商売あがったり

0

    めいのやっちまっただ
    じゅんきとなっつと、私の4人でびっくりドンキーにやってきました。おいしくハンバーグをいただき、デザートまで食べ、まったりしながら、元気はいつ結婚するんだろうという話になりました。すると、めいが、「結婚したらいいさ。家族ができたらいい歌いっぱいできるよ。そしたら商売あがったりだ〜。」とおもいっきりの笑顔で言ってから、「あれっ、それはだめか?う?私って本当にことばしらないんだわ」と、ゲラゲラわらいだしました。何を、言いたかったのか、よくわからないでいると「あがるんだからいいんだと思ってた。」と言いながら、輪をかけて笑い転げています。なんと娘は「商売あがったり」が、あがるからいいいいことなんだと思っていたのです。そんな娘をもった私に私は「あがったりだー」と心のなかでさけんでいました。


    もう真冬です

    0

      今日のもりのようちえんぴっぱらの写真

      もう真冬です。

      PB253146.jpgPB253139.jpgPB253138.jpgPB253135.jpgPB253132.jpgPB253130.jpgPB253129.jpgPB253128.jpgPB253127.jpgPB253126.jpgPB253125.jpgPB253122.jpgPB251773.jpg15203401_1079835565468792_4579590135726554024_n.jpg15193612_1079835248802157_8566340577927698585_n.jpg15178227_1079835285468820_2971759185395976384_n.jpg15122931_1079835638802118_3137430959376508800_o.jpg


      野鳥のお話会と巣箱づくり、巣箱かけ

      0

         今週の日曜日11月27日昼12時半から

        『野鳥のお話会と巣箱づくり、巣箱かけ』のイベントをやります。

        最初、魔女来夢という野鳥が見れるcafeに行き元旭山動物園の高橋さんに野鳥とエゾリスなどの話をしていただき、その後、ぴっぱらの納屋ちゃんで、巣箱づくりをし、パレットヒルズの林に巣箱をかけに行くことになっています。

        巣箱づくりが音次郎担当になっています。

        参加無料です。

        どなたでも参加できます。

        小学生対象です

        まだ、参加者募集中です。

        私に連絡いただいても大丈夫です。

        090-5582-4346(おとじろう)

        楽しいと思うぞ〜

         

         


        りかこのやっちまっただ。

        0

          りかこのやっちまっただ。
          森のようちえん全国フォーラムてるちゃんの分科会でのできごと。
          ワークショップのグループ分けをするために、まず10〜20代、30代、40代、その他に分かれてくださいと言われ「その他かよ」とぶつぶつ言いながら分かれるりかこ。
          その後、若い人から1列に並び、4つのグループに分かれるので「1から4の番号を言ってください」と言われ、「1234」「1234」「1234」とみんなが言ってゆき、りかこの番になり、大きな声で「5!」と答えました。隣に立っていた私は、思わず頭を後ろから叩いて「コントかよ」と突っ込んでいました。笑い声につつまれそれぞれのグループに移動するなか、自分でもおかしく笑っていたりかこが「あれっ、1はどこ?」と言い、てるちゃんも「世話のかかる人だなぁ」と笑いをとってくれ、私も「すみません。その他ですから」とフォローしました。

           


          森のようちえんフォーラム全国交流会

          0

            11月4〜6日まで森のようちえん全国フォーラムにみんなで参加してきました。

            今日から大沼公園で行われている森のようちえん全国フォーラムに参加です。朝7時半に雪道の中出発して、6時間半かかり1時間の遅刻で到着です。夜のナイトセッションは、森のようちえんをやっている牧場が会場です。厩舎の中でのフリー分科会!「森のようちえん」という言葉で、こんなにワクワクし、集まって来る人達がいることは、ほんとに心強い限りです

            14907238_1154253494653823_6161275824221181177_n.jpg14925391_1154253251320514_2067958341900214938_n.jpg14572440_1154253187987187_9024395200277246930_n.jpg14937416_1154253327987173_2081859720583482045_n.jpg

             

            稚内のてるちゃんの分科会に参加しました。前半はてるちゃんのやっている勇知自然学校の紹介。てるちゃんの自然学校は、縁もゆかりもない稚内の内陸部勇知というところに移りすみ、奥さんが養鶏をするところから始まりました。前に勇知を訪ねた時には、人が少ないことの悩みを聞いていました。が、来年の4月から念願だった自主保育を始めるということで、良かったなぁと思いながら聞いていました。後半は「子どもが輝くとは」ということで、ワークショップ形式で考えました。きっかけとして、自分が子どもの時にやった一番おもしろい遊びの絵を書いてみることになりました。私は、裏の雪山に入って、斜面を登っては、ゴロゴロ転げて落ちてくることを繰り返した遊びの絵を描きました。その後7人くらいのグループに分かれそれぞれの絵の発表と自己紹介、そして、その絵から浮かぶキーワードを出来る限りだして分類し、輝くことがなんなのか考えました

            14925539_1154756071270232_4837633820343512310_n.jpg14906875_1154756051270234_4892417986093952762_n.jpg14907667_1154756027936903_7731280618307577685_n.jpg

             

            森のようちえん全国フォーラム。午前中は、私とりかこが30年前にその現場を離れた札幌トモエ幼稚園の実践報告の分科会でした。報告者は、20年前にトモエのスタッフになった大和君(写真後列真ん中)です。映像作家のお父さんが作ったというドローンで撮影したダイナミックとしかいいようのない営みと環境を懐かしくもあり、うらやましい想いもありでみていました。この場を支えてきた多くの人達とその年月に熱い想いがわいてきます。
            ぴっぱらの人達と行きたいとずっと思っていましたが、トモエでぴっぱらやらせてもらえればいいんだと思いつきました。
            果たしてどうなるのでしょう。ワクワクワクワク

             

            鳥取県智頭町の森のようちえんまるたんぼうの運営を担当している西村さんより、県による森のようちえん認証制度創設に至るまでの経緯の紹介を聞きました。そこで働く人達が、安心して生活でき、関わる親たちの森のようちえんとの壁が低くなるように、こういった動きは本当に大切とおもいます。現場で頑張る人と運営で頑張る人が必要なら、私は後者で頑張ろうとスッキリしました。

            14962579_1154801831265656_7375285249675003314_n.jpg

             

            森のようちえん全国フォーラム。午前中は、私とりかこが30年前にその現場を離れた札幌トモエ幼稚園の実践報告の分科会でした。報告者は、20年前にトモエのスタッフになった大和君(写真後列真ん中)です。映像作家のお父さんが作ったというドローンで撮影したダイナミックとしかいいようのない営みと環境を懐かしくもあり、うらやましい想いもありでみていました。この場を支えてきた多くの人達とその年月に熱い想いがわいてきます。

            14992009_1155497141196125_9050174807450087279_n.jpg14963234_1155497097862796_4090223855635040770_n.jpg14900318_1155497204529452_2784836036836288068_n.jpg


             


            ぴっぱら通信334から転載 ぴっぱらまつり

            0

              ぴっぱら通信334から転載 ぴっぱらまつり

               

              つねじぃ記(Kのおじいちゃん)

              ぴっぱら仕込み

               「孫のKを公園に連れて行った。「ぴっぱら仕込み〜」と言いながら遊具に飛びついて行った。当麻の「アスレチック」にKのお父さんと遊びに行った。危険と思われるステージで思わず、お父さんに「Kには無理だから手を貸してあげて」と言った。Kははっきりと言った。「勝手に決めつけないで!」その凜とした口調に「しまった。余計なことを」と後悔しつつ、高所の不安定なロープにしがみつくKの姿を頼もしく見つめていた。文化祭を見に行った。写真を撮りながら、子ども達と大人の行動を観察していた。すぐ観察する習性には困ったものだが、参加している大人は見事なまでに「ぴっぱら精神」が浸透していた。いや、浸透しているなんて失礼な話で、共通した考えの人たちが集まっている、というべきなのだろう。まさにKの言う「ぴっぱら仕込み」5歳の子が「決めつけないで」と発する環境なのだと再確認した。ギターを持った素敵な「じゅんき」が、小さな子たちの欲求を辛抱強く時間をかけて行動に結びつけていくその教育技術は見事なものだ。じゅんき・かわごん・めいの「ぴっぱら3人組」に初めて会った時の好印象は本物だった。「Kちゃん、静かな優しい曲を上手に演奏できたね」「おじいちゃん、あれデタラメなんだよ」「音楽ってデタラメが出発なんだよ。心に浮かんだ気持ちを音で表す。立派な音楽さ。だからKは音楽家」「ふう〜ん」。大勢の大人が花恵の前に並んで握手会に付き合ってくれている様子を見て「Kは何と幸せな子なんだ」と思った瞬間に私の心に何かが起きた。私にとって不運だったのは、あの広場に隠れるところが無かったことだ(※この後つねじぃは号泣した  ※ )。理香子さんから「かわごん」の結婚式の写真撮影を頼まれました。私はこの幸せな感謝の思いを結婚式にぶつけることにしました。「おめでとう」の気持ちをこめてシャッターを押す。出来上がった私の写真で感謝の気持ちを表します。お・め・で・と・う」

               

              おとじろう記

              文化祭だったなぁ〜

               その場の空気と思いつきで何かが始まるのがぴっぱら流。今回も、「えっ、再来週?」と驚きながら知らされた「ぴっぱらまつり」。せっかくなら参加したいと「動く金次郎ゲーム」をすることにしたのが、2日前。前日に「ふたりでなんかやろうか」とりかこに誘われ、当日の朝に『首ぐるぐるマジック』を思い出し、仕掛けを作り、りかこに「これやるよ」と説明したのは、本番の30分前。あわただしく出番を終え、「HとSのお笑いライブ」と、笑っているぴっぱらの人々を見ながら、つくづく思った。「やりたい」と思い「面白い」と思ったことをみんなの前でやっている彼らを、温かく楽しみながら見られる空気ってのは、ひとつの「文化」かもしれないなぁ。そして、ステージ準備で忙しく残念ながら見れなかった『売店』で起きていたいろんな物語にも同じ「文化」が流れていたのだろうなぁ。「文化祭をやりたい」というかえの言葉ではじまった「ぴっぱらまつり」は、まさしく「文化祭だったなぁ」と思いながら感激していたおとじろうでした

               

              りかこ記

              蓄えてきた何か

              Nちゃんがちょこんと座り、一人で『ケーキ屋さん』の店番をしている。「Nちゃんお買い物しに行きたかったらりかさん店番しようか?」と言うと、しばらく考えて「じゃぁ、いってきま〜す」と出かけて行った。Sは、自分の作った『くじ引き屋さん』で一人店番をしている。くじを引いてハズレが出た私。こそっともう一回やっていいよと目でうながす。「いいの〜」と再度引くと、大当たり‼好みの景品をもらって終了。満足そうなSの顔に心がほっこり。Yはどんぐりを折り紙でくるんだ『あめやさん』の前に座っている。ところが、一生懸命作ったそのあめちゃんを手放したくなくなって、少しだけお店に出し、あとは袋に入ったそれをしっかり持ち歩いていた。見かねた母が「売り切れました」の看板を置いた。前の日に何人かで作った『クルミのクッキーとコーヒー屋さん』Mちゃんと作った『射的やさん』『足湯、手湯やさん』。ライブステージでは『HとSのお笑いステージ』オリジナルの曲を作り、何度かの練習の時にはふざけすぎで、当日どうなるかハラハラしていたが、アンコールも受けながらしっかり二人の世界を披露していた。Kとじゅんきの『花空ライブ』シーンと静まってみんなが聴いた。最後に握手会までやるとは、なんとも心憎いね。お昼ご飯の『カレー屋さん』『じゃぱチーズの焼きチーズ』『お汁粉屋さん』。お母さんたちが必要なところでやるべきことをやってくれている。こどもも大人も、一人一人がやりたいことをやって、全体が静かに流れている。誰かが特別に指示をしなくても、自分の意志で必要だと思うことをやっている。一人のこどもの「やりたい」から始まったこのお祭り。年長さん達と相談し、更にミーティングで小さい人達にも相談すると、じわーっと一人一人がやりたいことを形にしていった。そしてそれを面白がって手助けするお母さん達。毎日ぴっぱらが始まって三年、みんなでいろんな毎日を体験しながら、観て、感じて、その人なりに蓄えてきた何かが溢れ出てきたおまつりまでの日々。それはこれからのぴっぱらを支えてくれる大事な力になるんだろうな。

               

              写真つねじぃ

              spippara3.jpgspippara6.jpgspippara11.jpgspippara14.jpgspippara20.jpgspippara24.jpgspippara27.jpgspippara32.jpgspippara39.jpgspippara48.jpgspippara51.jpgspippara60.jpg

               

               


              ぴっぱら通信333号から転載

              0

                ぴっぱら通信333号から転載

                 

                お母さん記1

                お手伝いに行かせてもらって、久々の幼ぴ。パレットヒルズにそり滑りに行く!って、一列に並ぶ子どもたち。けっこう急な坂なのに、あっという間に歩いて行って、みんなの体力すごいなって改めて思う。見学に来てたY君(3歳)、初めてのパレットヒルズ。 行きは「疲れた!」とお母さんにおんぶだったけど、帰りはお母さんが先に下のお子さんと帰ったので、私とKと3人でてくてく。足が疲れた素振りを見せつつ、大好きなミミズをそりに乗せ、ススキを持ったりしながら、1人で歩いて戻れた!「えっ?1人で歩いて来れたんですか⁉︎」おかあさんが、驚きながら嬉しそう。 頑張る姿、見守れてよかった。
                 お母さん記2
                雨の中のお散歩、最後尾。 恐い話をしてほしいH。 進みたくない、というか、ぴっぱら小屋へ戻りたい、TとR。そんな三人との午前中。こんな雨でも、このゆったりとした時間が、とても心地よかった
                 おとじろう記
                アーサーさんは来たとたんぴっぱら小屋に入り、気が付くと子供たちと話をし、抱き上げたり、肩車したりしながら遊んでいました。その後、昼ご飯を食べていると、あっという間に子ども達が集まり、みんなでワイワイ。Hが「おとじろうこわい話して」というので、「アーサーさんと話したいんだよね」というとHは、アーサーさんに「こわい話して」と言いました。すると、「こわい話かい。昨日の夜の話のほうがよっぽど怖いんだけどね」と笑っていました。すると、こども達は口々に「その話聞きたい」と言い出しました。どうなるだろうと見守っていると「あのね、原発が爆発して、恐ろしく危ない危険なものが全部出ちゃって、たまっていて、そこで危険な水がいっぱいできて海に流れ出ちゃってるんだ。それを止めるために、アイスをね、そうガリガリ君みたいなアイスを一杯入れて壁にしようとしたんだけど、アイスだから融けちゃうでしょ。だから、どんどんどんどん危ない水が流れ出ちゃってるんだ」と、一生懸命説明してくれました。その後も、こども達とアーサーさんとの会話ははずみ、「今度は絵本読みに来ないとだめだな」と言ってくれました。いい一日でした。
                PA282699.jpgPA282695.jpgPA282685.jpgPA282680.jpgPA281450.jpg

                ぴっぱら林のトイレ

                0

                  北海道は、毎日雪がちらつく日々が続きます。

                  冬へ向けての準備が迫られています。

                  前から懸念だったピッパラ林のトイレ作りをじゅんきとしました。

                  本当ならコンポストトイレにしたいのですが、それは来年の楽しみにして、とりあえずテラスの床面を増やし、小屋の屋根からのつながりで、屋根だるきをつけました。

                  今日は、家の解体で出た廃材を利用した壁貼りをしました。

                  が、これ結構楽しかったので、明日子供たちがいるときにみんなでやったほうがいいかなと思い、やめました。

                  本当は、ピッパラ林で切り倒して寝ていたカラマツを柱に使いたかったのですが、2×4材を使ってしまいました。テラスの下だけ、切ったカラマツを土に埋めました。

                  この下の部分は、来年コンポストトイレにするために使おうと思っています。

                  14595657_1148819621863877_1045972567674716051_n.jpg14680762_1149716825107490_187600268954155891_n.jpg14724641_1148819598530546_3206498030976699488_n.jpg14900355_1149716865107486_5963634271428275530_n.jpg


                  山ブドウとコクワの実

                  0

                    山ブドウとコクワの実

                    乳児ぴっぱら通信23号より転載

                    めい記

                    今回の乳ぴは山ブドウとコクワの実を食べに‼とはいえ、前回の所とはうって変わっての急斜面!おかまいなく進むりかこさんに続いてゆく子ども達。「簡単な道もあるよ〜」と心配する私にかまわず、みんなスタコラ行ってしまいました。残された私とIちゃん親子はゆるゆるとこくわ捜しをすることに。笹をかき分けてのコクワ採り。Iちゃんは自分より大きな笹をかき分けて進みます。始めは「ママ、ママ」と言ってましたが、いくつかコクワをほおばると、一人でズカズカと進んで行きました。母のAちゃんも枝をかき分け手を伸ばし「採れた!」と、まるで宝物を見つけたかのような声。満足して又笹をかき分けながら外へ出た時の解放感がなんともすがすがしかった。ちょうどその頃、急斜面組も帰ってきて、なんだかみんな充実感で一皮むけたようなすっきりした顔。野生の本能をくすぐられた一日でした。
                    自然の中に入った時のこの感覚が、私は大好きです。なんだか自分の内側から湧き出てくるような好奇心と集中力。いつもは先のことや何が正しいか等頭ばかり動いてしまいますが、この時ばかりは体が、心が勝手に踊り出す。きっと、子ども達の毎日はこんな感じなのでしょう。自分の直感で動いてゆく彼らには、大人が忘れがちな好奇心があり、そこへ向かう集中力を養っているように思います。子ども達には、なるべくストップをかけなくていい環境に連れ出し、そんな力を思う存分出し切ってほしい‼そして、私も自然の力を借りながら、自分の中にしまい込んだエネルギーを思い出してあげようと思いました。

                    2016_1017_114314-P1230672.jpg2016_1017_114122-P1230671.jpg2016_1017_112559-P1230656.jpg2016_1017_111523-P1230643.jpg2016_1017_110533-P1230631.jpg2016_1017_110516-P1230630.jpg2016_1017_105053-P1230617.jpg2016_1017_104911-P1230612.jpg2016_1017_104820-P1230610.jpg2016_1017_104206-P1230601.jpg


                    ロケットストーブ

                    0

                      先週の小学生ぴっぱらで、私の作ったロケットストーブが登場しました。

                      ので、制作過程を紹介します。

                      と言っても、実は、このロケットストーブ、夏に、家の中で、煮炊きをするために、『デューパ』で紹介されていた物を作ってみた物です。

                      お世話になっている自動車やさんからペール缶をもらってきて、その中に直径10僂留貽佑硲隠毅磽蹐留貽佑鯑れて作りました。

                      写真を見て、なんとなく作り方を理解してください(できるか)

                      家の中に設置してみたのですが、想像していたようなゴーっという感じの火力にはならず、煮炊きに使うのは無理でした。

                      原因はよくわかりません。

                      P1250617.jpgP1250616.jpgP1250640.jpgP1250631.jpgP1250629.jpgP1250624.jpgP1250644.jpgP1250646.jpgP1250649.jpgP1250680.jpg

                       

                      家の中に薪ストーブが来たので、排気の煙突を外し、ペール缶の天板をくりぬいて、通常の外で煮炊きができるロケットストーブに改造しました。

                      14720540_1143600929052413_2006820618939997183_n.jpg14721552_1143600902385749_7681297069320408655_n.jpg14725493_1143600715719101_1919089512532882265_n.jpg14725632_1143600752385764_3551888147146609053_n.jpg14731310_1143600692385770_4876726295463636547_n.jpg

                      今度は快調にその性能を発揮しました。

                      少量の焚き付けくらいの木でお湯が沸きました。

                      天板の上には、小学生がアルミホイルにくるんだにんにくを置き、柔らかくなったものをおいしく食べました。

                      さて、このロケットストーブと焚き付け製造機の逆向きぱっかり君が活躍するのが楽しみです。http://blog.rairu.com/?eid=2245(逆向きぱっかり君の記事)



                      links

                      profile

                      書いた記事数:1908 最後に更新した日:2017/08/14

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>

                      categories

                      selected entries

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
                        io-nakano
                      • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
                        ほっとする居場所
                      • 12/28 ぞうさんの最後の納品した車椅子
                        知識陣 健康

                      search this site.

                      others

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM