10/24ブログ ぞうさんの納品した椅子

0
     先週の木曜と金曜日は、美幌療育病院と網走養護学校へ行きました。

    網走養護学校は網走湖のすぐ近くにあります。

    ちょっと網走湖の方へ行ってみました。




    少しのんびりしました。











    美幌療育病院で納品した室内用木製新リクライニング椅子です。
    リクライニングをしても背中がずれないのが特徴です。
    乗っているY君は、この椅子でパソコンをしていることが多いそうです。
    この椅子は、新リクライニングと普通の背リクライニングの2種類の機構がついています。ヘッドレストも、前後、左右、高さ、上下とかなりの調整が簡単に出来ます。
    どちらかというと椅子は起こして使うことの方が多いみたいで、本人がちょうど良い姿勢はその時々で微妙に違います。

    左足も写真のように足を交差させて、左足はクッションで受けてあげるとちょうどいいようで、このクッションも自由な位置に留められるように作りました。

    その場で、ピタッと調整できるわけではないので、家の方と相談しながら、角度等、どんな時にどんな風に調整すると楽になるか、使いながら見つけていってもらえると有難いです。




    教育委員会のMさんから頼まれた紙芝居の絵を日曜日に書きました。
    上川地方の各市町村をナニモナイ国をはちっこが旅をする話です。




    絵は、それぞれの町の人達が分担して書くそうです。
    私は、表紙と鷹栖町のシーンを書きました。

    鷹栖では、トマトがなっていて、狼の桃があって、国の人々が、おもちゃを作ったり、絵を書いたり、折り紙をしたりして楽しんでいるというシーンなので、こんな風に書いてみました。

    この絵が、横幅1mくらいに拡大され、大型紙芝居になるそうです。

    久しぶりに絵を書きながら、いろんなイメージが湧いて、やっぱり楽しいもんだと思いました。










    10/18ブログ◆―藐開 工房ぞうさん ストーブ火入れ式

    0
       今日、ついに、冬に向けて、工房のストーブを出しました。
      工房のストーブを出した日には、必ず『火入れ式』を行います。
      今回は、この秘密の儀式を初公開したいと思います。
      先ず、ストーブの天板を、みんなで支えながらもちあげます。
      その後、祈りを込めながら、3回転します。



      ストーブの天板を元の位置に戻してから、いよいよ火入れの儀式です。工房の外で、たいまつに火を入れます。
      火のたいまつを掲げながら、工房の中で待ち受けるスタッフに手渡します。
      手渡す際には、必ず、お辞儀をし、たいまつの火に敬意を表することになっております。
      そして、いよいよ、ストーブの中に火が移されます。
      勢いよく火が燃え上がりました。
      このストーブは、煙突掃除屋さんから手に入れた
      いわゆるだるまストーブというやつです。私が小学生の頃には、石炭庫から石炭を運んで、燃やしていました。
      給食近くになると、みんな、お弁当をストーブの周りに置くので、いろんな変な匂いが交じり合っていました。ストーブの上には、蒸発皿が置いてあり、そこに瓶の牛乳を入れ、温めるのですが、熱くなりすぎて底が割れ、よく蒸発皿の水が真っ白になっていました。ストーブのすぐ近くは、灼熱地獄になるし、遠い席は足元が寒く、席変えもみんなの死活問題だった気がします。
      このストーブとの生活を知っているか、いないかの境目を体験できたのは本当に幸せなことだったと思います。
      さて、火入れ式の最後は、温めてもらう感謝と、火事などの事故のないことを願いながら、全員で、拍手(かしわで)を3回打って、祈りを込めて手を合わせて終了です。
      今日は、ぴっぱらの子どもとお母さん達も一緒に参加して、みんな喜んでくれました。
      これから、来年の4月くらいまで、半年間よろしくお願いいたします。

      8/15ブログ /郡汗の椅子

      0
          本日納品したバギーです。                          このバギーは、WRB(ダブルリクライニングバギー)といって、福岡のきさく工房というところで、作っています。
         背のリクライニングと新方式のリクライニングがついていて、両方寝かすとかなり平らになり、それでも背もたれの部分と体の部分のズレが起きないというすぐれものです。背のリクライニングを倒すと、体がずれるというのは、この仕事を始めたときからのジレンマでした。オムツ換えなどにも便利です。

        そして、バギーが外用とすれば、次の写真の椅子は、家の中用で、金属部分は、バギーと同じですが、フレームが木でできてます。きさく工房で作っている木のフレームもあるのですが、ぞうさんで側を新幹線にしました。最初「新幹線がいい」と聞いて、家に帰ってから「そういえば、今の新幹線は、私の知っている新幹線ではない」と思い出したのですが、「やっぱりこれでないと可愛くない」と思い『元祖新幹線』のデザインで作りましたが、お父さんもお母さんも喜んでくれてよかったです。

        新幹線の椅子を使用する叶真(とうま)君が座ったところです。叶真君のお父さんは、このブログでも時々登場する〇ちゃんの学生時代の遊び友達で、このフレームも〇ちゃんが作りました。今日はお父さんが、椅子を見て『〇とサインがはいってないや』と残念がっていました。

         仕上げに入っていた時に、「サイン入れてね」と〇ちゃんに言っていたのですが、私も確認するのを忘れていました。残念。日付とサインがあると、それを、チラッと目にするだけで、サインを書いた人のことを思い出せるわけで、それっていいことですよね。
         物だけでないつながりが、この椅子で生まれました。こういうのが楽しいです。

         8/16ブログ△發△蠅泙后8てください。

        今日納品した椅子

        0
           
          本日納品した小嶋美紅さんの椅子です。

          食卓で、みんなと一緒にご飯を食べる時に使います。高さの調節ができます。

          美紅ちゃんが、ハートが好きということでハートの柄を入れました。


          左に体が倒れるのを防ぐために、体幹パッドという名前のものがついていますが、これは、外に開閉します。
          乗るとき等は、赤いポッチを押して外に開きます。乗ってから、体を支えるように内側に寄せると、カチッとロックされます。


          美紅ちゃん、いい笑顔でしょ。薄いピンクのカバーも、お母さんと相談して決めました。 

            外に置いて写真撮ってみました。


                  

          5/30ブログ◆,まさんの椅子

          0
             
            今日納品した「くまさん椅子」です。
            といっても、3年ほど前に納品し、体に合わなくなったので、座面と背もたれの形状等を直して、カバーをかけかえました。お母さんに「新品みたいになったね」と言われ、ちょっと嬉しかったです。

            上下する椅子

            0
               

              月曜日に納品した ぞうさんの椅子を紹介します。

               納品したと言っても、そもそも2004年の11月に初めて納品して、今回は、体が大きくなって、座と背のクッションを大きくしたりの修理です。

               こうやって、修理で帰って来ると
              ちゃんと使われているんだなと嬉しくなります。

              この椅子は下の写真のように低くもなります。

              黒いフレームの後ろにあるレバーを踏むと、下がります。高くするときには、同様にレバーを踏みながら持ち上げます。

              オイルダンパーが仕込んであるので、軽い力で上がってきます。
              下の黒いフレームは、デンマークから輸入されたもので、本当は、座る部分も既製品としてあるのですが、下のフレームのみ使わせてもらい、体にあたる部分は全部ぞうさんで作っています。

              上下するだけでなく、リクライニングもできるようになっています。


              使っている入江翼君が椅子に座っているところです。
              彼とは、最初の椅子を作ってから
              10何年になります。今回も「背中のどの部分が、あたってるとか、あたってない」とか本人に確認しながら、2回ほどの仮あわせを重ねた後、カバーをかけて仕上げました。いい笑顔でしょ。

               翼君は、「食べれども食べれども」というタイトルの作品で2009年に、第11回三浦綾子作文賞の中学生の部で優秀賞をもらいました。  

              電動車椅子

              0
                 今日は、ぞうさんの仕事を紹介します。

                連休の前に納品した電動車椅子(主にぞうさんのAさんが作りました)です。

                座面は、この電動車椅子に乗って生活するSさんの希望で、茶色の豹柄のレザーです。
                背もたれは、通気性の良いメッシュの生地です。

                そして、本人たっての希望で、足部のバンパーにZのマークを入れました。マジンガーZのZ?のようです。Zの真ん中の横棒1本も本人の希望で、入れました。(デザインは音次郎)


                 
                Sさんが座ったところと、実際に移動しているところです。

                電動車椅子の実際の操作は、口で行います。左の写真の赤いレバーを口でくわえ前後左右、さらにはバックまで自由自在にこなします。この電動車椅子のおもしろいところは、頬の部分の黒いスイッチを押すことで、運転操作だけでなく2つのことが自分でできます。
                まず、ひとつめは、下の写真のように背のリクライニングを自分でやれます。普段の移動時は背を起こしていますが、疲れてきて、体がつぶれてくると、背を自分で倒して、少し伸ばすことができます。
                 
                そして、もうひとつ。これは、最新機能で、Sさんがインターネットで見つけ希望しました。
                 
                運転するためのジョイスティック(口でくわえる赤い部分)を、口の
                ところにもってきたり、外側に逃がしたりするのも、頬のスイッチで操作します。
                この操作は、左の写真の中央部にあるモニターの表示が次々と変わって行くので、自分の希望する操作のところでスイッチを押すことで、可能となります。
                2週間ほど、お試しということで、使ってみてもらったのですが、あっというまに操作をマスターしてしまいました。
                Sさんとは、15年以上の付き合いになります。電動や他の車椅子を含めて5台近く製作しましたが、そのいろいろな操作能力の高さにはいつも驚かされます。
                Sさんにしたらそれが、日常なので、驚くこと自体失礼なこととは思いますが、それでも、人間の能力はすごいものだと思います。
                Sさんにはいつも「社長」と呼ばれていて、「社長、遅いぞ」と怒られることもありますが、こんなに長く付き合ってもらえることは幸せなことと思います。
                 最後に、去年作った、寝ているときにテレビのリモコンを操作するためのの写真です。これも、本人の希望で作りました。
                ベットの柵に木を立てて糊付のマジックテープを貼り付けてあるので(黒い部分)
                棒の口でくわえる側にもマジックテープを貼ることで、安定して、なおかつ、口を離しても下まで落ちてしまわないようにできました。「くわえているのは疲れるから、口から離しても落ちないものを作ってほしい」と言われたときにはいろいろ悩みましたが、結構単純にできました。ものづくりをしていると「結構そんなもん」的なことがあります。そんな時は嬉しいです。Yさんはパソコンの操作もできるので、「今からブログにアップしたよ」とメールしてみようと思います。







                links

                profile

                書いた記事数:1908 最後に更新した日:2017/08/14

                calendar

                S M T W T F S
                 123456
                78910111213
                14151617181920
                21222324252627
                28293031   
                << January 2018 >>

                categories

                selected entries

                archives

                recent comment

                recent trackback

                • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
                  io-nakano
                • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
                  ほっとする居場所
                • 12/28 ぞうさんの最後の納品した車椅子
                  知識陣 健康

                search this site.

                others

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM