4/4 ひのき屋トラベリングバンドの歌

0


    函館を拠点に国際イベントやフェスティバルを通じて、世界を旅する『ひのき屋トラベリングバンド』のソガ君達が、ぴっぱらを訪ねてくれました。これから、函館で学童保育を始めるそうです。
    春になり、いろんなところで新しい動きが始まっています。おもしろい。楽しみです。

    ひのき屋トラベリングバンドHP
    http://www.hinokiya.com/biography/#a01

    私は、以前、『ひのき屋トラベリングバンドの歌』という歌を作りました。これが、とても素晴らしい歌で、自分で言うのもなんですが、大好きです。ときおり、サビの「ひのき屋トラベリングバンドの」と繰り返すところを自然に歌っています。が、いかんせん普段歌う場がありません。
    そこで、昨年鷹栖でライブをやった時に、一緒に歌わせてもらいました。その時の動画を公開します。


    1/18 壺銭ライブinらいる

    0

       息子の元気が、遅い正月休みで帰ってきて、らいるでライブをしました。
      それは、加藤さんプロデュース、
      名付けて『壺銭ライブ』です。今回で3回目で、今回は、若い人たちが次々と出て、演奏します。最初は夜だけの予定でしたが、ぴっぱらの子ども達も観れる時間にということで、昼に特別『ピッパライブ』ということで、行いました。
      写真は、順番に、加藤家ファミリーのバンド、福井宏記君のインストルメンタルギター、札幌から来たタムラメグミ、元気の高校時代の同級生久保田圭祐のマジック、娘のめい&じゅんき&じゅんき&ぴっぱらの子ども達です。全員で記念写真です。2時間近く、子ども達もしっかり参加して、楽しいひと時でした。
      P1180267.jpgP1180271.jpg

      P1180275.jpgP1180277.jpg

      P1180282.jpgP1180289.jpg

      P1180294.jpg

      P1180308.jpg

      ピッパライブが終わってから、2時間ちょいで、夜の『壺銭』です。今度は、大人向けに、じっくり、まったりです。久保田君のマジックは、見入ってしまって、写真がありません。ごめんなさい。最後は、全員が出て歌いました。夜のライブの開場となる、20分くらい前に、「最後はみんなで歌うか」ということになり、選曲が始まり「上を向いて歩こう」とかいろいろ出たのですが、モンパチの『小さな恋の歌』になりました。満員のお客さんも集まり、温かいライブとなりました。The SheepのCDも、タムメグさんのCDもいっぱい買ていただきました。本当にありがとうございました。打ち上げでは、それぞれが持っているギターとの出会いなどを紹介しながら、又歌ってまったりと夜中になりました。こういうのも、なんか、久しぶりです。楽しかった。

      P1180006.jpgP1180007.jpg

      P1180012.jpgP1180014.jpg




      1/8 元気のライブ

      0
         息子の元気のライブがらいるで行われます。加藤さんが壺銭ライブという形でプロデュースしてくれました。ありがとうございます。よろしくお願いします。

        なんと札幌のタワーレコードでも、店内ライブをするそうです。
        http://tower.jp/store/event/2014/01/046008

        札幌近辺にお住まいの方、是非、足を運んでみてください。

        松下元気(the sheep) ミニライブ&サイン&写真撮影会

        開催日時
        2014年01月17日(金)   18:00
        場所
        札幌ピヴォ店  
        出演
        松下元気(the sheep)
        参加方法
        ライブの観覧はフリーです。
        イベント当日にthe sheep「春、はじまり」をお買上げいただいた方に
        イベント参加券をお渡しいたします。
        参加券をお持ちの方は、ライブ後のサイン&写真撮影会にご参加いただけます。
        対象店舗
        札幌ピヴォ店
        対象商品
        the sheep「春、はじまり」

        泉谷しげる 春のからっ風

        0
           私は観に行けませんでしたが、鷹栖に泉谷しげるがやってきて、大暴れして帰って行きました。泉谷し げるといえば、春夏秋冬が有名ですが、私の中では、「誰が呼ぶ声に応えるものか、望む気持ちと裏腹」というこの歌が頭の中に浮かびます。今日は、仕事をし ながら、この歌をユーチューブで聴いていました。やっぱり、いい歌です。多分、高校生くらいの時に聞いていたと思います。今もサビが頭をグルグルします。 「誰が呼ぶ声に・・・・・」いけなくて残念!
          良かったら聞いてみてください『春のからっ風』

          10/2 大きなミミズと楠美津香『瞼の母』

          0
             先週は、大変失礼を致しました。今週のらいるは、通常通り営業をしております。

            今日、スロープの修理のために、踏み板をはずすと、大きく見事なミミズを見つけました。

            IMG_20131002_085446881.jpg

            しばらく見つめていると、通り道になっているようなところに、入って行こうとします。そこには、黒い小さな土の固まりが、いっぱい並んでいました。果たして、これは、なんなのでしょう。私は、これは、ミミズの糞で、土壌を豊かにしているのだとみましたが、いかがなものでしょう。わかっている方、教えていただけると嬉しいです。

            IMG_20131002_08551731.jpg
            この後、「君の居場所はここじゃない♪」と唄いながら、畑に移してあげました。

            今週の金、土曜日、いつもらいるで野外一人シェークスピアをしてくれる楠木さんの一人舞台があります。なんと今回は「瞼の母」です。おもしろそう。私も行きます。


            楠美津香ひとり語り
            超訳「瞼の母」(バラエティーショー付)
            新しい旭川の小屋で、笑いと涙の大衆演劇。
            そして、これまた笑いと感動(?)のひとりコントの数々。...
            時間いっぱいまで、みっちり楽しめます。
            どこから見ても楽しめるのが「楠流」。
            途中からでも大丈夫です。
            お時間が少しでもあればぜひお気軽に覧ください。
            お待ちしております。
            ご予約は川谷大道具までどうぞ!

            1380490_209387889234436_231253809_n.jpg

            9/22 森の恵みに感謝の日

            0
               『森の恵みに感謝の日』という催しが、旭川の春光台にある緑の森ガーデン「癒しの森」で行われました。

              IMG_20130922_11531983.jpg IMG_20130922_115239351.jpg

              IMG_20130922_132148112.jpg ハチミツの食べくらべです。
               好きな味に投票をします。
               IMG_20130922_125035763.jpg
              IMG_20130922_124756995.jpg
              ミツバチの巣を融かしたもので、ろうそくを作らせてもらえます。
              IMG_20130922_130901918.jpg
              理香子は、「楽しい、楽しい」と言いながら、3本も作っていました。

              薪割り体験もできます。

              IMG_20130922_122446472.jpg 荒屋さんの手作りスプーンです。胡桃を絞った自作の油で塗装をしているそうです。すごい。
               IMG_20130922_122354242.jpg

              自分で、ピザにトッピングして、石釜で焼いてもらって食べました。おいしかった。

               IMG_20130922_115052298.jpg

              IMG_20130922_133721657.jpg 私は、この日、森の紙芝居3本立てということで、午前と午後2回、紙芝居をやりました。まず最初は主催の佐藤さんの「リスとくるみの約束」という自作の紙芝居です。その後、私が「キー君とわん公」という紙芝居をやりました。





              その後は、プロの紙芝居屋さんの三橋とらさん登場です。

              紙芝居の舞台は、神居に住む、木工屋さんの手作りです。

              午前の部では、アイヌの民話の紙芝居、午後の部では、「何故、パンダは黒い部分があるのか」のお話。そして、自伝的紙芝居でした。さすがです。IMG_20130922_142856989.jpg IMG_20130922_14320442.jpg

              チェーンソーアートで、看板もできていました。
              IMG_20130922_142850760.jpgその後、『劇団よいち』のみなさんによる、野外芝居が行われました。

              IMG_20130922_133721657.jpg
              そして、何故か、三橋とらさんの提案で、即興劇をやってみようということになりました。『秋』『焼き芋』というテーマでした。私は、しばらく、若い人達が話を積み上げているのを、横から観ていて、突然、『焼き芋屋さん』で出て行きました。
              photo11111.jpg photo.jpg
              なんか、みんなとうまく絡めず、後から、こうすればよかったかな、とか反省しました。が、秋の一日、白樺林の中、いい一日でした。


              8/20 ,呂世靴離殴鵝´▲ッパラパンライブ 

              0
                 ,呂世靴離殴
                  マンガ「はだしのゲン」が、今日の朝、工房ぞうさんにありました。福島キッズの時に、マンガや絵本を色んなところから借りて、絵本のコーナーに並べていました。それぞれ、返却したのですが、児童クラブなんたらもっちの〇ちゃんが、「これ、うちにはなかったので、おとじろうさんの家の本かと思い、持ってきました」と言って出してくれました。私は、買ったことはないので、「家のではないわ」と言いました。ということは、「別の児童クラブにおいてあったものかもしれない」ということで、〇ちゃんは持って帰りました。

                が、この読み込まれた「はだしのゲン」が、愛しくなり、写真を撮りました。

                こうして、何気なく手にとれ、いろんな人が、いつでも手に取れる、普通の読み物として「はだしのゲン」があることが、普通のことで、大事なことなのだと感じています。

                今、松江市の学校図書館で、教育委員会が「はだしのゲン」閲覧制限をした事が話題となっています。

                ウィキペディアより
                「はだしのゲン」は週刊少年ジャンプで連載されていました。
                「はだしのゲン」
                gooランキングの「読んでおきたい日本史モノマンガランキング」の1位に選ばれた。
                「はだしのゲン」
                当時「漫画は低俗なもの」とされていたにもかかわらず大江健三郎の激賞を浴び[4]、また生協の販路にて「良書」として紹介されるなどの高評価を受けた結果、『ジャンプ』の主な読者層である少年のみならず大人の間においても浸透し、ベストセラーとなる。
                「はだしのゲン」は、
                学校への漫画持ち込みを厳禁とする教師が多い中、「はだしのゲン」だけは校内で堂々と読める唯一の漫画となった結果、1980年代の子供達の間に「ゲン」が広く浸透することとなる。
                「はだしのゲン」は、
                単行本、文庫本などを含めた累計発行部数は1000万部を超える。2007年5月30日からウィーンで開催された核拡散防止条約(NPT)運用検討会議の第1回準備委員会で、日本政府代表団は、本作の英訳版を加盟国に配布することになった。外務省英語版30冊を出版社から譲り受け、今後も「漫画外交」を活発に展開させる予定。

                閲覧制限を行った教育委員会の人達は、こういった事を調べたのでしょうか。

                その決断の幼稚さにあきれるばかりです。これは、決して松江市の教育委員会だけの問題ではありません。


                (時事通信社より)
                清水伸夫松江市教育長は20日までの取材に、「手続き的にどうだったか調査する必要がある」と要請に至った過程の問題点を指摘。また、議会が陳情を不採択としたことや、市内外から反発の声が多数寄せられていることを受け、「今後は撤回も視野に、委員会会議の意見を聴いて再度検討したい」と話した。 22日には同会議が開かれ、閲覧制限が議題として取り上げられる予定。清水教育長は、「遅くとも月内に一定の結論を示したい」としている。 



                22日に行われるこの会議に、みんなの想いを届けましょう。
                以下に署名をお願い致します。

                「生きろゲン!」松江市教育委員会は「はだしのゲン」を松江市内の小中学校図書館で子どもたちが自由に読めるように戻してほしい。

                https://www.change.org/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3/%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%82%8D%E3%82%B2%E3%83%B3-%E6%9D%BE%E6%B1%9F%E5%B8%82%E6%95%99%E8%82%B2%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A%E3%81%AF-%E3%81%AF%E3%81%A0%E3%81%97%E3%81%AE%E3%82%B2%E3%83%B3-%E3%82%92%E6%9D%BE%E6%B1%9F%E5%B8%82%E5%86%85%E3%81%AE%E5%B0%8F%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E5%9B%B3%E6%9B%B8%E9%A4%A8%E3%81%A7%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%8C%E8%87%AA%E7%94%B1%E3%81%AB%E8%AA%AD%E3%82%81%E3%82%8B%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E6%88%BB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BB%E3%81%97%E3%81%84?utm_campaign=share_button_action_box&utm_medium=facebook&utm_source=share_petition

                ▲ッパラパンライブ
                私は、実は、20年ほど前にカッパにさらわれました。その時の状況を、当時「児童クラブカンタラもっち」の指導員だった谷内元雄一氏が語り、さらに、昨年、護国神社で大きな木の上に居たカッパの写真が撮影された話を含め、カッパについて、大いに語られます。会場は、「ギャラリープルプル」です。ここでは、現在、妖怪展が行われています。

                top130706.jpg

                カッパの話の後には、『カッパにさらわれた男の唄』を歌います。この歌は、歌う度に、いろいろな河童が降りてきます。妖怪の絵に囲まれて、果たしてどんなことになるのか、私にもさっぱりわかりません。怪しく、いかがわしい、その世界を是非、味わいに来てください。
                カッパラパン.jpg
                あさひかわ新聞に載っていた記事です。


                6/12 ハレバレパレット

                0
                   ここによく登場するカワゴンが言いだしっぺで始まった鷹栖の野外フェス『ハレバレパレット』を紹介します。

                  開催日時   2013年6月23日(日曜日)

                  場所:パレットヒルズ鷹栖    住所:鷹栖町町17線8号

                   時間:09:30開場   17:00終演予定  

                  主催者について

                  鷹栖に住む人  鷹栖で仕事をしている人 鷹栖が好きな人

                  たかすの事をもっと知りたい人々が集まって、企画しています。

                   ハレバレパレットHPより http://harebarepalette.jimdo.com/about-2/

                  私は、朝と昼、ステージの屋根を乗せる柱の材料作りをしました。
                  RIMG9362.jpg RIMG9361.jpg





                  バタコさんが、宣伝用のカカシをかわいく直してくれました。(こわいと言われ、で戻ってきたかかしちゃんです)
                  RIMG9377.jpg 夜は、実行委員会です。
                   差し入れのケーキをいただきながら、当日や、前日の準備の打ち合わせです。
                   RIMG9380.jpg

                  会場を飾るタルチョです。
                  RIMG9381.jpg PA担当とMC(おとじろう)と舞台監督らで、当日のタイムスケジュールや、セッティングの打ち合わせです。  RIMG9383.jpg

                  手作り野外フェスへ向けていよいよラストスパートです。
                  みんな来てください。


                  5/19 Aちゃんの結婚式を祝う会

                  0
                      Aちゃんの結婚式を勝手に祝う会主催の結婚パーティーを、『嵐山ビジターセンター』で行いました。
                    準備を始める前にビジターセンターで撮った写真です。
                    DSC04716.jpg 受付もできました。
                     DSC04719.jpg
                    旭が丘の怪しい牧師さんによる愛の誓いです。
                    DSC04749.jpg DSC04750.jpg石釜のパンをみんなで食べました。ケーキカットではなく、パンカットをしました。
                     DSC04757.jpgDSC04725.jpg

                    おもしろコーナーでは、Aちゃん〇×クイズをしました。司会は、子連れの〇ちゃんです。
                    DSC04758.jpg DSC04760.jpg

                    Aちゃんがビジターセンターで会っていた子どもが二人で、バイオリンの演奏をしてくれました。
                    山に響き渡るバッハの調べに、おじさん思わず泣きそうになりました。
                    DSC04765.jpg おとじろうも「ビジターセンターで結婚式」の唄と、日本の名曲「花嫁」を歌いました。
                     DSC04774.jpg
                    いろんな楽器でのバンド演奏もありました。
                    DSC04776.jpg ビジターセンターの2階から、もちまきです。 
                     DSC04779.jpg
                    DSC04782.jpg 
                     DSC04781.jpg
                    そして、フォークダンスです。まずは、マイムマイム
                    DSC04790.jpg つづいて、ジェンカです。
                     DSC04792.jpg

                    最後は、何故か、阿波踊りです。
                    DSC04794.jpg DSC04796.jpg最後の人間のトンネルをくぐっての退場です。
                    DSC04801.jpg DSC04802.jpg

                    DSC04803.jpg あ〜、おもしろかった。いい天気と、気持ちの良い春の風、おいしい石釜パンと豚汁、持ち寄り料理、選び抜かれたBGM。暖かい人達と、遊びまわるこども達。参加した誰にとっても忘れられない一日となりました。
                     準備に関わってくれた皆さん。参加してくださったみなさん。そして、「勝手に祝う会」にのってくれた二人に感謝です。
                     月並みですが「お幸せに」。


                    4/17 こんな催しやります。

                    0
                       あんみちゃんを知ってる人も知らない人にもお知らせです。
                      旭川の嵐山のふもとのビジターセンターというところで「あんみちゃんとてしろぎくんの結婚パーティーをやることにしました。参加したい方は連絡下さい。



                      links

                      profile

                      書いた記事数:1908 最後に更新した日:2017/08/14

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>

                      categories

                      selected entries

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
                        io-nakano
                      • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
                        ほっとする居場所
                      • 12/28 ぞうさんの最後の納品した車椅子
                        知識陣 健康

                      search this site.

                      others

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM