プロフィール
もりのようちえん ぴっぱら・工房ぞうさん
profilephoto

【もりのようちえん ぴっぱら】
○ぴっぱらのはじまり・・・
 子育てをしていた頃、母親であることの不安や孤独になりがちな状況を感じ、子どもが野山で思いっきり遊ぶこと、母親が人目を気にせずにのびやかに楽しみながら子育てができる環境が必要であることを強く感じてきました。そんな中、「子どもを自然の中で育てたい」という声を数人のお母さんからもらいました。そこで、2010年5月自宅周辺の里山を拠点とし、散歩・遊び・食事作りを中心に親子が体と心で感じ、育ち合える場として森のようちえんを始めました。

○私達が大切にしたいこと・・・
 ぴっぱらでは、あらかじめ用意されたカリキュラムはありません。その日、その時起きること、その流れに乗りながら1日を楽しみます。そんな1日に、はじめは戸惑うこともあるかもしれません。「何をしてもいいよ」という時間を使いこなすことはなかなか難しいことです。自由を与えられるととたんに『不自由』になり居心地の悪さを感じたり、不安になったりすることもあります。
しかし、なにもない所から、自分で何かを見つけ、楽しみを作っていくことは「生きる力」となり、困難なことにぶつかっても、何か別の方法を探ったり、それを乗り切っていく術を自然に身につけていけるようになると思います。できた!できない。良い・悪いに捉われず、ここで起きるすべての過程にじっくり向き合うそんな時間を積み重ねていきたいと思っています。


問合せメールアドレス
  zourairu@agate.plala.or.jp


【工房ぞうさん】

(有)工房ぞうさんは、なんらかの身体の障害がある人の道具作りをしています。使用する方、一人一人と出会い、その必要性に応じて、本人、家族、医師、セラピストの皆さんと相談しながら、どういったものを作るか相談します。その後、仮合わせを必要な回数行った後、カバーかけ等の仕上げを行います。家の中で使う木の椅子から始まり、現在は立位保持装置、車椅子、カーシート、うつぶせのクッション等々、生活の中から生まれる必要な道具を、製作しています。
 『シーティングネットワークジャパン』という全国の同じような仕事をしている工房とつながりながら、情報等を共有し、協力し合ってなるべく「それはできません」と言わないように頑張っています。又、金属フレーム等単独の工房では難しい製品はシーティングネットワークジャパンの会員が投資して作った福岡県にある『Tフィット』という会社での製作も行っています。

(営業時間)
 月〜土9:00〜18:00(土曜日は午前中のみ)
 お盆、年末年始等休業あり


[住所(ともに)]
北海道上川郡 鷹栖町16線8号

links

profile

書いた記事数:1908 最後に更新した日:2017/08/14

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

recent comment

recent trackback

  • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
    io-nakano
  • 12/20ブログ 『あさこはうすからSOS』というメールがきました。
    ほっとする居場所
  • 12/28 ぞうさんの最後の納品した車椅子
    知識陣 健康

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM