっていると、Y(3年)がちょこんと座り泥をこねはじめました。泥をこねていると思ったら後から来た、R(4年)は砂金を見つけると言っている。そこには大人が仕掛ける名前の付くような遊びではないディープな遊びが無数に広がっているようでした。ぴっぱらが子どもたちにとって安心できる『空き地』のような場所になっているようで、とても幸せな気持ちになりました。ゆっくり、のんびりと。只、その世界で遊びこむ。そんな時間を今年度も大切にできればよいと考えています。

    P4154838.jpgP4154828.jpgP4154824.jpgP4154806.jpgP4154805.jpgP4154802.jpgP4154786.jpgP4154779.jpg17952602_10155347769781802_8598482370310194480_n.jpg17523157_10155347764726802_4247338475082537396_n.jpgP4154820.jpg


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    links

    profile

    書いた記事数:1899 最後に更新した日:2017/05/20

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    categories

    selected entries

    archives

    recent comment

    recent trackback

    • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
      io-nakano
    • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
      ほっとする居場所
    • 12/28 ぞうさんの最後の納品した車椅子
      知識陣 健康

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM