9/22ブログ  惴業さよならちんたら演芸会』報告後編

0
    『旭岳に初冠雪』というニュースが ラジオから流れてきました。
    初冠雪とは、「
    を過ぎて初めて山頂に雪が積もって白くなること」です。時期としては、去年と同じで、平年より3日早いそうです。
    ぞうさんでミシンを踏んでいるB子さんが、「又あの白いあいつがやってくる」と言っていました。らいるからもしっかりと確認できました。
    右端に写っている山です。
















    ズームしてみました。

    いよいよですかね。

    そういえば、らいるも朝、薪ストーブに初火入れをしました。

    いよいよですね。




    『原発さよならちんたら演芸会』報告後編
    鷹栖で、陶芸をしているノブ君が、土曜日にらいるにやってきて「ちんたら演芸会で、来た人に幸せの願いを込めて『幸せのぼっこ』を置いていってもらって作品にしたいんですが・・・・」と話をしてくれました。「ありがとう」とは言ったものの、どんなものになるのか、わからなかったのですが、朝何も置かれていなかった広場が、こんなことになっていました。
    おもしろいです。
    午後からは、どんどん寒くなってきました。
    沖縄から、帰ってきて、今回、音響を全てまかされていた松下元気君と、友達の若者二人が、ギターで歌いました。
    照明に明かりも入り、アメリカから帰ってきて、これから全国ツアーを始めるという野村和孝さんとアメリカ人のJulie Hurdさんが演奏してくれました。

    陽も沈んで行きます。
    建物の中では、「なんじゃらほい原発コーナー」ということで、スライドで、原発の問題点と共に、幌延問題などの勉強会をしました。活発な論議もあったようです。




    当麻町在住のトンコリ(アイヌに伝わる伝統的な弦楽器)奏者のOKI(オキ)賛が、飛び入り参加で、歌ってくれました。









    その後、旭川でこれをやってるとツイートしたいので、みんなで写真を撮ろうということになり、記念写真大会となりました。
    いつも、こういう写真を撮り忘れるので、良かったです。






    東川在住のミュージシャン塚田タカヤさんが歌ってくれました。
    東川では、今年の夏『東川町周辺の朝鮮人強制連行・労働について知ってもらおうと、町民有志による「 朝鮮半島と東川の歴史を語る会」が開かれ、韓国・釜山から招かれた朴(パク)さん(91)が忠別川の遊水池建設で強いられた過酷な労働の実態を話し、現東川町長が謝罪をしたそうです。
    そんな話を交えての『森の人〜よ』という叫びは、周りのマンションにも響き渡っていました。
    すっかり、日も暮れ、夜の部です。仕事が終ってからとか、夜しか参加できない人達が、集まってきました。そして、札幌から、前回のブログでも紹介したバイオリニストの睦さんが、「何か協力できれば」とやってきてくれました。





     睦さんは、自分の演奏の後は、江別から来てくれた塚田さんのマジックに合わせて、即興のバイオリン演奏です。生のバイオリンに合わせたマジックは『マリックさん』でもやったことはないのではないでしょうか。
    会場から、参加してもらった子どもにも手伝ってもらい、色鮮やかで、本格的なマジックが『演芸会』らしく盛上げてくれました。
    そして、8時半くらいから、いよいよ最後のバンドの登場です。
    和寒町の『根繋ぎ』という3人組のバンドです。レゲエ、フォーク、民族音楽の混ざり合うサウンドに、みんな体を揺らしながら、楽しみました。
    そのストレートな歌詞とリズムと曲に、私もやられました。

    『根繋ぎ』の演奏の間中、マジシャンの塚田さんは、客席などでバルーンアートをしてくれてました。
    『幸せのぼっこ』にもろうそくの火が入りました。
    東京から旭川に子どもと避難してきているという親子が、「該当放送で『原発さよならちんたら演芸会』という言葉が流れているのに感動してきてみました」と言ってくれました。
    1週間、『買い物公園』の中で「ちんたら演芸会」のコマーシャルが流れていました。『原発さよなら』という言葉が買い物公園に響き渡っていたと考えると、嬉しくなりました。
    『原発さよならちんたら演芸会』をやろうと決めてから、3週間ほども準備期間が無い中、いろんな人の温かい想いがいっぱいつまった催しになったと思います。

    私も、朝のぎっくっり腰もなんとか乗り越え、最後まで進行をつとめおえました。


    全部終ったのは、夜9時10分位。それからの片付けは、あっという間でした。私は、指図するだけでしたが・・・・・。

    今回、COCODEの催しは、初めてでしたが、係りの方も、とても親切に色々なことに対応していただき、又、なんと、プロジェクターもスクリーンも借りたのに、使用料は4000円でした。

    マイクとマイクスタンドを借りたところのマスターも「ボクも昔から原発には断固反対だったんだ」と言って、無料で貸してくれました。

    フリーマーケットやパフォーマーとして参加してくれた皆さん。そして、影になり、日向になり支えてくださったみなさん。本当にありがとうございました。
    人数的には、東京の6万人には、かないませんが、いろんな新しい種がまかれた催しに出来たような気がします。

     私は、早く腰を直したいと思います。

    9/22ブログ◆,蕕い襪離瓮縫紂爾發△蠅泙后

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    links

    profile

    書いた記事数:1908 最後に更新した日:2017/08/14

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    categories

    selected entries

    archives

    recent comment

    recent trackback

    • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
      io-nakano
    • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
      ほっとする居場所
    • 12/28 ぞうさんの最後の納品した車椅子
      知識陣 健康

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM