アーサービナードさんとぴっぱら

0

    昨日鷹栖のお寺で詩人のアーサービナードさんが話をしてくれました。

    ボブディランの『フォーエバーヤング』という歌を『はじまりの日』というタイトルに訳して出版された絵本があります。

    350_Ehon_33860.jpg

    アーサーさんが何故『はじまりの日』と訳したのか。今、ボブディランはどんなことを考えているのか、注文が殺到しているこの絵本の新たな帯につける言葉に苦労した話などをしながら、『言葉』の面白さを話してくれました。

    その後は『TPP』『かけつけ警護』の「詐欺」的言葉の手法と、福島原発の『凍土壁』による汚染水対策の「欺瞞」などを2時間半に渡り話をしてくれました。

     

    そして、今日の昼に、アーサーさんはぴっぱらをたずねてくれました。

    来たとたんぴっぱら小屋に入り、気が付くと子供たちと話をし、抱き上げたり、肩車したりしながら遊んでくれました。

     

    次の移動をするために早めの食事をしなければいけなかったアーサーさんは、外で私と二人でぴっぱらの昼ご飯を食べていました。一緒に「学校の話」「遊びの話」とかをしていると、いつの間にか、こども達が自分で椅子を持ってきて、みんなで食卓を囲みました。

     

    しばらくして年長のHが「おとじろうこわい話して」というので、「せっかくアーサーさんが来ているから、アーサーさんと話したいんだよね」というとHは、アーサーさんに「こわい話して」と言いました。すると、アーサーさんは「こわい話かい。昨日の夜の話のほうがよっぽど怖いんだけどね」と笑っていました。すると、こども達は口々に「その話聞きたい」と言い出しました。どうなるだろうと見守っていると「あのね、原発が爆発して、恐ろしく危ない危険なものが全部出ちゃって、たまっていて、そこで危険な水がいっぱいできて海に流れ出ちゃってるんだ。それを止めるために、アイスをね、そうガリガリ君みたいなアイスを一杯入れて壁にしようとしたんだけど、アイスだから融けちゃうでしょ。だから、どんどんどんどん危ない水が流れ出ちゃってるんだ」と、一生懸命説明してくれました。子ども達は、ガリガリ君に反応していたし、どこまで伝わったかは定かではありませんが、わかりやすく一生懸命説明してくれたことが、嬉しかったです。

    その後も、こども達とアーサーさんとの会話ははずみ、「今度は絵本読みに来ないとだめだな」と言ってくれました。来年の2月北海道の一番寒い−20度の中で遊ぶ子供たちを見に来てくれることになりました。絵本も読んでもらい、お母さん達には「お話」をしてくれると言ってくれました。最後はみんなで記念撮影!いい一日でした。

    PA251403.jpgPA251405.jpg


    本格的雪

    0

      今日の午後から本格的な雪が降り積もりました。

      「冬タイヤに変えてない」「まだ何の準備もできてない」と大騒ぎですが、今日のぴっぱらの写真を見て癒されてください。

      IMG_4276.jpgIMG_4277.jpgIMG_4282.jpgIMG_4287.jpgIMG_4288.jpgIMG_4289.jpgIMG_4291.jpgIMG_4293.jpgIMG_4294.jpgIMG_4295.jpg


      今日作った薪ストーブの柵

      0

         今日は、午前中は4台の車のタイヤ交換をじゅんきと二人でやりました。

        自動車屋か?と思うくらい最後は二人の手際が良くなりました。

        午後は、薪ストーブの柵づくりをしました。

        薪ストーブをつけてから、孫が来た時に危なくないように柵をつけないとと考えていました。

        最初、ホーマックでFFヒーター用の金属の普通の柵を買ったのですが、置いてみて

        「何か違う!」と思い、ネットでいろいろ見ていると、木で作っている人が結構いてこれならできるじゃんと作ってみました。

        垂木とツーバイ材の端材を使って3時間ほどでできました。

        普段は邪魔なので、孫が来た時だけ取り付けられるように工夫しました。

        結構自慢の一品となりました。

         

        さてさて、冬に向けての準備がひとつひとつ整ってゆきます。

        14650366_1143600632385776_2304238863405693182_n.jpg14639580_1143600659052440_8472729285654726675_n.jpg14681802_1143600585719114_3424850206749752527_n.jpg

         

         


        探検 と もう走れなかった

        0

          10月8〜9の小学生ぴっぱら秋のお泊まり会の写真
          小ぴ通信97号より転載

           

          探検 かわごん記
          KとSとの探検。北を目指して歩く。笹薮を歩き、ダニがこわいと倒木をわたり歩く。虫に詳しいKと、植物に詳しいSとの探検は発見がたくさんで面白い。Sが『こっちが黒い林でこっちが白い林』とポツリ。日がはいる林が『白い林』で、暗い林が『黒い林』だという。詩を書くのが好きなSはリズミカルにな言葉で詩をつくるのだと言う。この探検も詩にするのだろうか?...
           北へ歩き続けると、壊れた車のような宇宙船のような金属製のものが見えてきた。はじめて歩く道。立ち入り禁止の場所もあり、なにか見てはいけないものなのかというドキドキ感があった。
           水を吸い上げる機械のようでまた少し歩くとパレットヒルズに到着した。パレットヒルズの頂上まで歩き、原っぱで大の字で寝転がる。お日様がポカポカ温かい。うっかり寝てしまいそうになるほどだ。大雪山を眺めて食べる弁当も美味しかった。Kは歩きながら、弁当を食べてしまっていたので山葡萄を獲って食べる。1時に出発して、帰ってきたのが15時。なかなかな探検だった。

           

          もう走れなかった じゅんき記
          雨、おひさま、どしゃぶり、おひさま… めまぐるしく移り変わるお天気さん。なんて気まぐれな奴だ。小屋のハンモックでまったりしていた仲間たちが、その晴れ間を見計らって、一斉に裏の広場へと駆け出す。「かたき」、「かんけり」、「てんか」 次から次へと、水たまりを蹴とばして暴れ転げる。気分爽快、雨が降り出しても気にならない。最後は残ったメンバーで、サッカーをやった。Rと、Kと、RYと、Hと、KTと… そんな強豪たちVS、こっちはじュんきたった一人。「そんなん勝てるかいっ!」そう言いながらもゲームは意外と接戦、じュんきのリード。今だ、シュート!と、思いきや、見ると相手ゴールの幅がいつのまにか30センチくらいになっている。そのどまんまえに立ちはだかるは、わるそうな笑みを浮かべるK。「ズルイっ!やめろっ!そんなん面白くないぞ」 悪態をつきながらもとにかくシュート、これがまた見事にKの股を抜かして奇跡のゴール。「…いや、今のは面白かった」 みんなで爆笑。
          とにもかくにも、最後のサッカーはルールがめちゃめちゃだった。みんなふざけていた。普段なら腹を立てたかもしれない。でも、そうはならなかった。そんなことさえも面白かった。みんなさんざん遊び倒して、集中力もほとほと切れたんだろう。ヨロヨロになって小突き合いながらも、最後までそうやって一緒にじゃれあっていられることが、なんだかうれしかった。あっというまに、帰る時間が来た。もう、走れなかった。

          PA082016.jpgPA082010.jpgPA082002.jpgPA081985.jpgPA081980.jpgPA081979.jpgPA080987.jpgPA080982.jpgPA080960.jpg14642495_1406726699356365_6589226977689779990_n.jpg14606280_1406726389356396_6058560760337223174_n.jpg14601118_1406726522689716_3184060384639037170_n.jpgPA091012.jpgPA091006.jpgPA092091.jpgPA092082.jpgPA092075.jpgPA092068.jpgPA092066.jpgPA091044.jpgPA091040.jpgPA091029.jpgPA091024.jpgPA092091.jpgPA092088.jpgPA092082.jpg


          ぴっぱら祭り

          0

            先週の金曜日は「ぴっぱら祭り」でした。

            年長のKちゃんの「文化祭やりたい」という一言で準備が始まり、天気にも恵まれ最高に楽しい一日になりました。射的やお風呂屋さん、スポンジで作ったケーキ屋さん、飾り物屋さん、くじ引き屋さん、カレー屋さんなどのお店が並びました。ステージでは、HとSのお笑いグループライブ、Yさんの怖い話、音次郎夫婦の首ぐるぐるマジック、そして最後はKちゃんとじゅんきの『花空ライブ』、オリジナルの曲を含む三曲を披露してくれました。

            最後は、Kちゃんとの握手会、ずらーっとみんなが並び、握手したり、抱きしめたり。そして、『ぴっぱらはじまるよ〜の歌』をみんなで歌って終わりました。

            こんな空気をみんなで楽しみながら作れるのは、ここで日々積み重ねてきたお母さんや子供たちの生活から生まれた『文化』だよな、と私は感じました。「ぴっぱら祭り」より、「ぴっぱら文化祭」がぴったりするよなと思いました。

            14642388_1413124948716540_2750556695587149986_n.jpg14657335_1413124325383269_7646239997014250163_n.jpg14666097_1413124698716565_5106262018630915442_n.jpg14671230_1413136405382061_4146936682886249325_n.jpg14671359_1413124812049887_7705520940380211106_n.jpg14680657_1413136578715377_3475461738099606184_n.jpg14681788_1413124228716612_2490386544960310108_n.jpg14681870_1413124765383225_78249380758386338_n.jpg14691021_1413123958716639_8950226916801520664_n.jpg14691052_1413123988716636_575647462605310311_n.jpg14713780_1413136622048706_1324887560626516538_n.jpg14717077_1413124632049905_8714415882424270863_n.jpg14718816_1413124565383245_8714461716199062633_n.jpg14724640_1413124135383288_8017499391403313196_n.jpg14725474_1413124182049950_8857129558860006065_n.jpg14725615_1413124172049951_5689019267633682789_n.jpg14731156_1413124442049924_7305156880580267167_n.jpg14732175_518320441626164_440250133469081287_n.jpg14732190_1413124885383213_5950693811236471564_n.jpgPA140802.jpgPA140806.jpg14732190_1413124885383213_5950693811236471564_n.jpgPA140802.jpgPA140806.jpgPA140807.jpgPA140808.jpgPA140811.jpgPA140812.jpgPA140813.jpgPA140815.jpgPA140817.jpgPA140826.jpgPA140827.jpgPA140836.jpgPA140839.jpgPA142124.jpgPA142125.jpgPA142128.jpgPA142129.jpgPA142131.jpgPA142132.jpgPA142140.jpgPA142143.jpgPA142145.jpgPA142157.jpgPA142162.jpgPA142172.jpgPA142173.jpgPA142177.jpgPA142172.jpgPA142173.jpgPA142177.jpgPA142179.jpgPA142180.jpgPA142183.jpg

             


            9月26日の乳児ぴっぱら

            0

              写真は9月26日の乳児ぴっぱら

              たまには息抜きしなくちゃね
              乳児ぴっぱら通信NO22から転載
              めい記...
              今回はみんなで山ぶどうを食べに行きました。まさに秋の味覚!すこしすっぱかったけど、みんなパクパクおいしそうに食べてたね♪きのこも沢山あり、みんな見つけては拾っていました。白いふわふわのきのこは触ってみるとなんともいえない柔らかい手触りで気持ち良い。でも、触るとなぜか「わっ!」と驚いちゃう!面白かったね♪ お昼ごはんを終えてからは、お母さん達のお話会。あっという間に時間が過ぎ、まだまだおしゃべりしていたかったですね♪私も母になり、毎日こどもと向き合う日々に、へとへとになりながら「お母さんってすごいな〜」と思う日々です。でも、話を聞きながら、みんな色々なことにぶつかり、悩んだり迷ったりしながら頑張っているんだなと思うと、なんだか元気になれました。また、子ども達の成長や性格も、それぞれなんだと改めて感じました。毎日子どもといると、つい大人目線で他の子と比べたり、こうなってくれたら良いのにと子どもに求めたり……。また、母として何か教えなくてはいけないのではないか、人に迷惑をかけないようにしなくてはと思うこともあります。でも、ぴっぱらで子ども達を見ていると、教えようとしなくても、確実に子ども達は自分のペースでゆっくり日々いろいろなことを学んで成長しているのだと感じます。そんな彼らにできることは、口や手を出すことではなく、彼らの成長をしようとする力を信じてそっと見守ること。同じものをみて、一緒に笑ったり、困ったりすること。焦らずゆっくり、彼らの目線に立って一緒に日々を楽しみたいと改めて思いました。
               なんて、わかっていてもできなかったり、自分の調子が悪いとイライラしたりしてしまうのですがね〜。でもそんなことを繰り返しながら、私も息子に鍛えられているのだと思います。また、同じ子育て仲間として、あーだこーだおしゃべりしたいですね♪さぁ!今日もぴっぱらでいっぱい遊ぶぞー!!

              P9260864.jpgP9260861.jpgP9260865.jpgP9260858.jpgP9260849.jpgP9260843.jpgP9260820.jpgP9260832.jpgP9260837.jpg


              9月26日の乳児ぴっぱら

              0

                写真は9月26日の乳児ぴっぱら

                たまには息抜きしなくちゃね
                乳児ぴっぱら通信NO22から転載
                めい記...
                今回はみんなで山ぶどうを食べに行きました。まさに秋の味覚!すこしすっぱかったけど、みんなパクパクおいしそうに食べてたね♪きのこも沢山あり、みんな見つけては拾っていました。白いふわふわのきのこは触ってみるとなんともいえない柔らかい手触りで気持ち良い。でも、触るとなぜか「わっ!」と驚いちゃう!面白かったね♪ お昼ごはんを終えてからは、お母さん達のお話会。あっという間に時間が過ぎ、まだまだおしゃべりしていたかったですね♪私も母になり、毎日こどもと向き合う日々に、へとへとになりながら「お母さんってすごいな〜」と思う日々です。でも、話を聞きながら、みんな色々なことにぶつかり、悩んだり迷ったりしながら頑張っているんだなと思うと、なんだか元気になれました。また、子ども達の成長や性格も、それぞれなんだと改めて感じました。毎日子どもといると、つい大人目線で他の子と比べたり、こうなってくれたら良いのにと子どもに求めたり……。また、母として何か教えなくてはいけないのではないか、人に迷惑をかけないようにしなくてはと思うこともあります。でも、ぴっぱらで子ども達を見ていると、教えようとしなくても、確実に子ども達は自分のペースでゆっくり日々いろいろなことを学んで成長しているのだと感じます。そんな彼らにできることは、口や手を出すことではなく、彼らの成長をしようとする力を信じてそっと見守ること。同じものをみて、一緒に笑ったり、困ったりすること。焦らずゆっくり、彼らの目線に立って一緒に日々を楽しみたいと改めて思いました。
                 なんて、わかっていてもできなかったり、自分の調子が悪いとイライラしたりしてしまうのですがね〜。でもそんなことを繰り返しながら、私も息子に鍛えられているのだと思います。また、同じ子育て仲間として、あーだこーだおしゃべりしたいですね♪さぁ!今日もぴっぱらでいっぱい遊ぶぞー!!

                P9260864.jpgP9260861.jpgP9260865.jpgP9260858.jpgP9260849.jpgP9260843.jpgP9260820.jpgP9260832.jpgP9260837.jpg


                ぴっぱら林の中での薪割り作業

                0

                  家の周りの廃材を薪にする作業が終わり、いよいよぴっぱら林の中での薪割り作業をすることができました。3年くらいに輪切りにして積んであった木たちが笹ヤブの中で「僕たちも早く薪にしてくれ。大変だ、腐ってゆくよ〜」と叫んでいました。でも、出してきて斧で割ると、結構しっかりした薪になりました。ぴっぱら林の小屋と、日当たりのいい道路側に積み上げました。気持ちの良い景色です。
                  でも、薪割りにつかった大き目な丸太の台の上は、切れてしまったクワガタかカブトムシの幼虫が数匹死んでしまいました。そして、割れた木の中から眠っていたであろうハチかなんかの虫がゆっくり足を動かしていました。
                  虫の皆さんごめんなさい。

                  14681686_1136954206383752_3739577521203253637_n.jpg14717068_1136954146383758_7924391060245746143_n.jpg14717178_1136954116383761_186818671315016662_n.jpg14731384_1136954183050421_7669861621703803537_n.jpg14690859_1136954299717076_4935327935638919751_n.jpg


                  首ぐるぐると金次郎

                  0

                    おととい行われたぴっぱら文化祭!夫婦手品「首ぐるぐる」と、久々の登場的あてゲーム『金次郎」

                    PA142152.jpg14732190_1413124885383213_5950693811236471564_n.jpg14725615_1413124172049951_5689019267633682789_n.jpg14670598_1413124505383251_4989327842147541776_n.jpg14642229_796087940533872_4179686664640712828_n.jpg14632812_518320421626166_3694130653161136314_n.jpg


                    おフランスから

                    0

                      おととい、新居宅に薪ストーブが行ってきました。

                      旭川の煙突の横山さんが持ってきて設置してくれました。

                      ストーブはおフランスからやってきた『スドン10』さんというざんす。

                      気に入った点は、

                      天板が熱くなるので、お湯がすぐ沸きます。

                      炉内が大きいので、大きい薪が入り、又、オーブン料理充分できます。

                      ガラス窓が大きいので、揺らめく炎を楽しめるざんす。

                       

                      設置後、火のつけ方を教えてくれ、薪ストーブに関するあれこれを話してくれました。

                      「鉄板ストーブのようにゴーゴーという音をたてて燃えないので、物足りない人もいるけど、ゆったりとしっかり燃えるからね」

                      「薪が燃えてるんじゃなく、薪から気化したガスが燃えてるんだよ」

                      「ストーブの表面温度が200度を超えてから、2次燃焼用の空気を入れてあげると煙も燃えるんだよ」

                      「鉄板のストーブは2本の薪を入れてケンカさせながら燃やさないといけないけど、この薪ストーブは太い薪1本でも燃えるよ」

                      「薪同士がお互いに燃える熱で燃やしてゆくことを 『薪をケンカさせる』というんだよ」

                      「表面温度が300度を超えるとストーブが傷みやすいから気をつけてね」

                      「ガラス面が黒くなったら、ワイヤーブラシで拭くと、傷がつかないできれいになる」

                      等々の話を聞きながら、二人で揺らめく炎を眺めていると、一瞬へんな気持ちになりました。

                       

                      細井焚き付け数本で火をつけ、中くらいの薪を投入した後は、太い薪を一本入れれば、室内は十分暖かくなりました。

                      この冬には十分な薪を用意したつもりですが、果たしてどれくらい使うのでしょうか。

                       

                      昨日は、200度を超えたくらいで青い炎も楽しめました。

                       

                      これで、おとじろういえをつくるひと段落という感じで、なんかホッとしました。

                      DSCN7417.jpgDSCN7418.jpgDSCN7419.jpgDSCN7420.jpgDSCN7421.jpgDSCN7422.jpgDSCN7423.jpgDSCN7424.jpg

                      DSCN7425.jpgDSCN7427.jpg



                      links

                      profile

                      書いた記事数:1906 最後に更新した日:2017/06/13

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>

                      categories

                      selected entries

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
                        io-nakano
                      • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
                        ほっとする居場所
                      • 12/28 ぞうさんの最後の納品した車椅子
                        知識陣 健康

                      search this site.

                      others

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM