12/4ブログ 全てが結果ありきと経団連会長

0
     東京電力の福島原発事故調査の『中間報告』が出ました。

    報告書の詳細は読んでいませんが、『全てが結果ありき』です。

    その結果とは
    地震によっては壊れていない。
    想定外の津波が全ての問題
    想定外のものだから東京電力に責任はない。
    事故後の対応は、東京電力は一生懸命できる限りの事をやったから問題ない。
    事故後の対応は、国と一体になってやっていたのだから東京電力には問題ない。

    といったところでしょうか。
    こういった『結果』を導くためには、数々の疑問や謎は無視しても、夏休みの宿題をいい点を取るために、一生懸命作文を頑張って作ってきました。という風にしか感じません。

    原子炉を設計した田中三彦さんが、東電の発表した資料を基に「福島第一原発は、地震で壊れた」という論文を『科学9月号岩波書店』と『週刊エコノミスト7/11号毎日新聞社』に載せています。まだちゃんと読んでいませんが、読みたい人は私のところにあります。

    原子力発電に関しては、事故前から『全て結果がありき』が進んできました。その最たるものが『原子力発電所は安全だ』という結果です。全てが、そこに収斂(しゅうれん)していった結果の福島原発事故であったと思います。

    その事も含めての反省がなければ、誰も、何も信じないということにまだ気付かないのでしょうか。もういい加減にして下さい。

    そして、経団連会長の米倉弘昌さんは原発事故後すぐに「1000年に1度の津波に耐えているのは素晴らしいこと。原子力行政はもっと胸を張るべきだ」と言いました。これは、北海道新聞しか報じなかったと後から知りましたが、私は、新聞を見たときにあきれ返って開いた口がふさがりませんでした。

    これこそ、『結果ありき』の思考しか出来ない人の愚かさを現しています。こんな人が、日本の経済の行く末の中枢で権力を握っている事に恐怖を感じます。私達は、一体どこへ連れて行かれてしまうのでしょうか。恐ろしい事です。


    関連する記事
      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      links

      profile

      書いた記事数:1908 最後に更新した日:2017/08/14

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>

      categories

      selected entries

      archives

      recent comment

      recent trackback

      • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
        io-nakano
      • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
        ほっとする居場所
      • 12/28 ぞうさんの最後の納品した車椅子
        知識陣 健康

      search this site.

      others

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM