民主党北海道に電話とFAXをしました

0

    拡散、シェア希望です。

    今日の夕方、北海道新聞の1、2面に「民主党独自候補擁立模索」の記事が出ていました。怒りがこみ上げてきました。一体民主党は何を考えているのかと・・!
    そこで、ネットで『民主党北海道』の電話番号をみつけ、電話しました。
    こんなことは、初めてです。

    ...

    私『民主党が独自候補を立てれば、確実に票が割れて、共倒れになると思います』

    担当の方『私もそう思います』

    私『なぜ、そんなことをするのですか?』

    担当の方『今朝から、そういう電話がいっぱいかかっています。厳しいお怒りの言葉でした。』

    私『滋賀知事選、沖縄知事選、佐賀知事選と自民党が推す候補が3連敗している   中、北海道がその流れを止めてどうするんだ!』
    担当の方『そうですね。それは大事にしたいですね』

    私『佐藤のりゆきさん支持で一本化してくださいと横道さんら上層部に伝えてくだ  さい!』

    担当の方『その言葉、受け止めさせてもらいます』

    もっと、いろいろ話ししたのですが、大まかな感じはこういう感じです。私も、最初は冷静に話していたのですが、このままでは絶対負けるという危機感がこみ上げて来て、最後は必死な訴えになっていました。

    『私は、民主党が推す候補に投票してきましたが、もし、民主党が独自候補を擁立するなら、私は、今回民主党の候補には投票しません!』と、宣言しました。

    私、本当に、民主党が独自候補を擁立した時点で、北海道知事選の結果が決まる気がしています。道民の声にも想いにも耳を傾けることなく、民主党の党内事情だけで、4月の北海道知事が決まることに腹立たしい思いをしています。

    もし、同じような想いを抱いている人がいましたら、是非、民主党北海道にその想いを伝えましょう!今からでも遅くないと私は思います。

     電話とFAXいっぱい送りましょう!

    民主党北海道電話番号 011-272-8500
          FAX番号 011-221-1019
    民主党北海道HP http://www.minsyu.net/
    1524660_779519025460607_1450797471526841172_n.jpg10906292_779519012127275_323617663730639616_n.jpg

    民主党北海道にFAX を送りました!
    電話011-272-8500
    FAX 011-272-1019
    10685518_779815628764280_8598263940963143158_n.jpg


     


    佐藤のりゆき氏ぴっぱら来訪

    0
       

      北海道知事選挙に立候補を表明している佐藤のりゆきさんが、ぴっぱらを訪ねてくれました。ちょうど集まっていたお母さん達と教育のこと、原発のことを話ししました。
      教育に関しては、『作物を育てること』『『物を作ること』が大切に思えるような『教育』がなされる必要があることを訴えていました。
      畑やものづくりが生活と結びついた場が、子どもの育つ場として重要とする考え方と近いと感じました。

      大間原発に関しては、来週、函館の工藤市長と直接会って、『北海道として、どういう支援をしてゆくことが一番いいのか』を話し合って来たいと、反対の意思の強さを感じました。

      高レベル廃棄物処分場の北海道内での建設には、明確に反対をしていました。ただ、今後国がその場所を指定する動きが強まるので、その時には、北海道民の『嫌だという世論』の大きな後押しが大事だと言っていました。

      その他の話は、次回・・・。

      ぴっぱらを訪ねてくれた時の写真を撮り忘れたので、写真は佐藤のりゆきさんのfacebookから借用しました。

      223974_298276230279479_1315712573_n.jpg


      「選挙cafe」

      0
         

        いよいよ、明日、選挙です。今日も小学生ぴっぱらのお母さんが、声をかけ、「選挙cafe」が行われました。
        自分の1票が、死に票にならないためにどうすればいいのか?比例はどこに入れても死に票になりにくいって話を聞いたよ。比例は、どうやって当選者が決まるのだろう?
        誰も正確に答られる人がいなく。スマホでしらべました。ドント式というやり方で、各政党の当選者が決まって、各政党の出した名簿の中から当選者が決まりま す。参議院選挙の比例は、順位がないけど、衆議院選挙には順位があって、小選挙区と重複してる候補者と、比例単独の候補者がいて、重複する人だけ複数同順 位にすることが、できます。

        意味わかりますか。わかれば面白いですが、難しいことはよくわかりました。テレビも新聞もきちんとした説明をしません。選挙に関する報道は、小泉選挙の時の3分の1だそうです。

        視聴率がとれないのと、「公平」に扱う番組作りが難しいという理由が考えられるそうです。

        きっと選挙cafeのように、みんなで、あ〜だこ〜話して勉強して選挙に関心を持つことがほんとうに大事と思う。

        が、なんせ、とにかく、選挙期間が2週間は短過ぎです。まるで国民は難しいこと考えるなといっているようだ。

        というか、今回の選挙は、それが目的としか思えない。

        安部政権の横暴と選挙制度の問題が浮きぼりとなったと感じる選挙です。

        とりあえず、私達にできることは、明日、投票で想いを形にかえることです。私には1票しかありませんが、こんな不安な気持ちになったことと、何百票、何千票欲しいと思ったことは初めてです。こうして発信してきたことで1票でも増えることを祈って、今日は寝ます。


        『選挙カフェ』

        0
           今日は、『選挙カフェ』が、らいるで行われました。幼児ぴっぱらのお母さんが呼びかけたものです。私もちょこっと顔を出しましたが、お母さんたち感じている今の世の中への不安と恐ろしさ、そして、今回の選挙にどう向かったらいいのかわからない戸惑いを痛いほど感じました。

          みんなが何を選択し、選挙結果がどうなろうとも、こういう呼びかけをしたお母さん、そして、集まって真剣に考えたお母さん達を私は尊敬します。
          なんか、一番大事なことですよね。

          明日の小学生ぴっぱらでも行われます。


          民主主義の最前線:This is what democracy looks like! SASPL!!

          0
             

            物心ついてから、ずっと日本は、なんだかんだあっても『民主主義』の国だと思ってきました。今度の選挙で、それが終わるかもしれないと恐怖でした。でも、『民主主義』の国だと思い込まされてきたのですね。『始めればいいじゃん』という主張、もっともだと思います。納得です。

             「終わってんなら、始めるぞってことです」


            民主主義の最前線:This is what democracy looks like! SASPL!!

            http://oshidori-makoken.com/?p=403


            菅原文太さんが亡くなりました。

            0
              菅原文太さんが亡くなりました。

              最後の最後まで、前面に立って、命をふりしぼり、命の大切さを訴えてくれた文太さんに感謝です。

              『沖縄の風土も、本土の風土も、海も山も、風も空気も全て国家のものではありません。そこに住む人達のものです。』

              菅原文太氏のスペシャルゲストあいさつ


              室井佑月 民主党は山本太郎を見習え

              0
                 室井佑月 民主党は山本太郎を見習え
                http://no-nukes.blog.jp/archives/7879255.html

                野党として目立った役割を果たせていない民主党に、作家の室井佑月氏は「だらしない野党のみなさんにむかついている」と怒りをあらわにする。
                *  *  *
                永田町恐怖新聞」というのをご存知か? 参議院議員の山本太郎さんが作っている新聞だ。早く第2号が出ないかと、心待ちにしている。







                この新聞はインターネットで見ることができる。そして、この新聞を良いと思った人は、自分で印刷し、友人や知人などに配って広めてくれ、ということみたい。もちろん、独りでこっそり読むのもありだけど。
                 あたしはさっそく印刷し、友人に配っちゃったよ。

                 永田町恐怖新聞には、現政権のおかしさがわかりやすく書かれてある。

                 たとえば、「安倍総理と自民公明連立政権からあなたへ(音符マーク) 心を込めたプレゼント(ハートマーク) もう届きましたか?!」という見出しの内容は、消費税8%に増税、国民年金保険料支払い増、高齢者医療費負担の増額などなど。

                「これから先、安倍総理と自民公明連立政権が皆様に心を込めてお届けする贈り物(ハートマーク)」とは消費税10%だったり、残業代ゼロだったり、労働時間の規制緩和だったりする。

                 紙面はカラフルで、薔薇の花や子どもが描いたような金髪のお姫様が。内容は真面目なのにね。

                 いや、ただ真面目なだけじゃない。「心を込めたプレゼント(ハートマーク)」って、皮肉が利いているよなぁ。「あなたへ(音符マーク)」も笑かしてもらえる。これって重要なんじゃね?

                 山本さんは自分の意見を聞いてもらいたいから、面白さというサービスをつけたんだ。ここんとこ存在感ゼロであるほかの野党のみなさんは、山本太郎を見習ったほうがいい。どうするんですか、これから?

                 世の中になんの興味も示さなかった人が、気づかざるをえなくなるのを待ちつづけるってか。そん時は、あんたらが動いたってどうにもならなくなっていたりしないのか。

                 そうなの、あたしはやりたい放題の自民党を超えて、だらしない野党のみなさんにむかついてきている。

                 はっきりいって今、最大野党である民主党議員の男とつき合ったりしていたら、恥ずかしくて人にいえないレベルじゃね? つーか、政治家って恥ずかしくね? ということを、ご本人たちにわかってもらいたい。

                 9月21日付の東京新聞に、「国会議員の文書交通費 提言放置 使途公開せず」という記事が載っていた。

                 議員の給与とは別の、文書通信交通滞在費(文書交通費)。領収書提出や使途公開の義務はないし、返還も不要だから、不適切な使い方をする輩がいて問題になっている。

                 こりゃあ、議員のみなさんにとっては美味しいよな。手放したくないよ。自公がこの制度の見直しに消極的なのはわかる。そっとしておいて欲しいだろう。しかし、最大野党の民主党も見直しに消極的ってどうなの?

                 わかりやすい対立軸がひとつ増えると大喜びする場面じゃないのか。選挙で落とされたらただの人、文書交通費ももらえなくなるんだよ! もらえなくなれ!





                元自衛官の話

                0
                   昨日、安倍首相が「戦争に巻き込まれることは絶対ない」と記者会見で言った事を、私は嘘と断言しま した。でも、この元自衛官の「 売られてもいない他人の喧嘩に、こっちから飛び込んでいこうというんです。 それが集団的自衛権なんです。」という話を読むと、確かに「巻き込まれる」のではなく「積極的にに参加する」訳で、そういう意味では「戦争に巻き込まれる ことは絶対ない」は正しいことなのかもしれません。安倍さんがそこまで考えて言ったかどうかは、わかりませんが‥。
                  http://amenmama.tumblr.com/post/90449448935


                  以下、転載

                  街頭にて 元自衛官 泥 憲和さんより

                  突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。 集団的自衛権に反対なので、その話をします。 私は元自衛官で、防空ミサイル部隊に所属していました。 日本に攻めて来る戦闘機を叩き落とすのが任務でした。

                  いま、尖閣の問題とか、北朝鮮のミサイル問題とか、不安じゃないですか。 でも、そういったものには、自衛隊がしっかりと対処します。 自衛官は命をかけて国民をしっかり守ります。 そこは、安心してください。

                  いま私が反対している集団的自衛権とは、そういうものではありません。 日本を守る話ではないんです。 売られた喧嘩に正当防衛で対抗するというものではないんです。 売られてもいない他人の喧嘩に、こっちから飛び込んでいこうというんです。 それが集団的自衛権なんです。

                  なんでそんなことに自衛隊が使われなければならないんですか。 縁もゆかりもない国に行って、恨みもない人たちを殺してこい、 安倍さんはこのように自衛官に言うわけです。 君たち自衛官も殺されて来いというのです。 冗談ではありません。 自分は戦争に行かないくせに、安倍さんになんでそんなこと言われなあかんのですか。 なんでそんな汚れ仕事を自衛隊が引き受けなければならないんですか。 自衛隊の仕事は日本を守ることですよ。 見も知らぬ国に行って殺し殺されるのが仕事なわけないじゃないですか。

                  みなさん、集団的自衛権は他人の喧嘩を買いに行くことです。 他人の喧嘩を買いに行ったら、逆恨みされますよね。 当然ですよ。 だから、アメリカと一緒に戦争した国は、かたっぱしからテロに遭ってるじゃないですか。 イギリスも、スペインも、ドイツも、フランスも、みんなテロ事件が起きて市民が何人も殺害されてるじゃないですか。

                  みなさん、軍隊はテロを防げないんです。 世界最強の米軍が、テロを防げないんですよ。 自衛隊が海外の戦争に参加して、日本がテロに狙われたらどうしますか。 みゆき通りで爆弾テロがおきたらどうします。 自衛隊はテロから市民を守れないんです。 テロの被害を受けて、その時になって、自衛隊が戦争に行ってるからだと逆恨みされたんではたまりませんよ。 だから私は集団的自衛権には絶対に反対なんです。

                  安部総理はね、外国で戦争が起きて、避難してくる日本人を乗せたアメリカ軍の船を自衛隊が守らなければならないのに、いまはそれができないからおか しいといいました。 みなさん、これ、まったくのデタラメですからね。 日本人を米軍が守って避難させるなんてことは、絶対にありません。 そのことは、アメリカ国防省のホームページにちゃんと書いてあります。 アメリカ市民でさえ、軍隊に余力があるときだけ救助すると書いてますよ。

                  ベトナム戦争の時、米軍は自分だけさっさと逃げ出しました。 米軍も、どこの国の軍隊も、いざとなったら友軍でさえ見捨てますよ。 自分の命の方が大事、当たり前じゃないですか。 そのとき、逃げられなかった外国の軍隊がありました。 どうしたと思いますか。 軍隊が、赤十字に守られて脱出したんです。 そういうものなんですよ、戦争というのは。

                  安倍さんは実際の戦争のことなんかまったくわかってません。 絵空事を唱えて、自衛官に戦争に行って来いというんです。 自衛隊はたまりませんよ、こんなの。

                  みなさん、自衛隊はね、強力な武器を持ってて、それを使う訓練を毎日やっています。 一発撃ったら人がこなごなになって吹き飛んでしまう、そういうものすごい武器を持った組織なんです。 だから、自衛隊は慎重に慎重を期して使って欲しいんです。 私は自衛隊で、「兵は凶器である」と習いました。 使い方を間違ったら、取り返しがつきません。 ろくすっぽ議論もしないで、しても嘘とごまかしで、国会を乗り切ることはできるでしょう。 でもね、戦場は国会とは違うんです。 命のやり取りをする場所なんです。 そのことを、どうか真剣に、真剣に考えてください。

                  みなさん、閣議決定で集団的自衛権を認めてもですよ、 この国の主人公は内閣と違いますよ。 国民ですよ。 みなさんですよ。 憲法をねじ曲げる権限が、たかが内閣にあるはずないじゃないですか。 安倍さんは第一回目の時、病気で辞めましたよね。 体調不良や病気という個人のアクシデントでつぶれるのが内閣ですよ。 そんなところで勝手に決めたら日本の国がガラリと変わる、そんなことできません。

                  これからが正念場です。 だから一緒に考えてください。 一緒に反対してください。 選挙の時は、集団的自衛権に反対している政党に投票してください。 まだまだ勝負はこれからです。 戦後69年も続いた平和を、崩されてたまるもんですか。 しっかりと考えてくださいね。 ありがとうございました。



                  しょうけい館を知っていますか

                  0
                     東京九段下の交差点を挟んだ神田側のビル街「しょうけい館」という展示施設があることを今日初めて知りました。是非、みてみてください。
                    とても貴重な施設と思います。いつか、圧力がかかってなくなる時が来ないことを祈っています。


                    以下転載

                    ただいま明朝配信のメルマガ122号、最終調整中!
                    というさなかですが、集団的自衛権・閣議決定という段階を踏まえて、去年夏に取材・配信した、東京九段下「しょうけい館」の記事を、どなたでもご覧いただけるよう特別サイトを作りました。
                    しょうけい館は別名「戦傷病者史料館」とあるように、戦争によって負傷した戦傷病者とその家族の人生を描き出すことで、戦争の悲惨さを訴える史料館。召集令状から兵士の遺品、義手、義足、傷痍軍人コーナーまで、展示すべてが悲惨! とりわけ迫真の野戦病院ジオラマが、胸に迫ります。勇ましいこと言ってる政治家やネトウヨ、煽ることしか知らないオヤジ週刊誌の編集者たちには全員、しょうけい館で半日過ごしてからいろいろ発言してもらいたいもんです! 
                    こちらからゆっくりご覧ください

                    http://roadsiders.com/backnumbers/article268.php


                    昨日の夜は」逃避しました

                    0
                       

                      昨日の夜は、ニュースも何も見たくなくて逃避しました。
                      『ノア約束の舟』という映画を観に行きました。
                      映画は、良かった。とっても、良かった。

                      朝になってテレビで、安倍首相の会見を観ました。

                      「戦争に巻き込まれることは全くありません」という言葉で、オリンピック誘致の「汚染水は完全にコントロールされている」という言葉を思い出しました。

                      私は、どんな国でも、どんな状況でも、地球上で一緒に暮らしている限りは「『戦争』に巻き込まれないで生きてゆくことはできない」と思います。

                      そういう意味では、威勢もいいし、耳触りも良いのですが、
                      『戦争に巻き込まれることは全くありません』は、嘘です。
                      『原発事故は絶対に起こりません』と全く同じ嘘です。

                      それが、通用すると思っているほど、現実味のない人に、多くの人達の命を預けることは本当に危険だと思います。



                      links

                      profile

                      書いた記事数:1908 最後に更新した日:2017/08/14

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>

                      categories

                      selected entries

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
                        io-nakano
                      • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
                        ほっとする居場所
                      • 12/28 ぞうさんの最後の納品した車椅子
                        知識陣 健康

                      search this site.

                      others

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM