田植え

0
     田んぼちゃんプロジェクトの田植えをしました

    たんぼちゃんプロジェクト詳細はこちらhttp://blogs.dion.ne.jp/radica/

     今日集まったのは総勢7人、先ずは、田植え靴の話。これが、田植え靴です。去年は、泥の感触も味わいたかったので、裸足でやりましたが、さすがに痛かったので、『田植え靴』という専用の靴を買いました。これは、非常に軽いのとゴムがやわいので、右の写真のように、ゴムバンドで締め付けると田んぼの中で、脱げづらくなります。私のは2980円のものでしたが、さすが小川君のは(下記写真)、7000円くらいするもの。

    何が違うかというと、中が蒸れないような構造になっているそうです。それと日本製です。去年の稲をみんなで確認して、こんなになるんだと意欲を高めました。



     
    一番小さい面積の田んぼは、『イセヒカリ』と言い、平成元年に伊勢神宮の神田を襲った2度の台風に耐えて、中央で直立していた2株が新品種であることが認められ、それを増やしていったものらしいです。黄金色に輝くということらしく楽しみです。


    先ずは、お酒を捧げ、みんなで豊作を願います。その後は、早速、一番小さな田んぼにみんなで、イセヒカリを手植えしました。





    みんなで、いろんな話をしながら、笑いながら、なごやかに午前中で、植え終わりました。
    お昼のお弁当を食べた後は、機械で田植えした大きな田んぼの、うまく植えられていないところを手で植えてゆきます。

    補植だから、たいしたことがないような気がしていたのですが、ところがどっこい、土が柔らかくて、深くもぐってしまったところも、植えます。これが、結構あり、又、一度気になりだすと、植える場所が一杯になります。午後は、もうみんなもくもくと手植えです。
    「去年の草取りに比べたらたいしたことない」と言いつつも、ほとんどすることのない、腰をまげた姿勢に、午前中のような和やかな空気はありません。「田植えのかっこうが一番美しい」と小川君にほめられたりかこは、空をピーチク、ピーチク鳴いて飛び回るひばりに「なーに、そんなに鳴いてるの」と何回も突っ込みを入れていました。気がつくとほとんど田植えをしている写真は撮れませんでした。そして、たんぼ1枚は補植できずに残ってしまいました。
    「後は、大丈夫」と言ってもらいましたが、「申し訳ない。」来週は、草取りも始まります。さぁー頑張るぞ。

                                 


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    links

    profile

    書いた記事数:1908 最後に更新した日:2017/08/14

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    categories

    selected entries

    archives

    recent comment

    recent trackback

    • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
      io-nakano
    • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
      ほっとする居場所
    • 12/28 ぞうさんの最後の納品した車椅子
      知識陣 健康

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM