7/8ブログ◆,蠅このやっちまっただ ケーキ編

0
      私が、2階にあがってゆくと、らいるのお手伝いをしてくれているYちゃんが、「りかこさん。又、やっちまっただですよ。ちゃんと写真も撮っておきました。」とニコニコしながら話してくれました。
                                                                  「何があったの」と聞くと、「まず、これが今週のデザートです。」と、シフォンケーキを指差します。


    「そして、これがりかこさんの今日作ったケーキです。」と言って、見せてくれた写真がこれです。

    私は、ケーキには詳しくないのですが、それでも「これ、ロールケーキの生地じゃない」と答えることができました。

    すると、Yちゃんが、「そうです。これを焼いちゃったんです。そして、その間違いに気付いたのは、焼きあがってから・・・・・・ではなく。」と嬉しそうに話していると、りかこが「小麦粉に、卵を入れて・・・・なんたらかんたら」とどこで気付いたかを説明して、「それで、ロールケーキにしたの。こんなのやっちまっただの中ではハナクソみたいなものよ。スパイがいるわ」と逆切れしていました。というわけで、このロールケーキは田んぼちゃんプロジェクトの休憩のおやつになります。久々のハナクソみたいではありましたが『りかこのやっちまっただ』でした。

    7/8ブログも見てください


    7/3ブログ 得点をごまかしました私

    0
      得点をごまかしました私
      今日は鷹栖町の北野地区のふれあいスポーツデー。いうなれば町内会の運動会です。写真は準備体操をしているところ。

      私の部落では、私が一番若いので、こういう行事の役員は必然的に私がする事になり、ほとんど毎年参加する事になります。
      私は用具係りで、毎年用具の出し入れをするのが仕事です。
      その中で、玉入れのカゴのついた棒を持つ仕事があります。玉入れは結構盛りあがるし、 数を数える時に最後の玉を高く投げあげるのが好きなので、さっそうと棒を持って会場に出て行きました。

       みんなが私を取り囲んで立っていたので、「棒を持ってる私に玉が当たったらマイナス1点になります」と冗談のつもりで言ったら、みんなキョトンとしています。あわてて「冗談です」と言いました。「こうしたらいっぱい入る」とか結構みんな真剣です。
       そのうちスタートの合図がなりました。
      多分世界でも珍しい、玉がカゴに入る瞬間を下から撮った写真です。

       みんな真剣です。終了の合図とともに、審判長が数える数に合わせながら、カゴの中の玉を投げてゆきます。これはちょっと緊張します。



      しばらく順調に投げていると、ハプニング。一度投げた玉が又、カゴに戻って来てしまいました。とっさにそれを出してしまえば良かったのですが、その玉を見失ってしまいました。今考えれば、別に他の玉を出せばよかったのですが、その怪しげな行動を指摘されたらどう答えたら良いだろうかとか、今数を数えるのをやめてもらうわけにはいかないよな等、考えているうちにどんどん、数が数えられていってしまいました。
      しばらくして、又、玉が戻ってきて、かごに入りました。今度は冷静に、それをスッと出しましたが、結局、最後の62個目の玉を空高く投げ上げ、62点ということになりました。
       今回のことは、誰も気付いてはいませんが、何か悪いことをしたようになってしまった私は、ここで報告します。『鷹栖町の第13回北野地区ふれあいスポーツデーの第8種目玉入れの青組みの得点は、実は61点です』

      毎年、ふれあいスポーツデーの後はジンギスカンです。


      お肉を食べていると、今回、一緒に鍋を囲んだSさんが、「今、薪でごはんが炊けるからね」と言いました。様子を見に行くというので、ついて行くと、開場の端のほうで、ペール缶に、穴を開け、上部に羽釜をのせて炊いていました。

      どんな木を使って、どれくらい炊くとおいしくなるか研究しているそうです。

      「おいしいおこげを作りたいから、もう少しだな」
      「この木のふたの厚みが大事なんだ」
      「震災とかあっても、俺はこうやってごはんが炊けるから、大丈夫だ」
      「今の鍋は、ステンレスだから、ダメなんだ。これはアルマイトだから、火力が強くても大丈夫」
      「ふきこぼれないとダメなんだ」
      「俺が時計をしているのは、木の種類によって時間を計るためなんだ」等々の話を聞かせてもらっているうちに、炊き上がりました。
      「ほら、立ってる。立ってる」と言いながら、最初のひと盛のごはんを頂きました。本当においしかったです。いい人のいるところに座りました。今日は、いい日でしたよ。

      やっちまっただ 歯医者編

      0
         今日は、又、歯医者さんに行ってきました。
         「先生のことをねづっちに似てるとかってブログにかいたなぁ」と思いながら治療を受けていたその時に、「めいちゃんはいくつになりましたか」と、突然、先生が質問しました。
         長女の明もお世話になっていたので、それでだとは思うのですが、質問されたその時には、私は大きな口をあけ、銀歯をつけてもらっている最中で、唾液ものどの奥にたまっていました。
         何も声も出せずに、頭の中で「22歳です」と答えていると、先生も状況に気付いたらしく「あっ、これじゃ答えられませんよね。」と言い、私はかすかに頭を縦に動かしました。
         「22歳です」と言葉に出せない言葉を頭の中でグルグルさせているうちに、銀歯がつけられ、先生は若いお姉さんと交代し、私はさらに大きな口を開け、お姉さんに銀歯を指で押さえられながら、頭の中では「22歳です」がグルグルしていました。「このまま治療が終って、変える時に先生が別な人の治療をしていたらこの『22歳です』はどうなるのだろうと心配しつつも、「先生は、長い歯医者人生の中で、大きな口を開けたままになっている患者さんに質問をしたことはあるのだろうか。あったとしたら、同じ状況だったわけで、その後気をつけるはずだし、何故、突然それを質問したかはわかりませんが、ひょっとしたらついうっかり初めてやってしまったことかもしれないぞ。だとしたら先生はひょっとしたら『やっちまっただ』と思っているかもしれないなぁ」とか、なんとか考えているうちに、銀歯はしっかり固定されました。
         その時、たまたま、先生は治療はしていなくて、受付の所のパソコンを見ていたので、何も答えず帰るのは失礼と思い、「22歳です」あぁ、そうですか」と会話をし、帰ってくることができました。
         これは『歯医者さんのやっちまっただ』だと思うのですが、どうでしょう。

         ちなみに私は、今日、誕生日で、めでたく51歳になりました。これで半世紀と1年生きたことになります。
         今21世紀ですから、私が、生きた半世紀を40回さかのぼるだけで、キリスト誕生の時にさかのぼれるわけです。又、半世紀を1日と考えると、40日前には、キリストが誕生したんだと考えると、結構、人類の歴史は短いもので、私の生きた半世紀もその歴史の一部なんだということを、身近に感じることができるぞとかなんとか考えている51歳の私です。

         そして、1000年に1度の大津波ということは、私の今までの人生20回前と、20日以後だなぁと、やっぱり、震災、原発のことを考えてしまう51歳の私でもあります。あ〜あ。
                                         音次郎

        軽くやっちまっただ ハクキンカイロ編

        0
            りかこがチラシ配りから帰ってきて、色々話を聞いて、チラシ配りの話の他にハクキンカイロのことをブログに書こうと思い「ハクキンカイロある」と聞きました。
           「そのテーブルの上にある」と言うので、捜してもありません。カバンの近辺、上着のポケット等捜してもありません。「ないよ」と言うと、「車の中かも。でも、もう疲れたから取りに行くのめんどくさい」と言うので、外へ行って車の中を捜しましたが、それでもありません。
           「なかったよ」と言うと「どうしたんだろう」とりかこ。
           仕方がないのでPCに向かい、ブログを書き始めました。しばらくするとケタケタケタと大きな高笑いが聞こえてきて、「あった」と笑いながら近寄ってきます。そして、ジーパンのチャックを降ろすと、りかこのお腹を温めていたハクキンカイロさんが現れました。

           これは、「最近の私は、昔みたいな大きなやっちまっただはやらなくなったよね」とりかこ様がのたまわった10分ぐらい後の出来事でした。
          チャンチャン。

          ハクキンカイロの話

          0
              六ヶ所村ラプソディーのチラシ配りに家を出るりかこが雪混じりの外をみて「ハクキンカイロどこにある」と聞いてきました。
            ハクキンカイロは皆さん知っていますか。私が子供の頃には普通に家にありました。このおじさんの絵で思い出す世代もあると思いますが、ベンジンという揮発性の液体を入れて、マッチの火をつけると、その量によって最高24時間暖かく熱を発します。ハクキンカイロのすごいところは、燃えているのではなく、化学反応で熱を発することです。だから、マッチかライターの火は最初の化学反応を起こすために熱を加えているだけです。だから、安全です。使い捨てカイロが普及しだしてから、ほとんど見なくなってしまいました。



            でもおととし、たまたま手に入れた「愉しい非電化 エコライフ&スローライフのための」という本の中に紹介されているのを見て、「そういえばこういうのあった」と思いネットで購入しようとしたのですが、結構人気があるらしく、品切れ状態だったので、買うのをあきらめていたのが、たまたま昨年、秀岳荘で見つけて買いました。使い捨てカイロは、ゴミになるし、これはベンジンさえあれば、何度でも使えます。そして、液を入れて、マッチで火をつける最初の作業がなんともワクワクするし、おしゃれな気がします。
             それが面倒くさいから、使い捨てカイロが普及したのだとは思いますがこれはやっぱり優れものです。
             そして、このハクキンカイロは1923年に日本人により発明され、世界中で愛用されたそうです。それもなんかちょっと嬉しいです。

             
            ハクキンカイロを買うきっかけになったこの本ですが、他に「非電化冷蔵庫」
            「非電化照明」「太陽熱温水器」「非電化冷暖房」「非電気洗濯機」等が紹介されています。
            この本を書いた藤村靖之さんは「アタラシイコトハ ヤッテミナケレバ ワカラナイ ダカラ ココデ ヤッテミル」ということで那須に非電化工房を作り日々発明にいそしんでいるそうです。
             非電化工房HPhttp://www.hidenka.net/jtop.htm
             見てるとなんかこんなんいいんだと楽になってきます。

             ひとが 電気を うみだした  電気が 便利を うみだした
             便利が 肥満を うみだした  そうか ‥‥ 電気を へらそう
               

             ひとが 電気を ふやした    
            電気が CO2
            を ふやした
             CO
            2
            が 厄介を ふやした    そうか ‥‥ 電気を へらそう
                
            でも  ‥‥    
             電気を へらすと 便利が へるぞ 便利を へらすと 時間が へるぞ
             時間を へらすと お金が へるぞ お金を へらすと 幸せが へるぞ
                 
               ‥‥‥ ほんとかな?    (非電化工房HPより)


                  ダカラ ココデ ヤッテミル 

            あららら3

            0
               りかこではないのですが、もうひとりやっちまった人がいます。

              ぞうさんに働きに来ている今金出身の児童クラブの指導員の〇ちゃんです(プライバシーに配慮し、〇ちゃんと仮名にしました。)
              彼は、交通安全指導員といって

              こんなかっこうをしながら
              (この写真は本人と全く関係ありません)、
              子供達の通学の安全を守るべく、朝、交差点に立ち、誘導と交通安全の呼びかけを行っております。
              今日も元気に仕事を終え、この格好のまま車を運転していたのですが、なんと前を走ってた車に、後ろからぶつかってしまったそうです。スピードがたいした出ていなかったので、お互い怪我等もなく、前の車の後ろと自分の車の前のバンパーがちょっとひしゃげたくらいでした。
              が、ぞうさんに来てからもため息をついて「あ〜あ」と落ち込んでいました。
              みなさん、交通安全指導員でもこういうことあります。
              気をつけましょう。

              あららら2

              0

                りかこのやっちまっただ第2弾

                こんなに早く第2弾がかけるとは思っていませんでした。

                これは、小屋の中で煮炊きをするための時計型ストーブです。
                何故か、ストーブ穴の大きな方があいています。
                りかこもどこにいってしまったのか不思議に思っていたそうです。
                そして、今日ストーブでお湯を沸かすため釜を出してきたところ、なんと

                「なべの底についたまましまっていた」と言いながら笑いながらやってきました。


                あららら・・・・

                0
                    みなさんお待たせ、「りかこのやっちまった」第1弾です。
                  朝、起きて階段を降りて行くとりかこが人参りんごジュースを作っていました。このジューサーは、アメトークの家電芸人で細川茂樹が「皮ごとしぼれ、皮や絞りかすがきれいに分離される」と勧めていたものを私が欲しいといって購入したものです。その責任もあり、普段は人参とりんごで私が作っているのですが、

                  毎朝の野菜ジュースの材料

                  この日は、私が寝坊をしたので、りかこが作っていました。グイ〜ン、グイ〜ンというその音のなる方を見ると、なぜか見慣れない光景が飛び込んできました。


                  あら、あら、あらと思いよく見ると、絞りかすを受ける容器が完全にはずれ、下の写真の状態になっていました。

                  あらあらあらと言っても、りかこはまだ気付かず、私がカメラを出してきて初めてその状態に気付き「あ〜あ」といいながらも笑いこけてました。
                  以上、りかこのやっちまっただ第1弾でした。 (音次郎)



                  links

                  profile

                  書いた記事数:1908 最後に更新した日:2017/08/14

                  calendar

                  S M T W T F S
                   123456
                  78910111213
                  14151617181920
                  21222324252627
                  28293031   
                  << January 2018 >>

                  categories

                  selected entries

                  archives

                  recent comment

                  recent trackback

                  • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
                    io-nakano
                  • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
                    ほっとする居場所
                  • 12/28 ぞうさんの最後の納品した車椅子
                    知識陣 健康

                  search this site.

                  others

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM