9/23 ロケットストーブワークショップ

0
     昨日の祝日は、ぴっぱらのスタッフが企画した「ロケットストーブワークショップ」が行われました。ロケットストーブは、1斗缶と煙突を使った、小枝などでもお湯が湧ける効率の良い道具です。
    DSC00001.jpg 材料ですDSC00003.jpg
    秋晴れの気持ちの良い天気の中5組の親子が集まりました。
    DSC00006.jpg まず、2個の1斗缶を切り、重ねます
    DSC00010.jpg
    DSC00011.jpg 
     DSC00013.jpg
    DSC00016.jpg DSC00025.jpg

    DSC00028.jpg 朝9時集合で、12時頃には完成していました。 早速、イモを焼いてみました。 DSC00042.jpg

     DSC00045.jpgDSC00052.jpg

    5個のロケットストーブが出来上がりました。全員で記念写真です。
    DSC00047.jpg

    ロケットストーブとモバイルハウスが並びました。
    DSC00049.jpg

    みんながロケットストーブを作っている間、私は、ぴっぱらの小屋の拡張工事をしていました。ぴっぱら小屋とツリーハウスをつないで、屋根を作りました。
    DSCN4335.jpg DSCN4334.jpg
    DSCN4336.jpg

    9/17 オリンピックの勇気と希望とワークショップ

    0
      「オリンピックでこども達に勇気と希望と感動を」という言葉に違和感を感じていました。オリンピックを観て、『勇気と希望』を感じる子どももいるかとは思います。が、多くのこども達にとっては、所詮テレビなどの世界でしかないのだと感じます。

      自分自身が、ワクワクしたり、ドキドキしたりして、それを乗り越えた時に感じる『勇気と希望と感動』に勝るものは、ありません。あるいは、親や兄弟、身近に感じられる大人のそれも、『勇気と希望と感動』を与えることになるのだと思います。

      日曜日は、朝から、もりのようちえんの若いスタッフ達が、次週行う『ロケットストーブのワークショップ』に向けての『ロケットストーブ作り』をしていました。
      RIMG0023.jpg RIMG0027.jpg





      RIMG0028.jpg  RIMG0029.jpg

      そして、その後、江丹別でアースバックハウスを作っている吉田鉄平君たちが
      足場と単管を借りに『ぞうさん』にやってきたので、届けがてらつくりかけのアースバックハウスを見に行ってきました。9月は雨が多く作業がはかどらないと言っていましたが、以前行った時よりも、かなり積みあがっていました。

      鉄筋より丈夫な「土のう」の家 旭川市江丹別で建設中(北海道新聞記事より)
      動画もあります。

      http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki4/492183.html
      IMG_20130825_061238134.jpg  IMG_20130825_061758548.jpg

      IMG_20130825_06135318.jpg IMG_20130825_061101949.jpg

      そして、午後からは、オフグリッドソーラーシステムインストラクターの早川寿保

      さんのワークショップがこども冨貴堂の2階で行われ、行ってきました。
      オフグリッド(独立型)ソーラーシステムとは、電力会社に売るといったことを考えず、
      自分の使うエネルギーのことを自分で実感しながら、自分の手の届く大きさのソーラーシステムを自分で作るということです。
      30人程の人たちが集まり、
      スライドを見ながら、早川さんのいろんな体験、考え方を紹介してもらい、その後実際に配線をつないだりして、そのシステムを組み上げてみました。

      IMG_20130916_153740995.jpg  IMG_20130916_163425582.jpg
      みんな真剣です。
      IMG_20130916_164204197.jpg IMG_20130916_164247599.jpg





      ソーラーで作って、バッテリーに貯めていた電気で灯りが点きました
      IMG_20130916_163359374.jpg IMG_20130916_164537915.jpg
      自分の頭と体を使い、新しいものを生み出すことにワクワクする大人達。そんな大人達の姿と想いを身近に感じるところで、こども達に「希望と勇気と感動」が伝わる、そんなことを大事にしたいと私は思います。

      8/21 アースバックハウス動画

      0
        8月13日に参加した「アースバックハウス」のワークショップの動画が公開されていました。
        面白いので、紹介します。


        6日目のものもありました。
        面白いでしょ。

        12/23 娘に贈るクリスマスプレゼント

        0
           ぞうさんの〇ちゃん(プライバシー保護のため仮名)が、娘のクリスマスプレゼントを作るために、工房にやってきました。その微笑ましい感じをブログに載せようと思って写真を撮り出したら、メイキングになってしまいました。それも、おもしろいので、〇ちゃんの娘へのクリスマスプレゼント製作写真大公開です。
          何になるかも考えながらお楽しみ下さい。
          P1160458.jpg板に絵を書いてきてあったので、それにトリマーで溝をつけます。
           P1160452.jpg
          P1160466.jpg 縁をジグソーで切り抜きます。
           P1160465.jpg

          P1160464.jpg P1160463.jpg





          P1160469.jpg 切り抜いた部分は、ガタガタになっているので、ベルトサンダーできれいに形を整えます(左写真)。
          木の角を丸くするために、ルーターで削って、丸みをつけます。
           P1160472.jpg

          P1160477.jpg ペーパーで表面をつるつるに仕上げます。
          足の方に穴を開け、ダボを埋めます。
           P1160486.jpg
          P1160488.jpgボンドをつけて、以前作ってあった台に差し込みます。
           P1160490.jpg

          P1160492.jpg 台の溝に木を埋めて、その目違いをノミとのこぎりですくって、ペーパーで仕上げました(この部分は、最後の追い込みで時間がなくなり、手伝ったりなんだりして写真がありません)
          そして、出来上がった8個のキリンと、2個の木です。果たして、何になるのでしょうか。
           P1160498.jpg

          実は、ロープでわっかをつくり・・・・・。
          P1160497.jpg 出来上がったのは、輪投げのおもちゃです。
          さっそく、試し投げです。〇ちゃんは、一発でかかりました。
            P1160500.jpg
          私は、2回ほど失敗して、最後に・・・・。
          P1160501.jpgみごとに、輪がキリンさんに入りました。「ヤッター」と思わず叫んでしまいました。
          けっこう楽しいものです。
          娘さんを1時からの人形劇に連れて行かないとならないということで、朝9時半から12時半まで、3時間で仕上げて帰ってゆきました。前回来た時の台作りなどを入れて、全部で5時間くらいの作業でしょうか。

          見事です。

          お正月は、みんなでこれで盛り上がるのでしょうか。これをみた時の娘さんの喜びようは、どんな感じでしょうか。
          「トリマーで、形を作っているとき、線がうねうねしてしまう」と言っていましたが、何枚も作っているうちに、きれいなラインが書けるようになったようです。そのうねうねも含めて、世界に二つとない輪投げです。
          『メリークリスマス』

          10/28 冬に向けての準備 .好函璽岾き ⊂屋の拡張

          0
            雪が降る前の準備が始まっています。
            .好函璽岾き
            工房ぞうさんの薪ストーブを出してきて、工房ぞうさんに代々伝わる『火入れ式』をしました。ちょうどぴっぱらの子供たちもいたので、見学してもらいました。
            DSC08714.jpg ストーブの周りを取り囲み、火の神様に、「安全と感謝の」祝詞をあげたあと
            DSC08717.jpg

            DSC08716.jpgストーブの丸いフタを持ち上げた後、ストーブの周りを三回回り,ふたを戻した後、手を叩きます。その後外でたいまつに火をつけ、リレーして渡してゆきます。
            DSC08720.jpg
            最後は、薪と紙をつめたストーブに点火です。
            DSC08721.jpg DSC08722.jpg

            次回は、ぴっぱらの小屋でも、同じようにストーブ開きと『火入れ式』を行うことになります。段取りを覚えてもらいました。
            DSC08718.jpg

            ⊂屋の拡張
            冬に向けて、ぴっぱらの小屋を拡張する工事をしようと思い、10月14日に基礎を埋めたところに柱を建てます。土曜日の小学生ぴっぱらで来ていた子ども達に手伝ってもらうことにしました。
            DSC08897.jpg DSC08899.jpg

            DSC08909.jpg DSC08924.jpg

            DSC08926.jpg

            今日は、朝から柱に屋根になる材料をわたしました
             P1160079.jpg P1160077.jpg

            P1160078.jpg P1160081.jpg

            ポリカーボネイト屋根材を注文したので、来週の土、日に屋根と壁がつけれれば完成です。


            10/14 ―藉Ю磧´基礎作り モバイルハウス作り だ篤I隶譴気鵑旅岷蕾颪肇潺張丱弔留音と地球の回転

            0
               ―藉Ю
              らいるから見える大雪山旭岳で初冠雪が観測されました。平年より19日遅いそうです。
              いよいよ冬が近づいてきています。雪が降る前にやらなくてはならないことが気になりながら、天気が気になる日々が始まりました。

              DSC08356.jpg

              DSC08357.jpg

              基礎作り
              雪が降る前にやらなくてはならないことのひとつに手をつけました。もりのようちえんの小屋を広げることです。広げるための柱を立てる基礎作りを今日はしました。

              DSC08344.jpg 金曜日の朝に一つだけ埋めていたので、今日は残りの2個を埋めます。まずは穴掘りです。
              DSC08346.jpg
              穴を掘り、砂利を入れ、手作りのダンパーでつき固めます。水糸を張って正確な位置を決めます。
              DSC08347.jpgDSC08349.jpg

              DSC08350.jpg埋める深さをそろえるために、ホースに水を入れて印をつけます。

              砂利ですきまを埋めて、土で埋め戻して完成です。午前中でなんとか終りました。
              基礎が三つ埋まり、次回は柱を立てます。
              DSC08353.jpgDSC08355.jpg

              モバイルハウス作り
              午後からは、カワゴンのモバイルハウス作りです。
              壁と、窓がついてここまでできていました。
              DSC08361.jpg

              DSC08369.jpg壁に柿渋を塗ります。屋根の斜めの所の下は斜めに切らないと、埋まりません。
              DSC08370.jpg



              私は、屋根貼りです。もらってきたトタン屋根を貼ります。初めての作業だったのですが、下の方から、水が入らないように考えながら貼ります。
              DSC08364.jpg DSC08366.jpg

              DSC08373.jpgDSC08374.jpg

              この道具が、何故家にあるのかわかりません。今まで、ほとんど使ったことがなかった道具が登場です。こういう時に使うための道具だったと思います。寝ているトタンの折り目を起こしたり、はさんだりします。トタンは、やわらかく、加工しやすく、なんかいじってて気持ちいいです。
              DSC08376.jpg DSC08380.jpg
              今日、初参加の大ちゃんが、かんなをかけて、窓枠の調整をしてくれました。

              この後、あっという間に日が暮れてしまい、写真を撮ってる余裕がなくなりました。
              ほぼ、真っ暗になってしまった中で、用意していたタイヤをつけてみました。引っぱる垂木もつけて、
              ゴロゴロ引っぱってみて完成の予定だったのですが、想像以上にモバイルハウスは重く、タイヤがスムーズに動かず、タイヤの樹脂部分もねじれてしまいました。

              実は、かなりショックです。来週の日曜日の映画上映に合わせて、土曜日に、会場までゴロゴロ運ぶ
              予定でしたので、どうしたら良いか、又しばらく悩む日々が続くことになりそうです。
              どうやったら良いでしょうか。何かアイデアのある人がいましたら教えて下さい。

              まぁ、ダメでもともと。悩むことも楽しみと考え、ダメならユニックで運びます。でも、そいつは悔しいなぁ。なんとかしたい。何かアイデアのある人がいましたら教えて下さい。

              来週の日曜日の『モバイルハウスの作り方』上映会のチラシです。
              是非、実に来て下さい。

              斉藤武一さんの講演会とミツバツの羽音と地球の回転の上映会
              来週の土日と斉藤武一さんの講演会とミツバツの羽音と地球の回転の上映会があります。
              モバイルハウスの作り方とかぶりますが、そちらも是非、見に行ってみて下さい。



              10月20日(土)富良野市文化会館にて斉藤武一さんの講演会があります。
              斉藤さんは泊原発近くの岩内にて30年もの間海水温を観測して、その原発との因果関係を
              調べています。原発がもたらす環境や生物への影響を紙芝居を通じてわかりやすく
              説明してくれます。ぜひ皆様ご参加ください。参加費無料です。



              鎌仲 ひとみ監督の 
              「ミツバチの羽音と地球の回転」の上映会ありますよ!!!

              山口県上関町の原発建設に20年以上反対し続けている祝島の人たちと、
              20年以上前に国民投票で脱原発を決め、着実に自然エネルギーを
              利用した社会作りをしているスウェーデンの人たちのドキュメンタリーです。




                会場  : 富良野市文化会館大会議室/富良野市弥生町1-2

                日時  : 2012年 10月 21日 (日曜日)
              【チケット販売ところ】
              チュプカ、すぎやま珈琲、CAFEびすたぁーり、CAFEごりょう、CAFEのら、
              ひるの月、フォーチュンベーグル、B・B FOREST、くるみ割り











              7/28 太陽熱で露天風呂

              0
                 真空管式太陽熱温水器をつけたら、やってみたかったことに今日、挑戦しました。それは、テラスにある露天風呂に太陽熱で熱くしたお湯を入れて、入ることです。
                温度計を浮かべてお湯を入れます。
                お湯が出るまで、ちょっとかかりますが、だんだん熱くなってきて・・・・。

                50度を超える熱いお湯が出始めました。これでは熱くて入れないので、途中から水を混ぜて少しぬるくします。そして、いい感じになってから熊さんと一緒に混浴しました。

                夕陽が雲を赤くしています。









                夢がかないました。いつもは、板を敷かないと足の下が熱いのですが、今回は、火を炊いていないので、必要ありません。おかげで、湯船の中が広く、ゆったり入れる感じがします。空には、月が浮かんでいます。きれいでした。





                7/24 なんだこれとパブコメだした会?

                0
                   なんだこれは
                  これは、太陽熱温水器を設置するためにコンクリートに穴をあけた時に出来上がったコンクリートの塊です。
                  しっかりコンクリートにガイドを固定します。
                   

                  そして、ドリルで穴を開けます。
                  見事に穴が開きました。
                  スカイテラスの上に、真空管式太陽熱温水器が
                  置かれました。


                  ここに、真空管の太陽熱を吸収するガラス棒を並べて行きます。
                   

                  このガラス管の中には、水が入るのではなく、銅管が入っていて、熱を上の水のタンクに送り込みます。











                  真空管のガラス管が並び終わりました。明日は、配管工事です。
                  楽しみ、楽しみ、です。















                  パブコメだした会?


                  クリックすると大きくなります。








                  7/7 いよいよ木作業が始まりました

                  0
                     P1010890.jpg玄関前のテラスの基礎をコンクリートで作った後は、楽しい木作業です。
                    柱を立てる基礎に穴を開けてステンレスの丸棒を立てます。柱の底にも穴を開けておいてそこに差すと柱がずれないというわけです。
                    基礎の穴と、柱の底の穴がずれないように冶具(じぐ)を考えました。






                    P1010895.jpg穴が開くと早速、ステンレスの棒を立ててみました。

                    ところで、冶具(ジグ)の意味はわかりますか?

                    wikipedia治具の説明より引用
                    加工組立ての際、部品工具の作業位置を指示・誘導するために用いる器具の総称。「治具」という日本語は同義の英単語 "jig" に漢字を当てたものである。

                    英語に漢字を当てはめたとはビックリです
                    P1010899.jpg
                    同じ治具を今度は柱の底に取り付けて、ドリルで穴を開けます。

                    ガイドとなる穴に厚みをもたせているので、底面に対して、より垂直にドリルの刃が入って行きます。





                    DSC06855.jpgほぞ穴を開けます。
                    穴が大きいので、先ずドリルで穴を開けて、粗く掘ってから、ノミで仕上げます。
                    写真が横です。ごめんなさい。
                    そして、深さと、ノミが垂直にさらっているかを確認するための道具も考えました。



                    ほぞ穴と、ほぞに同じものを当ててみて、ちゃんと入るかの確認です。
                    P1130842.jpgP1130841.jpg

                    P1130847.jpg その後、羽子板ボルトを取り付ける穴を開けます。これも、なるべく材に対して垂直にあけたいので、治具を考えました。

                    写真が横になってしまっています。ごめんなさい。

                    刃が長いのですが、これに沿わせると、だいたいの目安にはなります。


                    P1130846.jpgこれができると、塗装をして、その後はいよいよ、組み上げです。

                    来週の火曜日か、水曜日にできるように、日曜日と月曜日の朝に、残りの作業をしようと思っています。

                    いろいろ考えながら、一つ一つの作業を行うことは楽しいものです。
                     なんかワクワクしてきました。

                    最後の写真も横になってます。ごーめんなさい。

                    7/1 なんじゃこりゃといよいよ木加工

                    0
                      なんじゃこりゃ
                       昨日は、鷹栖の学童保育かんたらもっちの焼肉大会がありました。
                      その時登場したのが、『ワイルドイマムーとマイルドマルヤマ』です。イマムーがワイルドな面を語ると、マルヤマがマイルドな面を語るというものです。何のことかわからないと思いますが、おもしろかったです。







                       

                       さて、玄関前のテラス作りですが、土台ができた後は、柱の加工をしなくてはいけないので、柱の長さを正確に決めるために、水を使って、水平を出します。
                      バケツから、細いホースを出し、水を吸い上げ、水平面を出したい木の部分にそのホースの端をもって行きます。すると、どこの地点でも、バケツの水面と同じ高さのところに、ホースの水面が来ます。
                      何言ってるかわからないかもしれませんが、結構この作業は、大好きです。
                      普段意識することのない、水平を自然現象の中から感じられるからでしょうか。



                      その後は、作った土台にアンカーを打ち込んで、柱を固定する金具を取り付けました。
                       

                      コンクリーにも、穴を開け、アンカーを埋め込みました。そして、いよいよ柱を加工する作業です。
                      なんせ、250mm×200mm×5mの唐松ざいです。切るためには、丸のこで4方に切り込みを入れ、残った部分をのこぎりで切ることになります。

                       
                      段差ができないように切るのはなかなかです。片面を切るたびに、材を転がさないといけません。
                      そのためにはこの道具を使いました。
                      これは、雨竜町の古道具屋さんで500円で買った丸太を転がす道具です。これを使うとてこの原理で簡単に転がります。材に傷がつかないように毛布を、巻きました。
                      柱はこれより短いので、ロープを使います。このやり方は旭川の彫刻家の藤井さんに教えてもらいました。
                      ロープを材の向こう角から出るように巻いて、ぐっと引っぱります。
                      ここにすると、結構簡単にゴロンと転がります。
                      手に負えなそうな大きなものが、工夫をすると簡単に動くのは、気持ちがいいです。
                      柱の長さを決めた後はほぞ加工です。
                      ほぞ加工は、丸のこを横に走らせます。


                      今日は、日も暮れてきたので、ここで終わりにしました。明日の朝はほぞ穴の加工をしたいと思います。











                      さて、今日始めてやってみたもうひとつの工夫です。これは、ネットのDIYを検索していた時に見つけたものです。ドリルで、まっすぐ穴を開けるのは、結構難しい作業です。そういう時は、ドリルのお尻側に水平器を直接つけてしまうと目安になるそうです。
                       

                      写真が横になってしまっていますが、これは下を向いてると思って下さい。ドリルのお尻に貼った水平器の気泡が中心になった時にドリル刃がまっすぐ下を向いていると考えればよいのです。
                      実際やってみると、ドリルを回すと振動で、気泡はわけわからなくなってしまいます。それでも、回すのをやめると又気泡の位置を確認して目安にはなります。これもなかなかすぐれものです。


                      links

                      profile

                      書いた記事数:1908 最後に更新した日:2017/08/14

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>

                      categories

                      selected entries

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
                        io-nakano
                      • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
                        ほっとする居場所
                      • 12/28 ぞうさんの最後の納品した車椅子
                        知識陣 健康

                      search this site.

                      others

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM