3/29ブログ 沖縄旅行報告第5弾 パイナップル園など

0
     沖縄旅行報告第5弾の前に訂正があります。

    報告第3弾で載せた写真に、息子からコメントが入りました。
    P1120368.jpg
    ちなみに嘉手納基地には行ってません(笑)
    あそこは普天間飛行場のゲートです。
    嘉手納飛行場はメキシコ料理屋さんの近くです!(genki)

    この写真は、普天間飛行場のゲートだそうです。いろいろ説明してもらったので、ごっちゃになりました。
    書いた時もちょっと自身はなかったのですが・・・・。お詫びと共に訂正させていただきます。

    P1120362.jpgそして、報告第2弾のこの鳥には、よっしぃさんがコメントをくれました。

    沖縄、いいですよね〜。
    さて、鳥が出てきたら私の出番ですかね。3年前のアヒルの子は、バリケンという南米のカモを家禽化したものです。アヒルは、マガモを家禽化したものなので、カモの仲間というところは共通していますね。食用で日本に入れていると思うのですが、まだ食べさせてくれるところは知りませんが、沖縄ではあるのでしょうか?

    その後、ネットで、バリケンで調べてみると、タイワン(台湾)アヒル、カントン(広東) アヒル、ジャコウ(麝香)アヒルともいうそうです。思いつきで『アヒルの子』とリカコは行ったと思うのですが、まんざらでもないなんて恐るべし・・・・・・。

    P1120402.jpgさて、早速第5弾です。辺野古の後「どこ行きたい」と聞かれたので、「パイナップルが食べたい」と言うと、『パイナップル食べ放題のところがある」と言って、早速、『ナゴパイナップルパーク』に連れて行ってくれました。P1120403.jpg 天気も良く、こんな感じの木もあって、まさしく南国です。
    着いた時には、午後5時でしたが、チケット売り場には、家族連れなどが並んでいます。入り口で、時間を聞くと、「6時まで」と応えたので、「えっ」と思いながら、入場料一人600円のチケットを3枚買いました。
    P1120404.jpgここで、もらったお釣りが守礼門が描かれた2000円札。久しぶりに見ました。息子に聞くと、「沖縄では、銀行などで普通に出てくる」そうです。

    入り口を入ると、さっそく写真撮影のコーナーに案内されました。パイナップルのキャラクターのはさんで、3人で並び「『パイナップル大好き〜』と言ってください」と言われたので、照れくささもあって、思いっきり元気な笑顔で、『パイナップル大好き〜』と私は言ったのですが、りかこが「私、『パイナップル』と言っちゃった」と言いました。「『パイナップル大好き〜』だと、笑顔になるけど、『パイナップル』だと、なんか文句言ってるみたいになるぞ」と、あきれつつ、パイナップルが生えてる林の中を動く4人乗りの電動自動車に案内されました。
    P1120409.jpgまるで、遊園地の乗り物に乗っているようなウキウキ感とレコーダーから流れる説明に「音質悪すぎ」と突っ込みながら、あっという間に終点に着きました。撮影禁止という看板があったので、これ以降写真はありません。
    終点に着くとすぐに、先ほど撮ったばかりの写真が売っていました。これを買っちゃうのは、なんか悔しく、すぐ「いりません」と言ってしまったのですが、今考えると、かわいいパイナップルちゃんの横で『パイナップル』と言って撮った写真は、貴重だったかもしれないと後悔しています。その後は、めずらしい貝の展示場、いろんなパイナップルがらみの飲み物の試飲のコーナー、パイナップルがらみのお菓子のコーナーなどを1列に並び、まるで、ベルトコンベアーに乗ったように、進んで行きます。そして、いよいよパイナップルが山盛りの3つのテーブルの前に着き、バクバク食べてしまいました。それでも、次から次と人後から来るので、なんかいつまでもP1120410.jpgそこに居るのが、申し訳ないような気になり、次のパイナップルのキャラクターのお土産コーナーを通り、パイナップルソフトを3人で買って食べ、そのまま外に出ると、入場してから30分程経っていました。そして、リカコの手には、500円のカットパイナップルがありました。
     なんか、さすが『観光地』を感じながら、それでも、パイナップルをいっぱい食べた満足感から
    『いかにも観光客』の記念写真を撮ってしまいまいた。
     その後、沖縄の道の駅「おんなの駅」というところに寄りました。そこで、農産物等をいっぱい買い、北海道に送りました。
    沖縄そば「ぴぱら」という看板があったので、これも撮ってしまいました。

    P1120412.jpg






    その後、「よみたん自然学校」というところへ行きました。
    P1120416.jpgここは、りかこと息子は、前に来たことがあり、話には聞いていたので、是非、見てみたかったのですが、もう暗くもなっていて、中は電気がついていたのですが、邪魔するのもなんだと思い、そのまま帰ってきました。

     詳しいことを知りたい方は、よみたん自然学校のHPをご覧ください。http://yomitan-ns.org/home.html
    P1120417.jpg

    沖縄旅行報告第6弾につづく・・・・・

    3/28ブログ 沖縄旅行報告第4弾 辺野古を訪ねる

    0
       今日の朝の北海道新聞の1面左下にあった記事です。

      辺野古アセス「環境保全は不可能」沖縄県知事、404の問題指摘という記事です。

      工事がサンゴの生育環境に与える影響評価が妥当でない。
      絶滅危惧種ジュゴンの生態解析は不十分。
      埋め立て土砂の8割の調達先が未定のため工事期間の設定が適切ではない。
      垂直離着陸輸送機び導入に当たる埋め立て地の形状に変更がない。

      などの問題点を知事が指摘し、辺野古移設が一層困難となるのは確実。という記事です。

      クリックすると大きくなります。



      息子の車が、高速道路のサービスエリアで動かなくなったりするハプニングがありつつも、なんとか、夕方3時頃に辺野古の海岸に着きました。

      P1120396.jpg 沖縄に着いて初めての海岸ということもあり、多少、テンションもあがりつつ、エメラルドグリーンの海を見つめました。

       辺野古というと思い出すのは、是枝監督が歌手のcoccoの活動を撮った「大丈夫であるように」というドキュメンタリー映画です。
      その中で、埋め立ての予定されている海岸で、基地の敷地との境面にある
      有刺鉄線に布切れを縛り付けているシーンです。
      多くの思いのこもった布切れが、風に揺れるシーンがきれいだったのを覚えていました。

      だいじょうぶであるように予告編です。coccoは六ヶ所村にも行っていたのですね。忘れてました。


      P1120385.jpg車を降りて、海岸の方へ行くと、テント村がありました。
      残念ながら、写真を撮り忘れました。
      興味のある方は、「辺野古を楽しくする会」のHPをご覧ください。
      http://www.geocities.jp/okinawa_henoko/

      テント村には4人の方がいらして、「8年もここに通うことになろうとは思ってもいなかった」という女性の方が、詳しく説明をしてくれました。

      P1120393.jpg「だいじょうぶであるように」で見た有刺鉄線は、頑丈なフェンスに作りかえられていました。

      そこには、いろいろな思いの書かれた布が貼られていました。






      P1120390.jpg布の切れ端で書かれたジュゴン達です。












      P1120392.jpgこれらの布は、はがされて持っていかれてしまうので、そのままにしていたのですが、最近は、朝、縛り付けて、夕方回収しているそうです。

      この日も、丁度、布を回収する時間になっていたらしく、フェンスの前に居ると、みんながやってきたので、
      「手伝いますか」と声をかけると、「危険なので、下の方をお願いします」と言P1120397.jpgわれました。作業を手伝いながら、これを朝晩続けることのすごさを、思いました。

      下関の原発も祝島の人たちが、ずっと嫌だ嫌だといい続けて、今回の事故で、計画が頓挫しました。

      大間原発も、「アサコハウス」を作ったあさこさんがずっと、嫌だ嫌だといっていたから工事が遅れ、完成しないうちに、福島の事故が起こりました。

      辺野古も同じなのかもしれないと感じます。埋め立てられてしまえば終わりです。でも、こうしているうちに、いつの間にか、アメリカ自体が、その必要性を失ってしまうことにならないでしょうか。

      実は、埋め立てたいのは、アメリカではなく、日本のゼネコンということはないでしょうか。

      辺野古の海岸を「サンゴだ」「おもしろい形の貝だ」と一生懸命拾いながら、「辺野古に来て良かった。やっぱり、見るのと見ないのとでは大違い」と話をしながら、その場を離れました。

      ちなみに、最初目を輝かして、拾っていた貝やサンゴは、気が付くとそこらじゅうにころがっていたので、ちょっと興味を失い、重くもあったので、ポケットから全部出してきてしまいました。


      3/25ブログ 沖縄旅行報告第3弾

      0
         P1120519.jpg今日のらいるの前の景色です。雪の上に黒い筋が出来ました。










        P1120520.jpgこれは、融雪剤です。トラクターのトラクターで、蒔きながら移動します。
        これで7〜10日、雪どけが早くなるそうです。




        さて、それでは、沖縄旅行報告第3弾です。
        P1120367.jpg
        佐真下という地区にあった看板です。












        P1120378.jpg壁に直接お店の名前が書かれた建物が結構ありました。








        P1120377.jpgわかりやすいといえばそれまでですが、『バーン』という看板が多いなというのが私の印象で、結構それを見て喜んでいたのですが、リカコは「ふーん」という感じでした。



        P1120375.jpgお昼も、南国風のお店には入りましたが、ここはメキシコ料理店です。












        P1120376.jpg『何故、メキシコ料理?』と思われるかもしれませんが、息子がアルバイトをしているというお店です。といっても、このお店で働いているわけではなく、キングスというプロバスケットのチームの試合があるときにお弁当を出しているのが、ここのオーナーで、その試合がある時に、試合会場で、お弁当を売っているそうです。

        このお店に入った途端、息子がfacabookに、そこで食べてる様子を、写真入で投稿し、私もスマートフォンで、それをのぞくと、「お父さんに似ている」とかコメントが入り、私は、そこにコメントしている人達に「いつもお世話になってます」とコメントを入れ、息子と向かい合いながら、お互いスマートフォンをいじって、その写真を介して、ライブでつながっているというなんともわけのわからない、去年では考えも出来ないことになっていました。なんかいいんだか悪いんだかすごい時代です。

        P1120368.jpg嘉手納基地の入り口です。鉄骨のオブジェのようなのがありました。







        P1120370.jpg普天間飛行場が見渡せる展望台のあるところへ行きました。

        展望台には「一日も早く返還させ、ゆめのあるまちづくりに取り組みます」と書いた説明書がありました。

        P1120374.jpgこの基地がなくなれば、どんなに良いでしょう。でも、それが
        辺野古の海の埋め立てになるのでは、なんの意味もありません。

        この後辺野古へ向かいました。

        沖縄旅行報告第4弾へつづく・・・・

        土曜日に行われた飯舘村の長谷川さんの講演会の記事が北海道新聞に出ました。クリックすると大きくなります。

        3/24ブログ 沖縄旅行報告第二弾 首里城と息子の車

        0
          P1120351.jpg早速首里城に着き、 城壁の上から那覇の町を撮りました。ビルや建物がギッシリです。








          P1120352.jpg奥に映っている入場のためのチケット売り場でチケットを買い(800円)早速中へ入りました。

          階段としては5段しかないのですが、それぞれが、斜めになっているので、上まで上がれます。
          雪が降ったり、凍ったりする危険のある北海道では、この階段はちと危険です。

          P1120354.jpg首里城の正殿をバックに記念写真。

          中に入ると、玉座もありました。






          P1120357.jpg2階から3回に上がる階段です。あまりの急な階段にビックリで、思わず写真を撮りました。

          首里城の中は、撮影禁止っぽくて、これが唯一の中の写
          真です。







          P1120359.jpgいわずとしれたハイビスカスです。沖縄っぽいので撮りました。








          P1120366.jpgいわずとしれた2000円札にもなっている守礼門です。
          思っていたより小さくて、札幌の時計台とちょっとかぶりましたが、一応記念写真です




          P1120363.jpg世界遺産にもなっているウタキの石門だそうです。








          P1120362.jpg首里城公園の中を歩いていると、変な鳥がいました。息子は、「自分がここに来た3年前にはヒヨコだったのに」と言ったので「ヒヨコはニワトリの子じゃないの」と私が言うと、息子が「じゃ、なんて言うんだ」と・・・・・。ちょっと困っていると、りかこが「アヒルの子じゃないの。みにくいアヒルの子っていうじゃない」と言いました。確かに、足に水かきのようなものも付いてるし、みにくいという表現が良いか悪いかには、いろいろ意見があるかと思いますが、とりあえず、「3年前にはアヒルの子だった」ということで納得しました。
          P1120346.jpgその後、息子が沖縄で乗っているこの車で、
          辺野古へ向かうことにしました。

          那覇から、北の方へ向かうので、「高速に乗ったらいいよ」と言うのですが、「高速に乗ったら、車、停まるんだわ」
          と息子が言います。「んなことあるわけないだろ」と言うのですが、「坂道になったら登れなくて、停まってしまい、後の車の人に押してもらったりするんだ」と、この車のパワーが足りない話を息子はいろいろ話をします。「そういう時は、後の車の人にお礼も言えずに去ってしまうしかないんだね」とその情景を思い浮かべながら高速代のことを気にしているのかと思い「それは出すから、高速乗ろうよ」と言い、高速に乗りました。
           P1120382.jpgそれまで、基地や建物に囲まれ北海道から来た私には、ちょっと息苦しい感じでしたが、緑も増え、気持ちよい感じになってきた時に見えてきたのが、これです。私の入口です。ちなみに私の本名は「松下久志(ひさし)」です。多分私とは、全く関係のないところとは思いますが、やっぱり嬉しくなって、写真に撮りました。私の入り口です。








          さて、少しサービスエリアで休もうということになり、多分伊芸サービスエリアというところに停まりました。


          そこに、展望台があり、初めて見る沖縄の海、多分、金武湾を見下ろし、心ワクワクです。
          ちなみに金武湾の武は発音しなくて(きんわん)です。

          手前の方は、エメラルドグリーンです。わかるでしょうか。
          さて、トイレ休憩などの後、一路辺野古へ行くために車に乗りました。今度は私が運転しようと、運転席に乗り込んだのですが、
          キーを回しても、反応がありません。「ほーら、停まった」と息子。「えっ、えっ、またまた」と思い、又キーを回すのですがなんの反応もありません。「ど、ど、どうするの」と言うと「しばらくたったら動くから、待つしかないんだ」と息子が言います。なんとなくこんなところで時間をつぶすのはもったいないと思う私は、「えーっ、なんじゃそりゃ」とキーをいじるのですが、全然動きません。しばらく、ぼーっつとする時間が過ぎて、「俺がやってみる」
          と運転席を変わると、やっとエンジンがかかり動き出しました。

          ホッとしたと共に、「何が起きたんだろう」と一生懸命考える私と「わかんない」と考えることすら放棄するような息子を見ながら、
          「沖縄の人」っぽくなっている我が息子をたのもしく思えるんだか、なんだかわからない感じではありつつも「沖縄ダー」と思ったのでした。 

          沖縄旅行報告第一弾の質問にコメントで答えが返ってきましたので。報告します。

          この木はガジュマルといいます。沖縄の大きなガジュマルにはキジムナーという、子供の妖精がすんでいます。とてもいたずら好きだそうです。この木の灰で作った沖縄そばはとてもおいしいですまっちーのママ)

          ありがとうございます。「ガジュマル」は、聞いたことあります。これが、そうですか。灰でそばを作るというのは、
          そば粉に木を燃やした灰を入れるということですか
          ?(音次郎)







          あの調味料は島とうがらしを泡盛に漬けた、クーレーグースですね。。。
          辛いものに縁はないですが、いいアクセントのなりますよね
          。(ぢま弁)

          コーレーグスは沖縄の島唐辛子を泡盛でつけた辛味調味料です。泡盛を継ぎ足して作ります。(
          まっちーのママ)
          使ったらそれで終わりではなく、泡盛を継ぎ足せるのは、合理的ですよね。なんかそういうのいいですね
          。(音次郎)

          沖縄旅行報告第3弾へつづく・・・・・・。

          3/22ブログ◆_縄旅行報告第一弾

          0
             今日からしばらく沖縄旅行の報告をします。
            午後2時から、神楽図書館で『紙芝居の講演』を終え、そのまま空港へ向かい「まるで芸能人のようだ」と思いながら、午後3時50分の飛行機に乗り、那覇のホテルに着いたのが午後23時過ぎ、約8時間近くの旅程でしたが、すぐに寝るのはもったいなく、私一人で国際通りにくりだし、すいた小腹を満たすために「沖縄そば」という看板をくぐり、ミニ沖縄そば270円を食べました。なんか、辛いのがついてきて、これなんだろうと思いながら、これがなんだか聞いてくるのを忘れましたが、これをかけつつおいしく頂きました。

            次の日の朝、モノレールで息子の待つ駅まで行く途中に、駅の下を何気なく見ていると、そこには大きな広場がありました。

            そして、動く人影を見ると



            砂遊びをしている少年がいたのです。

            実は、この広場全体が砂場になっているようでした。

            こんな広い砂場が何気なくあるなんてさすが沖縄(?)と思って写真を撮りました。

            息子と会った後は、「どこ行きたい」と聞かれ、迷わず「やっぱ首里城でしょう」と答え、連れていてもらいました。そこで見た、根っこむき出しの根です。おもしろいので写真を撮りました。



            しばらく歩くと、その木の枝が下に生えています。「枝が下に生えてはダメでしょう」と勝手に突っ込みながら写真を撮りしばらく歩くと











            その枝が、土とつながっています。「なんだよ。枝じゃなく根っこかよ。え、エーッツ」と思いながら又写真を撮りました。

            恐るべし、沖縄です。

            沖縄そばの辛いやつとこの木が何者かを知っている人がいたら教えてください。

            つづく・・・・・。



            3/22ブログらいるのめにゅーもあります。見てください。

            3/21ブログ 帰ってきました

            0
               沖縄から先ほど帰ってきました。空港に降りるとピリッと冷たい空気。身が引き締まる感じがしました。これも私きらいじゃないと思いました。
              とりあえず、写真を4点。
              今日の朝には、ここに居たとは、信じられません。
              沖縄本島の西、高速フェリーで30分のところにある渡嘉敷島のビーチの写真と那覇国際通りの公設市場の魚屋さんの写真です。

              P1120449.jpg

              P1120445.jpg

              P1120437.jpg

              P1120494.jpg

              3/20ブログ 渡嘉敷島です。

              0
                海の底が見える船に乗りました。珊瑚がどんなものか、知ってるようで何も知らなかったんだと良くわかりました。珊瑚はすごいものです。エイも海亀も、隠れくまのみにも会いました。えーい。書くこと一杯なのでもうやめます。教科書に書いてある事だけじゃわからない大切な事がきっとそこにあるはずさ。それがしまんちゅの宝。エイアーサーサー。

                3/19ブログ 私実は

                0
                  今日のたかすは、猛吹雪。道路もふさがりそうなすごい天気だったらしいでます。らしいという言い方になるのは、私は鷹栖にいないから。という事はどこいるの?そうです。私実は、今沖縄に居ます。那覇です。エイアーサーサー。明日は、高速フェリーで渡嘉敷島です。エイアーサーサー。詳しい事は又ゆっくり。エイアーサーサー。

                  11/20ブログ 親らしい事

                  0
                    徳島のフリースクールのトエックでの『フリーキャンプセミナー』が、今日終わりました。トエックは、娘が今実習をさせてもらっているところです。最後の挨拶を終え、「これからも娘をよろしくお願いします。」と言った後、少し照れくさくなり、「と、親らしいことを言ってみました。」と、付け加えました。すると我が娘が「ビックリした。やらしいことに敬語をつけたかと思った。」と言いました。どうも「お・やらしいことをししました。」と思ったようです。娘は、あいかわらずでした。

                    11/19ブログ 暖かいど徳島

                    0
                      雪ふるとこから来ると徳島は暖かいと。夜、外で七輪を囲み、話ながら飲んでます。


                      links

                      profile

                      書いた記事数:1908 最後に更新した日:2017/08/14

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>

                      categories

                      selected entries

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
                        io-nakano
                      • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
                        ほっとする居場所
                      • 12/28 ぞうさんの最後の納品した車椅子
                        知識陣 健康

                      search this site.

                      others

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM