4/30ブログ 東京2日目

0
      シーティングネットワークの勉強会です。シーティングネットは工房ぞうさんと同じように障害のある人の椅子などの道具を作っている全国33社が加盟する組織で、みんなが出資して作ったTフィットという金属を中心とした車椅子などのフレームを作る会社を持っています。年に一度の総会と勉強会をします。勉強会は偉い先生の講義とかではなく、日々の仕事のちょっとした工夫から、新製品や新材料の紹介など、疑問や問題提起などを各工房20分位にまとめてスライドや現物ではっぴょうしてゆきます。20年近く仕事をしてきた人から、はいったばかりの新人まで同じ空気の中、話合うのは刺激的です。  夕方からは、浅草のふぐやさんで、バカやって遊んでいた学生時代をともにした友人6人で、ほぼ2、30年ぶりに会って大騒ぎしました。医者や養護施設の園長、呉服屋のおやじ、スタンド経営など仕事は違っても本当にみんな変わっていなくて、嬉しかったです。それにしても自分のことでも覚えてないことっていっぱいあるものですね。 特に都合の悪いことは

    4/17ブログ 春のもろもろ

    0

      春は、別れと旅立ちの季節です。
      5年間苦楽を共にした、H.Yさんが、とりあえず旭川を離れて、『神山塾』というところで勉強するために徳島へ帰りました。
       PM11:30の小樽発のフェリーで帰るということになり、リカコが、助手席に乗って見送りに行くことになりました。
      私を含めた4人組は、こっそり後からついて行き、サプライズ見送りの計画を立てました。二人がご飯を食べるために入った小樽のフェリー乗り場の近くの御寿司屋さんを見つけ、H.Yさんがトイレに入っている間にこっそり、4人で席に着き、待っていると、「えーっ。どうしたんですか。信じられない!!」と戻ってきました。そのみごとなサプライズ成功ぶりに、話を咲かせながら、おいしく海鮮丼をいただきました。
      DSC04404.jpg その後、フェリー乗り場へ向かい、お見送りです。鷹栖の文房具屋さんで買った日に焼けて白くなってりう紙テープを渡し、船のデッキから投げてもらったのですが、6個のうち、3個は投げた時に切れたり、海に落っこちたりして、3本のみが、つながりました。

      DSC04408.jpg持って行ったギターで吉田拓郎の「落葉」を唄ったりしながら、「戻ってこーい」「飛び込め〜」「いってらっしゃーい」とみんなで、声をかけ見送りました。





      DSC04411.jpg徐々に、離れてゆくフェリーを見送りながら、久々に正しい見送り、見送られ方をできた満足感と淋しさの余韻にひたりながら、5人の乗った帰りの車の中では、スマートフォンで聞く『懐かしの胸キュン曲』を聞きながら、高速を鷹栖に向けて帰りました。

      DSC04415.jpg
      4月12日には、一緒に小樽に見送りに行った旭川の木工作家の瀬戸ちゃんの器にらいるの料理を盛って、写真撮影をするということで、カメラマンさんと、いろんな木工作品や職人さんを紹介しているノンフィクションライターの西川栄明さんが、らいるに来ました。



      DSC04417.jpg瀬戸ちゃんの器と、らいるの料理です。
      瀬戸ちゃんの木の器は、全部、手ガンナとのみでで、形を仕上げてゆくのが特徴です。仕上げは、漆塗りです。先日は、料理研究科の栗原はるみさんの器も作ったそうです。






      DSC04420.jpgケーキも乗せました。
      今度、ちゃんとした本になるそうなので、写真としては、もっと良い感じで映ると思います。
      なかなか素敵でしょ。

      あなたのお宅にも、1枚いかがですか。

      注文は、らいるでも承ります。


      瀬戸ちゃんはこんな人です。(紹介ページ見てください)
      http://www.asahikawacraft.com/koubou/seto.html

       先週の日曜日は、朝起きてから、とにかく何か作りたくなり、「なんか必要なものない」と聞くと、「クロワッサンなどの大きな雑誌などを入れる本棚を作って欲しい」と言われ、早速作りました。

      最後に棚を組み立てる時に、下段と上段の棚をつけ間違えてしまったのが、ちょっと心残りです。

      本が入った感じです。
      良くカウンターに頭をぶつける背の低い子ども達がいたのですが、これでそれもなくなります。

      通りかかってチラッと目に入るたびに、嬉しくなります。やっぱり、「物を作る」事は、充実感があります。
      ひょっとしたら、これは私のストレス解消法の一つなのかもしれないと感じました。
       


      2/15ブログ/畧磴い討泙后1薹狢膤悗里海函2田さんのこと

      0
          鷹栖(北海道の日本海側)は、今日は、すごい吹雪です。ぞうさんのメンバーも、朝、出勤できませんでした。なんとか様子をみて、ぞうさんには来たのですが、帰れなくなると困るということで、早めにみんな帰りました。
        DSC01555.jpg DSC01554.jpg
        昨日の屋根からの雪下ろしをした際に、1回の事務室の窓のことをすっかり忘れていたので、こんなことになっていました。
        かまくら状態です。今日は、事務室で仕事をしていたのですが、買い物から帰ったりかこが、「外すごいことになってるよ」というので、2階に上がって外の写真も撮りました。
        DSC01559.jpg DSC01557.jpg窓の外の雪は、2階の窓の高さまで高くなり、吹きすさぶ風にその先端が鋭角になっています。「まるで、アルプス山脈のようだ」と私が言うと「踊ろうか」と言うので「何を」と聞くと「アルプス1万尺」と言っていました。踊りではないような気がしましたが、どんな踊りなんでしょう。踊ってもらえばよかったです。

        旭川演劇大学のお知らせです。
        今週の土、日と『アテルイ』
        のお芝居があり、それが終わると『演劇大学』というのが始まります。日本演出家協会主催で、東京の演出家の方が来てくれて、「豆芝居」を作るワークショップをしたり、今回の目玉は『鴻上尚史さんの公開ワークショップ』が23日の4時からあります。鴻上さんのワークショップは以前も受けたことがあるのですが、とても、丁寧に、やさしく、いろいろなことを体験させてくれます。無料です。『演劇』とか『お芝居』といったことに関係なく、表現することの楽しさを味わうことができます。
        残念ながら、参加者が足りません。是非、参加してみませんか。
        チラシを貼っておきます。2/15ブログ△發△蠅泙后
        クリックすると大きくなります












        1/23ブログ 大工道具再び

        0
           さて、これはなんでしょう。


          もうひとつあります。


          これは、
          以前のブログでも紹介した大工道具に続いて送られてきた大工道具の箱です。

          ふたを開けると
          みごとなノミのセットと、道具箱の中には、木を加工する道具がぎっしり詰まっています。

          テレビや映画などで、こんな箱を背負った大工さんが、「ちわー」とかなんとか言いながら、庭先から入ってきて、建具を直したり、縁側で、おかみさんや家主とお茶をすすりながら談笑するシーンがあったような・・・・・・。

          この道具を大事に使っていた人の事に想いをはせながら大事に使わせていただきたいと思います。






          12/16ブログ◆ 悗罎辰らす』で物語づくり

          0
             今日は、午前中旭川の適応指導教室『ゆっくらす』で「物語作り」をしてきました。
             ここは、学校へ行かないことを選んだ小、中学生が通ってくるところです。
             何年か前から、年に2〜3回、「ギターを弾こう」「手品をやろう」「物語をつくってみよう」といったことを行いに訪れます。
             りかこも、同様に「料理教室」ということで、こちらも年に数回行っています。メニューは子どもに聞くので、時々とんでもない組み合わせなどが出て、びっくりするそうです。

             今日は、まず私の自作の紙芝居『ドロちゃんとサンちゃん』を観てもらい、その後で、みんなで物語を作ってみました。

             物語は、『「目的」があって、それに対する「障害」があって、それを乗り越えることで面白くなる』と、前に鴻上尚史さんのワークショップで聞いたことがあり、その目的と障害を探すために、『みんなに好きなものや好きな事』と『嫌なものや嫌な事』を考えてもらい、それを全部黒板に書きだして、それをヒントに物語を考えて行きます。

            みんなで、ああだこうだ言いながら、結局、風呂洗いが好きな王様が大嫌いな虫(ゴキブリ)が出てくるお風呂を洗うために、四苦八苦する話になりました。ゴキブリをいなくならせるために、オーケストラを呼んだり、ダンスをしたり
            オチがいまいちで、みんなもなんか納得がいっていない感じになってしまいましたが、今頃、「こうだったらどうだろう」とか、考えていてくれていたら嬉しいです。
             その後、『物語 ボクは原発君!!』の朗読もしました。紙を読みながらの朗読だったので、みんながどんな顔をしているのかは良くわかりませんでしたが、真剣に聞いていてくれている空気は感じ取れました。みんな何を思ったでしょうか。

             ゆっくらすに来ている子供達は、今日で20人くらいで、その中で物語作りに参加した子どもは、8人くらいでしたが、「こんな大人もいるんだ・・・・・」と感じてもらえたらいいかなと思って通っています。


            恋のタネまきプロジェクト!!

            0

              面白いチラシがらいるに届いたので紹介します。
               

              田舎でみつける!スロウな時間とすてきな出会い

              川にはステキで実直な農家・酪農家の独身男性がたくさんいます。そんな農を愛する青年たちを是非とも世の中の女性たちに紹介したくて、町内の農家×恋活実行委員会(※)×下川町役場がコラボし『恋のタネまきプロジェクト』を立ち上げ、2泊3日で町内をめぐる婚活交流ツアーを企画しました。田舎暮らしを楽しむプロであるスタッフが、田舎ならではの癒し空間と素材にこだわったスロウフードでおもてなしします。
               仕事が忙しいから」「都会にはいないあったか〜い男性と出会いたい」「田舎でスロウに暮らしたい」「子供は自然の中でのびのびと育てたい」などなど新たな人生を・・・と考えるあなたは、この機会に是非ご参加ください!



               同じようなイベントはいろいろありますが、『恋のタネまき』というタイトルと、このトマトの写真が印象的で、素晴らしい。私も参加したくなってしまいました。これを考えた実行委員会の人達に座布団1枚(あぁ、なんか古い。この表現はダメですね)。とにかく、興味のある方いませんか。どうなったかも気になりますよね。 音次郎

                詳しくはhttp://www14.plala.or.jp/koitane/index.htm

              『恋タネ』で検索しても出てきます。


              残念ネットがつながりません

              0
                残念、ネットがつながりません。雷が鳴っているせいでしょうか。昼休み時もちょうど雷が鳴っていてダメでした。夕方復活したのですが、『 チーム今だから』の集まりから帰って来てネット開こうと思ったらダメでした。外では雷が鳴ってます。今日は、『らいるにやってきた生き物』と『ぴっぱらの写真』を載せようと思ってましたが残念。とりあえず『明日一緒に歩きませんか』というわけで、今日は早く寝なさいと雷さんに言われていると理解し、寝ます。あっ、これは携帯から書いてます。そんな事もできるようになりました。明日の事は何日か前に書いた『なのはなウォーク』のブログみてください。おやすみなさい。

                今日は、絵本の日?

                0
                  らいるの周りの田んぼに水が入りだしました。 
                  周り全部の田んぼに水が入ると水の都のようになります。楽しみです。





                  今日は、美術館にマコリン所有の「よんまるさん」に会いに行きました。

                  「よんまるさん」は、この車です。旭川の道立美術館で『剣淵絵本の館コレクション』ということで、絵本の館に収蔵されてる絵本の原画190点が展示されています。
                  その中で、いつも大雪の園の仕事帰りにぞうさんに寄って一緒に休憩をするマコリン(堀川真)の作品の原画が展示されているので、見に行きました。
                  明日が最終日なのに、閉館ギリギリの4時半に会場に入り、原画はざっと見て、私のお目当てはロビーに飾ってあった「よんまるさん」です。
                   この車は、私には良くわかりませんが、かなりの年代もの、そして、知ってる人は知っている人気のある車らしく、車検の時期が来るたびに、マコリンが車検を通すべきかどうか悩んでたり、部品が壊れたりするたびに、ぞうさんにある部品と道具で補修をしている姿を見ていたので、私なりに思い入れがあります。 色々なところから風が吹きこみ寒いし、乗っている人とも会話もできないくらいうるさいといいつつも、その語り口には愛着が感じられていました。
                    そのうち「よんまるさん」をモデルにした『あかいじどうしゃよんまるさん』という絵本も出てしまい、ますます手放せなくなってしまっていたのですが、去年、2人目の子どもが生まれたのを機に、マコリンには似ても似つかない「ハイオク仕様」の車に変わりました。「よんまるさん」は『あるところ』に預かってもらっているという話は、聞いていたのですが、今回、原画展に合わせて、美術館に展示されることが決まったという話で、あわてて見に行きました。

                   記念にと写真を撮ってみると
                    こんなになってたり
                   
                  こんなになってたり   
                  こんなになってたりはしていますが
                   


                  こんな看板が立っていたり、    

                  絵本に出演しているねずみさんが後ろの窓から顔を出しているのを見ると
                  「よんまるさん」が嬉しそうに見えるのが不思議です。

                                          この展示会が終った後は、又、私の知らない暗い車庫の中に戻るのでしょうが、その後はどうなるのでしょうか。
                  車に関してはわりとどうでもいい私ではありますが、その後姿を写真に撮りながら「又会おう」と声をかけて帰ってきました。


                  その後は、この「よんまるさん」のマコリンの前の所有者のあべ弘士さんの「アートをもっと身近に感じてほしい」「買い物公園ににぎわいをとりもどしたい」という願いのもと、生まれたギャラリー「プルプル」のオープニングに行きました。
                  場所は、絵本専門店のこども冨貴堂の隣です。これに合わせてこども冨貴堂のトイレもきれいになり、みんなが「トイレを見に行っておいで」というので行ってみると

                  おととし、旭川の美術館で行われた「あべ弘士 動物交響楽」という原画展で飾られていたフラミンゴさんがおしゃれにトイレを飾っていました。
                  オープニングの集まりには、あふれんばかりの人が集まり、あべさんと、原画が飾ってある「もりのねこ」の作者の工藤 有為子さんによる、絵本の朗読が行われ、その後立食パーティーになりました。今後、この場所が、こども冨貴堂と同じように、多くの人の出会いの場になることを願いながら、「生の鯨だよ。おいしいよ。もうなくなるよ」という言葉に誘われ、鯨のさしみを一切れおいしくいただき、早々に帰ってきました。






                  らいるのHPができました。そして、煙突やさんがやってきた

                  0
                     らいるのホームページができました
                    ずっと作りたいと話をしながら、のばしのばしになっていた「らいるとぞうさん」のホームページがtecのユリちゃんのおかげで完成しました。是非ぜひ、見てみてください。感想なんかもらえるとうれしいです。

                    ジャジャジャジャジャーン
                    ここをクリック!
                    http://rairu.com/index.html

                    製作してくれたtecのHP http://tek-toys.net/


                    そして、春になると
                    やってくるのが・・・煙突掃除やさんの原田さん
                    いつもこの時期になると「きたよ〜」といって原田さんは突然やってきます。
                    そして、長いはしごをするすると伸ばし、命綱もつけずにすたすた、屋根の一番高いところに上がります。使う道具は、長いロープに重りのついたブラシです。
                                                                煙突のところに着くとブラシを煙突の穴に下ろします。この時、煙突にタールがこびりついていると下までするする落ちません。
                    「おっ、きれいに落ちたわ」と言われて、ほめられたようで、嬉しくなります。
                    タールがこびりついていると、煙突の先の屋根をとって、タールをこすぎ落とす道具を入れて、ごしごししないとならないそうです。今年も大丈夫でした。良かった。良かった。





                    その後は、ブラシを落としたり、引っ張ったりして、煤を落とします。
                      

                    そして、最後に、煙突の下の穴から、煤をはきだし、大きな掃除機できれいに吸い取って終わりです。全部で、1時間半くらい。薪の話、ストーブの話など世間話をしてくれます。今日はペチカの話をしました。



                     こうやって、毎年必ず「きたよー」と言って突然やってくる商売、なんか気持ちいいです。
                     そして、危険な仕事を、当然のようにさっさかこなすその姿を、私は素敵だと思い、その気持ち、親しみを込めて「おじさん」とよんでいたのですが、去年、りかこに「あなたとそんなに年違わないと思うよ」と言われ、よく考えてみると、自分も「おじさん」で、「おじさん」が「おじさん」とよぶのはやっぱりおかしいなと思い、今回は「原田さん」と何回も言っていました。でも、なんか、しっくり来ません。『親しみと尊敬を込め、「おじさん」が、ちょっとだけおじさんのおじさんに
                    「おじさん」言うのは、ありなのではないかな〜』
                    とかなんとか思いながら、にこやかに、さっそうと、次の現場の佐藤さんのおばさんの家に向かう「原田さん」の車を見送りながらそんなこと思っていた私です。 



                    鳥の名前を教えてください。

                    0
                        夕方の『菅総理、浜岡原発、全部停止要請』というニュースで。今日のブログのトップは、それになってしまいましたが、普通に今日の一日は、過ぎていたわけで、昼間ブログにupしようと思っていたこともちゃんと書こうと思います。
                       
                      (左の写真)今日も昨日に続きよい天気でした。遠くの大雪山はまだまだ真っ白です。
                      (右の写真)昨日作った流し台の完成写真です。水を出すたびにがくがくしていた水道の蛇口もしっかり固定したし、破れていた排水のホースも新品に直しました。足回りもすっきりするように一本足で固定しました。大人が立つ反対側にはコンクリートブロックを置いて、子供が除きこめるようにしました。(高さがこれでいいかはわかりませんが)これで、野外での調理の準備はできました。一安心。

                      さて、そして、今日のメインの写真です。仕事の休憩をみんなでしている時、
                      野鳥の姿を発見し、「あれ、何の鳥だろう。ということで写真を撮りました」
                      「ホトトギスか。ホーホケキョっていった気がするぞ」「それは、ウグイスじゃないか」「えっつ、ええーっつ」とか何とか言いながら2種類の鳥の写真を撮りました。写真をupしましたので、わかる人教えてください。
                      ちょっと小さい

                      ピントが・・・

                       これでどうだ


                      この野鳥はよく見るんだけど、ニュウナイスズメだと思うんだけど・・・。



                       


                      links

                      profile

                      書いた記事数:1908 最後に更新した日:2017/08/14

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      categories

                      selected entries

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
                        io-nakano
                      • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
                        ほっとする居場所
                      • 12/28 ぞうさんの最後の納品した車椅子
                        知識陣 健康

                      search this site.

                      others

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM